フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月24日 (土)

Restaurant Mitsuyama@堺筋本町

91mfozqd
当日予約でいきなり行ってしまいました。
店内はいわゆるウナギの寝床風のつくりで、
私たちが到着した頃は、ドアのそば一席のみしか
空いていませんでした。
さすが人気店。
だけど、寒い・・・・・。
ドアがぴっちりしまらないせいか、隙間風が気になります。
知らん振りしながら、メニューをチョイス。
4800円のディナーコースで、一人2品とデザートを選びます。
1品を2人に1皿ずつに盛ってくれるのです。
なので、2人で行くと、4品になります。
これって人数が多ければ多いほどお得ってことなのかしら?
まさかねー。
私たちがチョイスしたのは、
・前菜 白子とアスパラのソテー
・海老とアスパラの白いリゾット
・本日の鮮魚
・ホロホロ鳥のキノコ詰め
・アールグレイのセミブレッド
・カフェオレ
です。
お通し?突き出し?で、
トマトのジュレが出されました。
なんか前にどっかで食べたよなーと思いながら
モグモグ。
前菜の白子は、パリッとトロッとおいしかったー。
スローペースなので、寒さが身にしみます。
一旦、少し奥の席が空いたので、移動をお願いしたら
大して変わらないと言われて、じゃあいいですって
言ったら、しばらくしてカウンター空いたのでよろしければ、
そちらへどうぞ。って言われました。
よかったー。
リゾットは海老さんがプリプリでした。
アスパラがかぶってちょっとミスチョイス。
鮮魚は、魚の名前忘れましたが、白身のお魚のソテーでした。
なかなか。
この時点で結構おなかいっぱいです。
鳥さんはキノコのみじん切りをサイコロ状に包んで焼いた凝った一品なのですが、
イマイチきのこがよくわからない・・・・。
デザートもアイスクリームっぽくておいしかったー。
だけど、これといったインパクトがなくて、
普通な感じでした。
接客はステキなんだけどなー。
今度はランチでリトライしてみたいなー(7)

 ---
大阪市中央区北久宝寺町2-1-11 アライアンス船場1F
電話:06-6263-0328
営業:11:30〜14:00 / 17:30〜22:00
定休:日

くだもんやYUKKO@四ツ橋

0narqbfi 厚生年金会館の近くの、名前どおり果物屋さんです
3時くらいに入店したので、昼は食べていないけど、
夜ご飯の約束もあったので、ココは軽めに・・・。
と思ったのに、店内に充満するカレー臭。
腹ペコに我慢できるはずがありません。
お得そうなカレー+デザート+ドリンクのセットをチョイス。
カレーは普通のと、レディースと二つあるそうで、
どちらにするか聞かれます。
レディースを選ぶと、カレーが少なめになる代わりに
フルーツ増量してくれるのです。
レディースにしてしまいました。
まずはサラダが出てきます。
さすが果物メイン、グレープフルーツがドレッシングに入っています。
その後、ドーンとセットが登場。
普通サイズのにもついてくるイチゴ+きんかんに加えて、
みかん1個を半分に切ったのとパイナップル1/8が縦割りされたフルーツとキウイの入ったゼリーとどんぶりに入ったカレー登場。
一気にテーブルが南国です。
全然果物が酸っぱくなくておいしー。
カレーがメインなのか果物がメインなのかわからなくなります。
ゼリーも上がヨーグルトっぽくて半分から下がレモンゼリーみたいでちょっとジョアを思い出しました。
おなかいっぱーい。と思っていたら、
続いてデザートが!
ゼリーがデザートだと思ってたので、
まだ出るの!?と驚きです。
デザートはイチゴのソースがかかったケーキでした。
うまーい。
飲み物は、3種類の中からバナナ+黒ゴマをチョイス。
ドリンクというよりどろどろしていてお腹に溜まりそうな感じ。
食べすぎです。
これで1350円って安い〜〜〜と思ってしまうのは
私だけ?(7.5) 

※閉店(2007/01/31)

 ---
住所:大阪市西区新町1-20-6
電話:06-6532-0037
営業:11:00〜18:00
定休:月

バッテリー

Z9ifvpyz 試写会で見ました。
全然期待していませんでしたが、
意外におもしろかったー。
小学校6年生から中学1年生にかけての主人公。
中学3年生のライバル。
という年齢設定なのですが、
全然役の年齢に役者さんが合ってませんでした。
中3と高3くらいならちょうど良かったかなー。
ちょっと若すぎです。
主人公の子が将来楽しみな感じのイケメンですよー。
主人公の弟も無邪気で、真っ白な感じです。
お話もチクリとする所やホロリとする所があって、
会場中鼻をすする音があちこちで響きました。
お父さん役の岸谷五朗さんがなかなか良い味を出していました。
映画自体はさわやかな終わり方だったので、
良かったような。
今年一番と言うには早すぎるので、
今月一番のオススメです!(後数日ですが)

