フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2000年3月 | メイン | 2000年5月 »

2000年4月

2000年4月19日 (水)

おだやかな隣人 (赤川次郎)

Kncbc6msさすが赤川次郎さんです。
これは怖かったです。
実家に帰ってから読むんだけど。
読んだのを忘れてまた繰り返しよんでしまいます。
ニュータウンに。
新築の一戸建てをやっとの思いで買った。
若い3人家族が。
引っ越してみると。
お隣も同じ家族構成。同じ年齢の。
家族がいるのです。
だんだん仲良しになるんだけど。
そのせいか体格も。
性格も。
似てくるんです。
そいで。
実はお隣さんってみんな死人さんなのよう。
お隣は主人公の家人になるために
ソコの家の人をみんな殺しちゃう計画してるんだけど。
その計画性の緻密さが怖いざます。
なんだか現実性があって。
ひゅううううう。(光文社文庫)

4star

2000年4月18日 (火)

魔術はささやく (宮部みゆき)

Gxeywd3wこの人の書く本はさくさく読めて結構スキスキでしゅ。
この話は。
主人公が下宿させてもらっている。
親戚のお父さん。
タクシー運転手なんだけど。
深夜に人をはねてしまって。
殺してしまったことから事件が起こる。
主人公は。
調べているうちに。
ある雑誌にインタビューされていた。
グループの中に被害者の名前を見つけて。
そのグループ4人のうち3人が死んでいることを知って。
ソコから事件の犯人に迫っていく。
ってカンジね。
ま。
ワタクシ的には。
あっさりさっくりです。
ふーんってカンジ。
だって展開的に。
そんなわけないっしょってゆーことが。
次々起こるんだもーん。
これを読んでタメになったかといわれると。
ぜんぜんです。
あんましお勧めはないです。(新潮文庫)

3star

六番目の小夜子 (恩田陸)

Gpm_am0uNHK教育テレビで。
こないだから始まったドラマ。
原作です。
ミステリーとホラーを足して2で割ったようなカンジ。
3年に一度。
サヨコになる生徒が指名されて。
その子がサヨコだとばれないように。
3年間すぎれば。
その年は安泰という。
伝説があり。実際行われているのだ。
そこで。
今回指名されるのが。
6番目のサヨコ。
いわゆる6代目襲名ってとこかしら。
だけど。
その子がサヨコになるしるしをつける前に。
先を越されて。
へんなのーってトコから話が始まる。
ドラマから入ったから。
なんだか話が違うような気がするけれど。
ひたひたと押し寄せてくるような。(単行本/新潮社)

3star

小心者の海外一人旅 (越智幸生)

syoushinl32歳で失業した主人公が。
約25日かけて。
ヨーロッパを駆け巡るドキュメンタリータッチな。
記録みたいなカンジ。
私も行きたいですヨーロッパ。
私も小心者なので。(笑)
出だしで思いっきり決めました。
英語ができなくても旅ができる。
旅好きにはたまらない一冊です。
思いっきりてきとーです。
でも読むと。
ほほうと思うこと多々あり。
日本人に限らないとは思うけど。
自分の国の人がいるというのは。
心強いらしくて。
どこへいっても。
日本人に声をかけられるそうだ。
やはし外人にはなれないと思う今日この頃。
でも私日本に帰ってきたとき。
ぜんぜん日本語がチャイナ語に聞こえました。
かといって英語が話せるわけでもなく。
ちょっとくれいぢーでしゅ。(PHP文庫)

3star

女の人差し指 (向田邦子)

Zwjexgqi向田邦子さんの最後の作品です。
某女優さんが。
なんかの取材で。
今読んでいる本にこれをあげていて。
思いっきりミーハーに買いました。
いろいろな雑誌で連載されていたコラムを。
ランダムにまとめた短編集みたいなものです。
その中でも。
沖縄料理の話が。
食いしん坊の私にはグッとハートがつかまれる思いでした。
豆腐ようってゆうのがめちゃめちゃ食べてみたい。
豆腐を泡盛につけて発酵させた。
沖縄のチーズみたいなんだって。
きっと食べてみるといまいち君。
って思う気がしないでもないんだけど。
チーズ党の私にははずせません。(文春文庫)

4star

心身自在 (アンドルー・ワイル)

Larucjmn父がゼヒ読めと。
私に買ってくれたものです。
一言でゆうと。
外国版脳内革命ってとこでしょうか。
翻訳が下手すぎです。
めちゃめちゃ哲学的に。
論じております。
私目次と20ページくらいでギブです。
だってさ。
呼吸法を変えましょうって。
皮膚呼吸でもしろってか?
おもしろくなーい。
つまんなーい。
読みたい方。限定一名様に。
今すぐ差し上げても結構よ。
っておとーさん見たら泣くかなあ。(角川文庫)

1star

魍魎の匣 (京極夏彦)

Tzvktvz9京極夏彦さんです。
ミレニアムイヴとミレニアムの狭間に読みました。
怖いです。
狂人という意味では。
トップです。
あの本のぶ厚さも恐怖です。
兎に角ってゆうのがしょっちゅう出てきます。
現代っ子のワタクシは。
そりがひどく鼻につきます。
何でとにかくってひらがなで書かんのじゃああああ。
心が狭いでしゅ。
話は長いので書きません。
内容が知りたければ検索してみてください。
京極ファンはざくざくいるので。
感想としてはきしょくわるー。
の一言に尽きます。(講談社ノベルズ)

4star

白秋 (伊集院静)

Zjzxcxar伊集院 静さんという。
夏目雅子さんと結婚なさった。
篠ひろ子さんと結婚なさった。
そんな方が書いたものです。
なかなかお上品です。
ま。
息子がかわいい。母親が息子の恋人に。
ジェラシックになって殺人計画まで実行してしまう。
そんなカンジのものがぐるぐるしています。
この場合母親でなくって家政婦さんがその役なので。
大してどろどろじゃないとは思うんだけどね。
私は気が狂ってしまったのか。
ハードカバーで買ってしまいました。
先日実家に帰ったときに。
妹の本棚にまだあって。
ちょっと泣けました。
自分のなけなしのお小遣いでこんなの買うなんてねえ。
もちっと使いようがあったろーに・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・合掌。(講談社文庫)

3star