フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月27日 (月)

桃太郎

本店は違うところにありますが、
道頓堀極楽商店街にあるお好み焼き屋さんです
入場料無料ということで。
早速行ってみました。
平日だから?ガラガラでした。
ドコにしようかちょっとウロりましたが、
すっごい行列かガラガラか。
極端な感じです。
ムムムー。
悩んで、コチラに入りました。
割とガラガラ系でしたが。
メニューをめくると。
一番最初に。
当店名物。いもスジネギ焼き
ババーン。
名物にまずいものなし。
注文。
あとイカブタ焼きそばも注文。
まずは焼きそばが。
太目の麺でナカナカですわ。
七味をかけると、明太子風味(気のせい)で
さらにウマー。
次にお好み焼きが出てまいりました。
こちらはおイモが入っているのが特徴です。
うむ。
こちらもなかなか。
目玉焼きが乗っているのですが、
半熟になっているものは初めて食べました。
いっつも固焼きなんですもの。
スジも細かく刻んであって隠し味風味です。
おぉ〜
でも・・・・・・私、「山本」の方がスキかなあ。
すまん。
ナカナカなんですよ!ホントに。(7)

道頓堀極楽商店街閉店に伴い閉店('09/05)

2006年2月26日 (日)

私事

S1puwx3u 先日、誕生日を迎えたので。
プチ自分の欲望のままにお買物をしちゃいました。present
ツバメちゃんです。
かわいい!
かわいい!
やっばい!

2006年2月19日 (日)

かな泉

梅田大丸にあるうどん屋さんです
ここだけ時が止まったような昭和の香りがします。
デパートとは思えない蛍光灯の灯り。
ウェイトレスさんは勤続年数ン十年というベテランさんぞろい。
何にしようか散々迷って。
親子丼セットにしました。
親子丼とざるうどんのセットです。
人気メニューなのかあっという間に出てきました。
早いの~
親子丼は甘めの優しい味がします。
汁だくです。
ちょっと割り箸で食べるにはきついかなー
うどんはツヤツヤとして、固めもっちり系です。
こちらのつけ汁はちょっと私の好みじゃないかも・・・
でもこのセットはお腹一杯になるのでかなりお得な感じがします。
うどん屋さんなのに、うどんメインじゃなくて申し訳ないですが。
梅田の難民になったとき駆け込みたい感じです。
でもどうして公式HPに載ってないのでしょうかねえ(7)

※梅田大丸の増床工事に伴い閉店('10頃)

土山人

京阪シティモールにあるおそば屋さんです。
客席は、意外に少なくこじんまりとした感じです。
私達が入ったときは、2テーブルくらい空いてましたが、
速攻満席になりました。
イロイロ悩んだ末。
冬季限定。
かき汁そば。にしました。
かも汁そばのパクりです。
注文してからそばを打っているのか。
真偽のほどはわかりませんが。
出てくるのは結構遅いです。
ちょっとおつまみを頼んでそれを食べながら
そばを待つ。
というスタイルが良いかもしれません。
昔江戸っ子のなんとかさんもそのようなことをおっしゃってました。
(誰だったっけー)
そしてやっとそばがやってきました。
すっご細くて白いおそばでした。
かき汁は・・・かきが3つしかいませんでした。
もう一声!
5個は入ってて欲しかったsad
でもさすがです。
おそばもカキも出汁もうまーい。
スルスルと噛む間も無く流れていきます。
機械的にどんどん食べてしまいます。
私は好きなものは最後に食べる主義なので。
カキ一個残しておいて最後のそばの一すすりと一緒に・・・
という夢を見ながら食べていたのですが。
うっかり7分目くらいで一緒に飲み込んでしまい、
ちょっと自己嫌悪に陥りました。
うぅ〜味わいたかったのにいいいいいい
悔やんでも悔やみきれないミステイクです。
ホントにラストは蕎麦湯で。
忘れかけていた黒七味を今更ながら入れて飲んでみました。
またコレもスパイシーでなかなか・・・。
お会計を済ませて出ようとしたら、並んでました。
もう3時近かったのに?
意外に人気店なのかもしれませんねー(7.5)

2006年2月18日 (土)