2007年2月22日 (木)

そばよし@上本町近鉄

Clnrwoom 上本町の近鉄レストラン街。別名うえまちダイニング。
こんなところでやってけるのかしら?
と思いながらはや数ヶ月。
初めて足を踏み入れました。
一番人気は、バサラの100時間カレー。
意外にほぼ満席でした。
イロイロ悩んで、本日のお題のお蕎麦屋さんへ。
2組くらいしかお客さんがいませんでした。
入場しても・・・お出迎えがありません。
いいの?勝手に入っちゃっていいの?
とおずおずと進むとやっと気づいてもらえました。
適当な席に座って、鴨ザルそば(¥1,200)に決定。
全然期待してませんでした。
だけど、登場してびっくり。
汁はアツアツだし、麺はツヤツヤだし。
チェーン店だけど、いい仕事してます。
実際食べてみても、汁がほんっとにアツアツで、
おいしー。
鴨もぎゅっとしてて噛み応えがあります。
ワサビの代わりに柚子胡椒というのもツボです。
やられました。
すごすぎるよ!
蕎麦湯は透明でちょっと物足りない感じはしますが、
ダラダラ過ごしていても、気にされないし。
良い間隔でお茶を入れてくれる接客もスキ。
この近辺でご飯に困ったらまたココに行ってしまうかもしれません。
穴場ですねー。
つぶれないことを祈ります。(7.5)

2007年2月21日 (水)

だるま堂@南森町

M7eyixms 行きたかった「みやび亭」のランチに振られて、
全滅して、仕方なくこちらに入りました。
いわゆるセルフのうどん屋さんです。
お盆を持って、まずはてんぷらコーナー。
ちくわのなかにタラの芽という変わり者がいたので、
思わず手が伸びました。
後は、玉子のてんぷら。
うどんは悩んで‘とろろぶっかけ’にしました。
席について、まずはうどんを混ぜ混ぜして一口。
・・・・・ナメてました。
めちゃめちゃ腰があって私の好きなガッチリ系です。
やるじゃないか!
天ぷらも、ほのかに温かくて、サクサクです。
ちくわは、春の匂いがします。
おいしーーーーーー。
玉子は、キミが半熟なので、うどんへ入れて楽しみました。
もう一気食いです。
なんで大盛りにしなかったんだろう。
ちょっと後悔してしまいました。
残念なのは、温泉玉子がないこと。
うどんのメニューで玉子が入っているのは、全部
生卵なのです。
天ぷらの玉子を入れれば似たような感じにはなりますが、
やぱ温泉玉子は外せないんだけどなー。
でも意外に旨くてほんとびっくりしましたー(7.5)

 ---
住所:大阪市北区天神橋2-1-26
電話:06-4800-1717
営業:7:00〜24:00 11:00〜(土)

2007年2月17日 (土)

いづみ食堂@新世界

Zigdrjk1
スパワールドに行く前の腹ごしらえで入りました。
すっごい庶民派の食堂です。
床は、石畳風だし、いすは丸椅子だし、
白いテーブルは折りたたみ風だし。
安そうな上に厨房は薄暗くてめっちゃ怪しい感じ。
どうしよう・・・間違えた。
と思いましたが、ダメ亭主風のおじ様がお茶を持ってきてくれたので、
気を取り直して、「シチューうどん」を注文。
ちょうどはぐれ刑事純情派スペシャルが始まったので、
ソレに集中。
後から来た人のカレーが先に出たので、
きっとシチューうどんは、作り置きしていないんだろうなー。
てかシチューうどんてナニ?と思っていると登場。
具は、肉。たまねぎ。いも。
にんじんは入っていませんでした。
うっすら白い感じの汁にそれらの具が浮かんで、
下にうどんが沈んでいます。
もうちょっととろみがついてて、真っ白なのかと思ってた。
でも汁を飲んでみると、シチューっぽいんだけど、
出汁の味がしっかりついていて、意外にウマイ!
そして、うどんも意外に合う。
未知との遭遇でした。
お値段も480円とリーズナブル。
すごいぞ新世界。
ほんとニューワールドでした。
ほっとする味です。
この一品で今までのマイナスポイントが吹き飛んでしまいました。
後引くなー。(7.5)

※閉店したみたい('08)

---
いづみ食堂
住所:大阪市浪速区恵美須町東3-2-17
電話:06-6631-2796
営業:8:00〜20:30
定休: 火曜日

2007年2月12日 (月)

