フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2007年3月 | メイン | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月24日 (火)

クア・アイナ@なんばパークス

Jdtqfo6e
有名なハンバーガー屋さんです
いつかは訪れないと!
と思っていましたが、いつでもいけるからいいやー
とズルズル伸ばして早何年だろう・・・。
やっと行きました。
注文システムが良く分からなかったのですが、
とりあえず私のスキなアボカドバーガーのセットで
サラダとジュースとフライドポテトがついてくるらしいです。
グアバジュースをチョイスしました。
南国〜〜。
その後、サラダ登場。
プラスチックのお皿とフォークってのががっかりですが、
トマトとチーズと葉っぱでなかなかおいしかったです。
メインのバーガーは、パカっとパン+肉と野菜+パンに分かれています。
野菜チームには爪楊枝で固定。
・・・・・・どうやって食べるんだろ。
日本人には難しい。
しばし考えて、野菜チームに肉チームをグサっと刺してみました。
うーん。すっごい食べづらい。
そして、味がない。
ケチャップとマスタードはフライドポテトの為だけじゃなかったのか。
もう遅いので、ちょっとづつ付けながら食べる。
バーガーは思ったよりおいしくなかったです。
もっとジューシーなのが良かったなー。
サラダが一番おいしかったです。
食べ終わった後、さりげなく隣のグループをみていると。
肉にケチャとマスタードを塗って。
野菜の楊枝を外して、合体させて、
ムギュってして食べてました。
なるほどー。
今度チャレンジする時は、その戦法で行きます!
ただ、ここはちょっと高いので別のお店になると思うけど・・・。(7)

大帝の剣

3og4ms3i なんばパークスの新しい映画館で見ました
新しい映画館てやぱいいねえ。
「トリック」の監督というので、
コメディ系かなあ。
と思ってみました。
古代から始まって宇宙に飛躍したりしながら
メインのお話は江戸時代なのですが、
スケールがでかすぎてついていくのが大変です。
出ている役者さんは豪華なのに・・・・。
ひどくもったいない感じがします。
まあ一言で言うと、あんまり面白くない。
期待が大きかっただけに、
「トリック」の続編を作ってくれたほうがよっぽど面白かった気がします。
なので、感想もあまり弾まない。
絵空事としては、飽きないし見やすかったとは思いますが、
スタートもラストも中途半端。
やぱ微妙。

2007年4月23日 (月)

コロナ@京都四条

_コロナ ものすっごい老舗の洋食屋さんです。
ご主人が高齢(90代)なので、いつどうなるかわからないという噂。coldsweats01
それなら行ける内に行かないと。
ということで行ってみました。
オーダーは名物の玉子サンド
カウンターに座ったので、作る様子がジロジロ見れます。
卵は、4個使用。
ちょっと砂糖みたいのを入れてカーーーーッと混ぜた後。
フライパンに入れて混ぜ混ぜ。
パンの片面には、ソース。
もう片面にはマスタードを塗ります。
そして、スクランブルエッグを整えてドサッと。
ギュギュッとパンの中に押し込めて、カッティング。
そして出されるのですが。
味は・・・・そんな感動するほどでもなかった。
伝説だからさぞおいしいと思ってたのになー。
どちらかというと親しみのわく味?
私にもがんばれば作れそうなサンドイッチでした。
でも、古くからあるお店なので、
がんばって欲しいなー。(7)

※追記:閉店('12/2)

 

 ---
コロナ 住所:京都府京都市下京区西木屋町四条下る船頭町201
電話:075-351-0567 
営業:17:30〜21:00
定休:月・火曜

2007年4月22日 (日)

晩ごはんバイキング (チアリ@天満橋)

Kegpzfex 天満橋にある、ダイニングカフェです。
夜のバイキングがお得だというのでレッツゴー。
お店は、入り口は狭いのですが、
中は広くて倉庫をイメージしている造りです。
なかなかステキ。
早速、取りに行きます。
サラダもアジア風から普通のサラダ。和風とさまざま。
カレー味の卯の花。
おからのおやき。
にんじんのきんぴら。
肉・魚は一種類ずつ。
温泉卵。
ごはん。
スープ。
カレー。
など・・。
そんなに種類はありませんが、ほとんど野菜料理なので、
たんまり野菜がたべられます。
しかも、めっちゃ美味しい。
2度目に取りにいくと、
スパゲティがあったので、ソレをチョイス。
オイル系のスパでしたがアツアツでこれも美味しい。
驚きなのが、お値段。
880円って!
有り得ない。
こんなにおなかいっぱいでヘルシーでこの値段は申し訳ない。
と思いながら、また行きたいなー。(8)

