フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2004年2月 | メイン | 2004年6月 »

2004年3月

2004年3月13日 (土)

讃岐うどん巡礼の旅4 (2日目)

岩田屋(かけ)【7】
ひどくマニアック(な店)でちょっと迷う。
おっかないしネギ持参って脅かされていたわりに親切なおばちゃん登場。
普通に丼に持ってくれました。
しかもねぎもテンカスもあって肩透かしな感じ。
うまいけどテンカスは頂けない。
さくさくしてなくてもう入れない方が絶対ヨシ。

味でこい(ひやひや)【9】
割とうま−い。宮武系ということもあってなかなかです。
私は調子に乗って。
「冷たいの二つ。小で!」とゆってみたけれど。
実はしゃっこいのしか渡されない運命だった事が後々判明。
後から来たおっさんに「ぬくめるんならそちらで・・・」ってゆってたもん。
はずかひー。

橙屋(つけ汁肉うどん&ぶっかけ)【8】
一軒でどーんと構えてるのかと思ったら、(他所のお店と)3店合同庁舎風味(な店構え)でした。
思ったよりうまい。
イロイロあるので迷う。
肉うどんが意外にナスとか入ってて面白い感じ。

松岡(ぶっかけ&しょうゆ)【8】
道がわかりづらい。駐車場が狭い。
ゲソ天は「味でこい」よりうまい。
いりこのだしが効いていておいしかった。
ご主人のコシが低い。

明水亭(ぶっかけとろろ&贅沢釜揚)【7】 【参考】
季節メニューが春野菜系ばかりに変わっていた。
私はまぐろが食べたかったのにいなかった。行った意味がない。
哀しくなりながらぶっかけを食べた。
味はいいんだけど麺が長い。窒息しそうになった。
釜揚げは麺が途中で切れて恐ろしい攻防戦だった。
ダシはうまいけどうどんツアー的にはちょっと異色な臭いぷんぷん。

三徳(鉄火山掛&肉味噌)【8】
最後の仕上げで入った。
システムがわからず一瞬座ってしまったけれど、実は半セルフで注文しに行かねばならんらしかった。どきどき。
山掛けは前の店でもトロロ食べたので、なんか飽き気味。
肉みそうどんのほうが美味しかった。

2004年3月12日 (金)

讃岐うどん巡礼の旅4 (1日目)

旨讃岐うどんを求め、今回4度目の香川うどん巡礼。

●山原(かけ&生しょうゆ)【8】
おばちゃんにストーブつけてもらってあったかいのをそのままじゅるじゅる頂きました.うまかったー。
でも一個買って帰った麺は死亡。

●須崎(生しょうゆ)【9】
今回の中で一番スキかも。
ゴチゴチ系で固い麺がうまーい。
でもおねーさんに冷たくされた感じ。
麺を作ってるおっさんと一緒に立ち食いするのも微妙。
なんかどっちも居たたまれない感じだったに違いない。

竹清(冷たいん)【8】
着いたら並んでたので、いやんと思ったら開店してなかった。
憧れの卵天食べました。麺はまあ標準的。
天婦羅の衣に味がついていたのを知らずに醤油をかけたのが失敗。
しょぺー。

こんぴらうどん(ざる&しゃぶ肉うどん)【8】
うどんが細い。細かい。でもコシがあって良い感じ。
うまかったけれど店の中が変な匂いがした。あれは・・・・サリン?

鶴丸(ぶっかけ&釜揚げ)【8】
カレーうどんがウリな感じなのにあえて外す。
((この後)五右衛門で食べるから二連荘はさすがにきつい)
カレーはお姉さんが作ってるみたい。
麺は・・・・うまいけどこんぴらの方がスキかも。

●極東元祖五右衛門(カレー&あさり)【8】
カレーよりあさりの方が全然うまい−。
あっさりしていて胃に沁みる感じ。
何を食べてもうまいらしいので他のを食べてもいけると思われる。

2004年3月 8日 (月)

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

Hgb1ameo 3部作の完結偏。
楽しみにしてました。
私が一番ラヴだったにーちゃんは。
王様になったのですが。
王様になった途端おっさんくさくなり。
ちょっと幻滅してしまいました。
しかも2作目で。
ちょっとしか出番がなかった樫の木おじさんも。
意地悪な魔法使いのおっさんも。
全然出てこないのですよ。
私的にはいぢわるなおっさんが。
目を覚まして。
ワビの一つでもいれるのが筋じゃないかと。
原作はかなりの長編らしいのではしょるのは仕方ないけどさ。
まあまとまってておもしろいよ。