BABBI@心斎橋

大丸のB2Fにあるチョコレート屋さんです
併設でジェラートを売っているので、それを食べました。
ココのチョコは、ウェハースサンドのチョコがけみたいのが、
1個1000円したりするので、とっても手が出ません。
値段ほどめちゃウマ!てほどではないので、
なかなか価値が分かりません。
ジェラートもダブルでちっこいコーンが上に乗っているので、680円。
たかい〜けど、BABBIにしては安い方。
一回は食べてみたいなーと思っていたので、
2人で半分こしました。
味はビスタチオとイチゴ。
めっちゃ濃厚でクリーミー。
ウマイよ〜〜〜。
さすがだよ。
イタリアは違いますねー。
ビスタチオよりイチゴのほうが美味しかったかな。
コレが500円くらいだったら、また食べたいのですが、
ソレをオーバーすると、なんだか手が出ない・・・。
惜しいなー(7.5)

2007年2月 8日 (木)

南平@心斎橋

T4auujrn
心斎橋にある一口餃子のお店です。
久しぶりに一口餃子を食べました。
ココは餃子のほかにご飯物や汁物、お漬物、キムチ
などあってチョイスするとオリジナルの餃子定食も可能なお店です。
私は餃子と焼きおにぎりときゅうりの浅漬けをチョイス。
まずきゅうりから。
パリパリでおいしー。
おなかが減っているのでパクパク食べてしまいます。
ちょっと待つと餃子の登場。
コレもパリパリでいくらでも食べられそうな勢い。
心の中では焼きおにぎりと交互に食べようと思っていましたが、
焼きおにぎりは自家製のため全然来る気配がありません。
仕方がないので、間にきゅうりを挟みます。
だいぶ食べ終わった頃に焼きおにぎり登場です。
おしょうゆの香ばしい匂いがして
出来立てでうまーい。
餃子よりもスキかも!
気のせいかもしれませんが、コチラのお店は、
お水の変わりに冷えたお茶を入れてくれるのですが、
それも美味しかった。
特に秀でた印象は受けませんが、
丁寧な仕事ぶりが伺えます。
一人でも行けそうです。(7.5)

2007年2月 6日 (火)

蒼き狼 地果て海尽きるまで

Ach1xueo 試写会で見ました。
ハガキには反町隆さんと角川春樹さんの舞台挨拶があります。
って書いていましたが、実際はもっと来ていて全部で6人でした。
7時スタートで2時間10分の映画なのですが、
7時に始まらず、挨拶も終わって試写が始まったのは、
7時半くらいでした。
それからだと、9時半過ぎに終了です。
なんで6時半からじゃなかったんだろう。
ちょっと疲れてしまいました。
映画自体は、チンギス・ハーンの武勇伝を良い人風に描いた感じです。
大体、モンゴルのお話を日本人がやるのがちょっとおかしな感じ。
モンゴルのお話も日本には馴染みがないので、
違和感がぬぐえません。
反町隆のワンマンな感じが印象に残ります。
後、映画の中で女子供は戦利品。と言われます。
コレが日本だと女子供は足手まとい。みたいな感じの表現をされるので、
やぱ違うなーと思ったり。
後、CGをあまり使わず、モンゴルの兵隊さんのほぼ全員をエキストラにお願いした。
とお話していましたが、いっそのこと、モンゴル人で全部そろえたほうがリアリティ出たのでは?
と思っちゃったり。
ソレだと日本人の観客が減るからダメなのかしらねー。
私的には、ひっそり消えていく映画かなーと勝手に想像しています。

こうてい麺 大ちゃん@心斎橋

Hknoz0zl
ミナミの飲み屋さん街のおしゃれ路地に(勝手に命名)あるラーメン屋さんです。
入った途端、大将のオーラにやられる。
コワイ・・・・。ココヤバイ・・・・。
ドキドキしながら、マイブームのつけ麺をオーダー。
しばし待って、無言で差し出される器。
ご。ごっつぁんです!
思わず心の中で呟く。
麺の上に乗っているのは、肉。玉子半分。
ナイス具。
私のツボです。
最近、つけ麺を食すに当たって、
何で急いで食べちゃうんだろう。と自問していましたが、
気がつきました。
汁が冷める前に食べきりたかったのです。
アツアツで終わりたかったのです。
全然希望通りの最後を迎えたことはありませんが。
この日も、例によって、一気食いしてしまいました。
スープはあっさりで、麺はもうちょっとコシがあるほうがスキかなー。
普通のラーメンだったらもうちょっとおいしかったかも。
また勇気があったら行ってみます。(7)

 ---
こうてい麺 大ちゃん
住所:大阪市中央区心斎橋筋2-1-3
電話:06-6213-4488
営業:18:00〜6:00
定休:木曜日