追記:後日、肉・魚料理は別メニュー(別料金)になりました
追記:バイキングはなくなりました('13頃~)

 ---
Cheerly
住所:大阪市中央区西町2-3-13
電話:06-6945-5507
営業:11:30~15:00 17:30~22:00 (日・祝 12:00~14:30 17:30~21:30)
定休:土

2007年4月21日 (土)

千里 しゃぶ亭@天神橋

Kjvyxmv4 天神橋筋商店街にあるシャブシャブ屋さんです
一人しゃぶしゃぶのお店って初めてですが、
ランチがイケてるというので、行ってみました。
よーく狙いを定めていかないとうっかり通り過ぎてしまう店構え。
一度通り過ぎました。

お店に入ると、銅鍋が目の前の穴に沈んでちょうどカウンターよりちょっと高めくらいのポジションに並んでいました。
メニューは、豚か牛かとタレをポンズかゴマダレか選ぶしゃぶしゃぶです。
私は、牛さんとポンズにしました。
ご飯・漬物・お野菜・お肉・麺・麺のタレがドンドンやってきます。
まずお野菜をドサっと入れて、ぐつぐつしてきたら、お肉をしゃぶしゃぶして、もぐもぐ。
んー。
ちょっとポンズがしょっぱい。
そしてお肉もあんまり・・・・。
ロースだったからでしょうか?
首をかしげながら、シャブシャブ終了。
〆はラーメンなのです。
シャブシャブしたお湯をちょっと麺のタレに足して、
ちょっとずつ麺を入れながら食べます。
コレが一番おいしかったなあ。
最初からこのタレでしゃぶしゃぶ食べたほうがおいしかったかも・・・・。
と思ったりして。
今度もし行く時は、豚のゴマダレにします。
統計的にコッチ注文している人が多かったので。
もしかして・・・・・ミスチョイス?(7)

茶筅@京都拉麺小路

8jbvcfl5
京都の駅ビル伊勢丹に入っている京抹茶アイス専門店です。
つけ麺を食べた後に、立ち寄りました。
(超低温の)鉄板で抹茶アイスを作ってくれるのです。
いろいろな種類があるのですが、付属品が多くなるほど、
アイスが3個とかになるので、食べられないなー
と思って、一番シンプルなアイス1個と寒天ゼリーのトッピングのヤツにしました。
鉄板が1個しかないので、時間がかかるようです。
ガラス越しに並んでいる間作っているのを見ましたが、
結構力が要るみたい。
大変だなー。
登場したアイスは、抹茶が濃くておいしかったです。
そんなこだわりがないので、抹茶ってあんまり良し悪しがわからないけど・・・。
アイスの入れ物が、コーンのカップみたいなのになっていて、
ソレもパリパリと崩しながら食べるのもおいしいし、楽しい。
出入り口で目立つ場所にあるので人がひっきりなしでした。
大人数でいってドーンと頼むのもおいしそうだなー。
同じ伊勢丹に都路里があるので、そちらが混んでいて
並びたくないなーという方にもいいのかなあ。(7)

 ---
茶筅 (ちゃせん)

烈士洵名@京都拉麺小路

5wte_x7k
京都駅ビル伊勢丹のラーメン横丁みたいな所に行って食べました。
実際行ってみるとラーメンだけじゃなくて、色々なお店も入ってましたが。
その中でも、つけ麺がおいしいらしいという、こちらへゴー。
食券を買って、中に入ります。
普通のつけ麺にします。
信州ってことは長野県が本店なのかしら?
食券を買ったけれど、座った席にもメニューがあって、
裏を見ると、スープのベースが書いてあります。
こちらは、鳥・豚・魚のベースで、魚もカツオやサバとか
もうとにかく、盛りだくさん。
ダシに使われると思うものを全て入れてるんじゃないの?
ってくらいごっそり入っているらしいです。
確かに店内はいい香りだけど。。。。。
しばし待って登場。
スープはサラっていうよりちょっとトロっとしています。
食べてみると、ダシが確かに効いていて、濃厚です。
海苔の上にのった魚系の粉を混ぜたからか、
魚の味がちょっと強めかな?
半熟卵も沈んでいて、私の好み的基準はクリアだけど、
やっぱりやりすぎ感は否めません。
ちょっと濃すぎです。
スープ割りもできますよーとご親切に言っていただいて、
やりましたが、白湯を小さな器に入れて持ってきて、
自分で作るスタイルです。
それはそれで面白いけど、少なすぎて、全然スープ割りになっていない感じ。
ストレートに飲むには、ちょっとしょっぱすぎでした。
私、もうちょっとシンプルなのがいいかなあ。
魚系はスキなんだけど。(7) 