コリス

京都の五条付近にある洋食屋さんです。
噂は伺っていたので、これはいつか・・・と虎視眈々と
狙っておりました。
とうとう行っちゃいました。
ほんっとに住宅街の一角にぽつーんと灯りがともっています。
中に入ると、店員さんは2人しかいなくて大変そう。
そして狭い。
こちらへどうぞー。と言われても・・・一番奥じゃん。
カニ歩きをしても余裕なし。
もうちょっと手前が良かった・・・。
とりあえずハーフワインをお願いして
メニューを見る。
生カキ。
アンディブとくるみのサラダ。
お肉のパテコニャック風味。
ウニと白子のグラタン。
量がわからないので、一旦ここでやめておく。
カキは、まあ大体どこで食べても美味しいですのん。
プリンとしております。
パテもうまい。添えられてるピクルスのようなサラダが
アクセントになります。
ニンジンの千切り(生)が甘くて香草が入っている感じ。
サラダは、しゃきしゃきしてうまいのですが、
ココでは特に必要なかったような・・・・・
もうちょっと違うメニューをセレクトすればよかったー
グラタンもウマー
パンにつけて食べたい〜。

だけど、私たちは、ドーンと来て。
おぉ〜!?このボリュームでこんなにうまくてこのお値段!?
というものを期待していたので。
ウマイけど。。。。もうちょっと!
もしかしたらセレクトが悪かったのか?
と思い。
ビフカツサンド。
カモのコンフィ。
を追加。
イヤーうまいっすよ。
でも最後まで私達の期待は叶えられることなく。
ショボボーンと萎んで。
アイスクリーム(ビスタチオ味)
を食べて後にしました。
ん〜期待しすぎたのかな。
それとも・・・・大食い?coldsweats02(7.5)

めん馬鹿一代

京都にあるラーメン屋さんです。
ねぎラーメンを頼むと、油を注いで炎が出るという。
アトラクションものです。
たのしみー
私達が、(この日の)ネギ発注第一号でした。
ちょっと数が溜まるまで待たされました。
そしておもむろにあちこちにタオルを掛け始めます。
おぉ??
期待が高まります。
エプロンを渡されて、首にくくります。
ちょっと焼肉の気分です。
「コップを下の台にしまって下さい」
と言われます。
やばいのか?コップも割れちゃうの?
またわくわくします。
そしてしばらくするとラーメンがどんどんと置かれていきました。
「まだ手は出さないでください」
・・・・・引っ張ります。
いよいよ、グラグラに熱した油が登場します。
「足踏ん張って体後ろに倒してください」
と言われます。
もう命にかかわりそうです。
でーすーが。
ジュワァァァ〜という音共に煙。
え?コレで終わり?
意外にあっけないのです。
どうやら温度が足りないらしく、また火にかけてレッツトライ。
今度は、ボワァ〜っとなりました。
おぉ〜
でも続けてやると不発になります。
どうやら一回目の子しかならないみたいです。
私たちの回は、5人でしたが。
炎が見えたのは2人分だけでした。
「まだ丼は熱いので触らないで食べてください」
と促されて食べ始めます。
食べているところに、テーブルの油をクレンザーでふきふきします。
ん〜なんか小学校の時、周りが掃除している中
嫌いな物が出た給食を食べさせられている気分。
で。
油をきっちり拭き終わったら、
コップを出してもよくなって。
胡椒とかのオプションも登場です。
ラーメン自体は、そんなに熱々じゃなくて。
意外に素朴な味わいでした。
ネギもネギネギしくなく。
油効果でギトギトかと思いきやそうでもなく。
熱々でもなく。
多分一回味わったらもういいかしら。
という一発屋的なお店です。(7)

2006年2月15日 (水)

男前豆腐

男前豆腐 巷で噂?の「男前豆腐」を食べました。
下にお豆腐の水だけが溜まるようになっている二段腹構造で、
面白いパッケージ。
豆腐界に新しい風が!みたいな。
シンプルにお醤油と生姜で頂きました。
うまー
濃厚です。
塩で食べてもうまいかもしれません。
箸が止まりません。
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」も食べました。
男前より柔らかい絹ごしっぽいです。
水風船みたいに入っています。
充填式かな?
そして甘い。
男前より全然甘いのです。
なんでだろう?
不思議ですが、私は男前の方が好きかなー。
大阪ではコーヨーなどで売っているらしいですが、
通販もしています。
うちの近所のスーパーにあったら即買いなんだけどなー
ちょっとお値段は高めですが食べる価値はありますよー
見かけたらゼヒ。
TBさせていただいた方のブログをみたら、
セブンでも買えるらしいですよ!
まぢ!?
さぁ今すぐ近くのセブンへゴー!(8)

2006年2月13日 (月)

