フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

堂島プリン

「アンブラッセ」というお店で売られているプリンです。
出来立てはキャラメルがパリパリしてるみたいです。
焼きプリンです。
うまい〜
クリーム系のトロトロとは違い、
ちゃんと固まっています。
5口くらいで簡単に食べられます。
あまり甘くないのでペロリです。
ちょっと銀紙のカップみたいのに入っているので、
そこがイマイチですが、焼きプリンだからしょうがないか。
でも、類似品がありそうなので、
たぶん違いがわからない予感(7.5)

※アンブラッセは閉店。でもプリンの製造元はなので他所で買えます。('07)

2006年11月28日 (火)

犬神家の一族

Czhjhxuo 試写会で見ました。
スケキヨ仮面が配られたので、てっきり
撮影会があるかと思ったらお土産でした。
よかったー。
舞台挨拶で石坂浩二が来てました。
30年ぶりの金田一役だそうです。
・・・・いくつ?
スケキヨ仮面が一個120円すると暴露して帰っていきました。
映画を見る前にを読んでいたので、
先が読めてしまいます。
だいぶ端折られましたが、時間制限があるから
仕方がないかなーと思ったり。
ただ、松嶋ナナコさんは美人だけど、お嬢様役はちょっと厳しいかなあ。と。
もうちょっとヤングな適役はいなかったのかな?
なんなら女中役のふかきょんのほうがお嬢様役でよかったんじゃないの?
と思ったり。
後、スケキヨ仮面の下の顔もリアルにドーンと出るのですが、
怖い。
ちょっと焦げすぎです。
なんであれで死ななかったのか不思議なくらい。
死人もすさまじい形相で怖かった。。。
映画はラーメンで言うとあっさり塩味で死人がときどきガツンとアクセントです。
テレビの火曜サスペンスあたりで十分な気がします。

2006年11月25日 (土)

かに道楽@六角

京都に行ったのにかに道楽へ。
本店に行ったら、いっぱいて断られました。
えぇ〜。
でも、六角店はガラガラ。
新しかったです。
初めてのかに道楽でした。
華の舞(約4,000円)を頂きました。
食前酒。
先付け。
カニのお刺身。
焼ガニ。
カニ鍋。
カニのてんぷら。
茶碗蒸し。
カニ寿司。
お吸い物。
デザート。
意外においしかったです。
ちょっとカニはもういいかなーってくらい食べました。
めっちゃおなかいっぱいでした。
一番すきなのは、やっぱお刺身かなー。
甘い。
おもしろかったのはデザートです。
果物の柿を模した陶器の器で。
ヘタが蓋になってるんです。
やぱ秋だから柿だよねー。
と蓋を開けてみたらカフェオレゼリーでした。
なぜ洋風・・・・。
フルーツ系のゼリーがよかったなあ(7)

茶房小石@京都四条

四条の都路里のお向かいあたりにある甘味処です。
1znnzywm_s


黒蜜アイス白玉あんみつを頂きました。
黒蜜アイスに、黒蜜がかかってました。
勘違いです。
失敗したー。
抹茶アイスのほうにすればよかったー。
だけど、白玉はモチモチで、あんこもさらりとしていて、とっても食べやすいです。
黒蜜もそんなにこてこてじゃなくておいしー。
雰囲気も昔ながら風のちょっと暗めの照明で、
なかなか。
注文してから結構待ちますけど、
和菓子がお好きな方はいっぺん行くのがオススメです。
ちょっとお高めだけど。。。。
メニュー見ちゃうと目移りして大変でした(7.5)

2006年11月16日 (木)

鎌倉パスタ 八尾高美店

八尾の青山町通りに11月12日にオープンしたパスタ屋さんです
まだあまり人はいませんでしたが、かなり広いスペースです。
6人がけのところに2人で座りました。
サンマルク系のお店だそうです。
いろいろ迷って、
プリプリ海老の伊勢海老クリームソースパスタ(¥1,380)にしました。
オーロラソース色のスパ登場です。
「生麺ですのでお早めにお召し上がりください」といわれました。
生だと早く食べなきゃいけないの??
不思議に思いながらモグモグ。
ん~エビエビ~
エビ好きにはたまりません。
だけど、クリーム系って食べ続けると胃にもたれるのですよ。。。
だんだん疲れてしまいました。
こゆ時のためにサラダやパンを一緒に頼むことをオススメします。
普段使いできるお店がやっと八尾に出来てうれしー。(7)

2006年11月 4日 (土)

犬神家の一族 (横溝正史)

Fj50dypb 有名な本ですね。
残虐なのが苦手なので、ちょっと敬遠気味でしたが、
勧められたので読んでしまいました。
犬神家の遺産をめぐって、
殺人が繰り広げられて、
それを金田一さんが解決してしまう。
というのが大筋です。
小説での出来事とはいえ、
やはり殺人の描写はおっかないです。
そんなに細かく言わなくてもいいからー。
と思ってしまいます。
ブルブル。
ラストは、そうだったのか!
とちょっと驚きます。
まあ薄々気づくんですけどね・・・・
解決はするけど、後味が悪い本です。(角川文庫)

4star