フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

cmoone (シモーネ)@靭公園

うつぼ公園にあるカフェです。
去年のHanakoに載っていたのを見つけて行ってみました。
雑誌には夜中の1時までやってると書いてありましたが、
実際行ってみると、10時過ぎなのに、看板が消えています。
花火大会だったからかなあ。
紙ベースのメニューのほかに、
黒板メニューがあります。
その中から、砂ずりのコンフィ(¥300)と
松の実とシソのジェノベーゼ(¥900)をチョイス。
砂ずりは、おつまみ系らしく、
速攻出てきました。
ガーリックが利いていて、冷えているけど全然硬くなくて、
コリコリしてうまーい。
3個くらい頼んで、コレと白いご飯で終わらせたくなります。
私も作ってみたいなー。
カフェご飯にしては美味しいなー。
次にパスタです。
アツアツです。
シソもバジルもミドリだからどっちがどっちか分からないけど、
合うなー。
松の実も良いアクセントです。
あんまり期待してなかったので、ギャップにやられちゃったのかもしれませんが、
今度は、本格的にディナーの時間に行ってみたいお店でした。
雑誌と内装が変わったのは・・・・なんでだろ?(8)

 ---
cmoone (シモーネ)
大阪市西区京町堀1-15-23    

電話:06-6445-3400
営業:10:00〜23:00? 
定休:日・祝     [クーポン] 

おかやま@日本橋

Iv5a7no4
日本橋にあるうなぎ屋さんです。
土用の丑の日の前の日に行ったので、
こりゃ行列かもなーと思っていくと、
ガラガラでした。
ひつまぶしを頼みました。
ペアセットにしたので、二人でひとつのおひつです。
最初に突き出しで冷奴をいただきます。
その後、いよいよ登場です。
ほかほかご飯の上にうなぎさん。
まずは、混ぜ混ぜせずに普通に山椒をかけていただきます。
うまーい。
久しぶりのうなぎさんです。
次は混ぜ混ぜして、薬味を乗っけてもぐもぐ。
私、この食べ方がひつまぶしの中では一番スキです。
でもとりあえず、三杯目のお茶漬けもお約束でやっときました。
お茶が美味しいなー。
そして二杯目の食べ方でラスト。
箸休めに煮物と漬物を間にいただいて、
アイスクリームのデザートついて、2人で¥4,200でした。
コレで夏も乗り切れるかしらねー(7.5)

2007年7月27日 (金)

地魚屋台 とっつあん@天神橋筋六丁目

Eweg8imh
天神橋筋6丁目に安くて美味しいお店があるらしい。
ということでGO。
今月号のMeetsやSAVVYにも載ってました。
のっかる前に行って正解だったのかもです。
金曜日のゴールデンタイムでも滑り込みで並ばずにすみました。
とりあえずビールを頼んで、刺身とつまみ系からスタートです。
・ひらめ造り
・あじタタキ
・海ぶどう
・枝豆
・蛸やわらか煮
・岩がきx2
アジのたたきがナメロウっぽくてうまーい。
岩がきはなんかカキっぽくない感じ。
大丈夫かなーと思いながらモグモグ。
でっかすぎ!
まるで違う人種です。

続いて天ぷら。
・天ぷら(海老、小海老、貝柱、穴子、いわし紫蘇巻き)
隣の方が頼んだれんこんが巨大で頼めばよかったかなー。
と思いましたが、そんなに油物の気分じゃなかったからヨシとしよう。
こちらは大根おろしが鍋のときに使う灰汁とり入れの壺みたいなヤツにどっさり入っています。
天ツユは、保温ポットに入っています。
なんか斬新でワイルドです。
もちろん大根ダクダクで食べました。
まずいわけなし。