※閉店('07) (れっしじゅんめい)

2007年4月17日 (火)

京のつくね家@京都・丸太町

K4jtkvmz 親子丼の有名なお店です。
オープンしたての時間はガラガラっぽかったけど、
昼時くらいに行くと、すでに行列でした。
失敗?
ちょっと並んで待って、親子丼をオーダー。
最近親子丼づいています。
親子丼・赤だし・漬物・小鉢
のセットでした。
親子丼は、とじている玉子が半熟で、
真ん中に黄身が乗っています。
一口食べるとウマイ〜
上品なお出汁が良く効いています。
赤だしも上品なお味です。
ただ、親子丼は食べ進むとちょっとしょっぱいかな?
と思い始めましたが、
小鉢のきのこ?の白和えが親子丼よりしょっぱいので、
アクセントとというより、親子丼のしょっぱさを
相殺してしまいます。
いいことなんだか悪いことなんだか・・・・。
でも、最後は取っておいた黄身を混ぜ混ぜして、
濃厚にしておいしく頂きました。
お茶を急須ごと置いていただけるのもいいかなー。
また近くを通ったら行きたいお店です。
京都は遠いけどねー。(7.5)

 ---
住所:京都市左京区東丸太町8-3
電話:075-761-2245
時間:11:00〜14:30 & 17:00〜22:00  (第一日曜休)

2007年4月14日 (土)

ラ・ヴァチュール@京都・丸太町

66g6jny7 タルトタタンが有名というので、行ってみました。
いっぱい作れないので、一組で一個しかタタンは注文しちゃダメらしい。
というウワサがさらにそそられます。

ちょっと迷ってたどり着きました。
すでに何組か着席されています。
2人でいったので、タルトタタン(¥600)とくるみのタルト(¥450)とコーヒーをオーダー。
待っている間に雑誌をパラパラすると、
お店は、お孫さんが継いだので、現在はタタン一個制限は解除されてるって!?
ショックを受けていると、ケーキ登場。
「くるみのタルトは硬いので、ナイフで切ってお召し上がりください」
といわれました。
まあ硬いといっても・・・とナイフを入れても切れる気配がない。
フォークも突き刺さらない。
こんなケーキ初めてです。
やっと端っこを切って一口。
カタイ!
上と下にクッキー生地のようなものがあって真ん中にキャラメルとくるみが挟まっているのですが、
キャラメルが硬い。
冗談じゃなく硬い。
これはケーキというのか・・・疑問が頭をよぎります。
でっかいアメをかんでいるような気分になります。
タタンはヨーグルトソースがかかっていて、
アツアツで私はコチラのほうが好みです。
フォークでさっくり切れるし。(笑)
しっとりしていておいしー。
インパクトはくるみケーキのほうが大きいけど
タタンの方が味では勝っている気がします。

お店を出て振り返ると、メニューが書いてある黒板の
チーズケーキが消されていました。
ソレも食べたかった!(7.5)

 ---
La Voiture
住所:京都市左京区聖護院円頓美町47−5
電話:075-751-0591
営業:11:00〜17:00 (月休)

2007年4月 1日 (日)

アルゼンチンババア

1gsqtii2 yahooのオンライン試写会で見ました
予告では期待していましたが、
うーん。
ちょっと期待はずれだったかも。
お父さんが、お母さんがなくなって育児放棄をしてしまうのが
信じられん。
頼る人はお父さん一人しかいないのに、
失踪してしまうことが有り得ない。
おばさんがいたから何とかやっていけてるみたいですが、
経済的にも精神的にも女の子一人っていうのは、
きついなー。
お父さんはお母さんの最期の日だけお見舞いに行くのを拒否するのは、
カン?
まさか・・・・!
鈴木京香も有り得ない設定で、
いくつなのか正体不明です。
猫がたくさんいて、いたるところに猫がいるのは
楽しいですが、
ストーリー的にも突拍子がなくて、微妙。
鈴木京香のコスプレくらいかなー。
私的に目を見張ったのは。