無鉄砲

京都の田舎に本店がある今一番アツイラーメン屋
の大阪本店に行ってまいりました。
夜の部は18時開店です。
10分で早くも満席です。
まずは、食券です。
ビギナーは当然とんこつチャーシューラーメンです。
後はオマケの餃子。
ここは、スープと麺とネギのお好みを聞いてくれます。
スープは普通、麺は固め、ネギは多めでオーダー。
辛子高菜(無料)を小皿に盛ってつまみながら待つ。
先に餃子がやってきた。
意外にうまい。
羽がパリパリと味が付いていて私好み。
これと白いご飯だけでもイケそうですよ!
そしてメインのラーメン。
トロトロというよりドロドロのスープ。
すっっっごい濃いです。
生卵の黄身のとんこつしょうゆ味みたいな。
今まで味わったことのないパンチ力です。
ドロドロなので、当然麺とは絡みまくりです。
一気に啜りました。
途中で、店員の方が
「いかがですか?お好みに合いましたか?」
と皆に聞かれていましたが、自分の選んだものにケチはつけられませんよ。
食べ終わったときは、至福というより征服感が。
勝った!みたいな。
他の方の写真をみたら、スープをこってりにしたら背脂チャッチャっぽいですね。
結論から言えば。
チャーシューは余計でした。
私には豚バラ肉にしか見えなかった・・・
そしてこれが余計脂っぽさアピ倍増。
餃子ではなく、白ご飯を頼むべきでした。
たまにあっさりしたものが食べたくなります。
高菜で箸休めしましたが、
あんなに辛かった高菜が全然辛くなくなりました。
後、半熟卵ラヴなので、ソレを入れていただけるとなおグー。
余談ですが、今朝体重を量ったら2キロ太ってましたcoldsweats02
全然勝ってないよ!(7)

2006年2月11日 (土)

フール・ド・アッシュ

Rrtqjsqf 堺筋本町にあるパン屋さんです。
ちょっと曲がったところにあるのでわかりづらいかもしれません。
私が行った日は、(隣接する)カフェはお休みで販売のみでした。
中に入ると、腰くらいの高さの台にパン置いてあって、
焼いている工程をガン見できるという造り。
めずらしー
しかし時間が遅かったのであまり種類はありません。
・・・・困った。
ちょこちょこと見るのですが、
どっしり系だからか、小さなパンは安い。
というセオリーは見事に打ち砕かれます。
3口くらいで食べられそうなパンも320円とか。
ありえねー
お値段に見合いそうなパンを3つセレクト。
バタール。
マンゴーとクリームチーズのパン。
イチジクのパン。
軽く焼いて食べると。
真っ白なパンではなく、茶色っぽいパンがお目見えします。
全粒粉だから?
やっぱ想像通り重たいもっちりパン系です。
一個で割とお腹一杯になります。
ソレを考えるとお得・・・・なの?
一回行ったらしばらくはいいかなーと思ってしまう。
庶民派には縁遠いパン屋さんでした。(7)

 ---
住所:大阪市中央区本町2-6-5
電話:06-6243-1330
営業:11:00〜19:00 & 11:00〜18:00(土・祝)  (※2007/03改)

2006年2月10日 (金)

レッドリバー

Dn4xumam
梅田の第二ビルにあるオムライス屋さんです。
(正確にはたぶん喫茶店)
迷路のような奥にあるので、お店が見えると
ゴールにたどり着いたような気分です。
コチラのお店は先払いなので、
まずはお外でメニューを決めなくてはいけません。
チキンオムライス(¥600)にしました。
チキンがないオムライスだと¥450です。
やっす!
くたくたになった雑誌を手に適当な席に着きます。
ここは、禁煙喫煙の区別がないので、ダメな方は
席取りも重要です。
しばらく待っているとやってきました。
皿の端っこにちょこんと乗ったオムさんが。
非常にシンプルです。
スプーンでさっくり切ると内側は微妙に半熟です。
おぉ〜テクニシャン。
一人でオムライスを上手に作れない私は感動です。
食べると懐かしい味がします。
ちょっとお母さんの作るオムライスに似ています。
うまー
モクモクと食べてしまいます。
私は、左側→右側で食べていたのですが、
なぜか右側だけ玉ねぎが・・・テクニシャン??
でもとっても美味しかったです。
ついでに言うと、店員さんもかっちょ良かったです。
一人でもふらりと入れそうで微妙な照明が眠気を誘います。
梅田で時間を潰す方はゼヒ。(7.5)