おなか具合と相談して。
もちょっといけるかなー。と3品追加。
・がしら煮付
・小あじの漬
・まぐろほほ肉煮
間違えました。
がしらくらいでストップしとけばよかったー。
小あじが全然小じゃなくて驚き。
味はスキなんだけど、頭が怖い・・・。
がしらってはじめて食べたけど、なかなか脂が乗っていておいしい〜
ほほ肉は今回微妙でした。
最後のほうに、梅酒も頂いたのですが、にごり梅酒で意外においしかったです。
これで2人で、お酒がビール×2と日本酒1合と梅酒を飲んで、5000円台でした。
やっす。
注文するタイミングが難しいですが、
会社帰りのルートに欲しいです。
絶対みんな引っ掛けて帰っちゃうよ!
また涼しいときに行きたいです。(8)

 ---
住所:大阪市北区天神橋7-6-22
電話:06-6357-4649
営業:17:30〜23:00頃
定休:月                 7/28

2007年7月26日 (木)

デスノート(前・後編)

Xec7ndaf DVDで見ました。
マンガは読みましたが、映画はどうかなー
と思いながら、なかなか手をつけられませんでした。
こないだ、ハリーポッターの予告でエルの番外編をやるというのを見て、
そうそう、見なきゃと思って見ました。
藤原竜也のパッケージ写真はかっこよく見えるのに、
動いている姿を見るとなんか違和感。
なんだろ。
アゴが違うのかなあ。
やっぱ彼の高校生役はムリだったらしく、
設定が大学生になってました。
後の死神とかほとんどマンガと一緒でした。
すげー。
結構前に読み終わっていたので、
最後どうだったかなあ。
と思ってました。
だいぶ凝縮されてましたが、ラストは
あんまり変わりませんでした。
エルは、なんだか押されっぱなしの感じですが、
やっぱ賢いんだなーと思ったり。
そうそう、こんな感じだったーとマンガをリアルでみた
感じです。
邦画にしては結構がんばってる気がします。

2007年7月25日 (水)

メゾン・ド・ヒミコ

B_tyodi9 お父さんがゲイの老人ホームを作っていて、
その恋人(オダギリジョー)が手伝ってほしいと、仕事場に押しかけてきて、
柴咲コウは、亡くなったお母さんが背負ってしまった借金を返すのに、
お金に困っていて、利害が一致したので、イヤイヤながらゲイの老人ホームを手伝う。
という感じです。
オダギリジョーの演技が光ります。
割かし無口だけど、洋服の着こなしとか、
あーゲイがすきそうだなー。
とほとんどゲイ世界を知らない私が思ってしまいます。
ゲイの方々も、自由気ままに生きている感じがしますが、
内では、差別されたり、家族に会いたくても会えなかったり、
色々と悩みを抱えています。
それでも、体が丈夫なうちは、ダンスをしたり、
おでかけをしたり、
気丈に振舞ってたりします。
ただ、ストーリーが淡々と進み、
思ったより引き込まれなかったなー。
中だるみの気があります。
そんなに人にオススメできる映画ではありませんでした。
柴咲コウの行動がよくわからなかった・・・・。
まあ、私には微妙な映画ということで。

2007年7月22日 (日)

時をかける少女

Tokikake

土曜日にテレビでみました。
私のかすかな記憶では原田知世だったような。。。。
薬師丸ひろこだったかな???
まあそのあたりの人のアニメ版だとおもってましたが、
違いました。
登場人物も3人だし。
話の内容も違うし。
タイムスリップとタイムリープて何が違うんだろうー。
とずうっと思いながら見てしまいました。
親戚のおねえさんがタイムリープって言ってたのもびっくり。
何で知ってるの?
不思議です。
だけど、コレって戻りたいときに戻れないのかなあ。
気付いたら、戻ってるけど、いつか不明っぽいのです。
もちょっと自在に操れたら、
そんなにバタバタしなくても大丈夫じゃないの?
と現実的になってみたり。
ううむよくわからん。
ラストの落ちもなんだか半端くさい。
またタイムリープして来ればいいのになー。
と思うこともしばしば。
アイテムは便利そうなのに、使いこなせていない感が。。。
高校時代の独特なにおいがします。
なつかしーなー

2007年7月21日 (土)

麺維新 権八@八尾

2007年6月7日オープンのうどん屋さんです。
チャリでうろって入りました。
ギャルの店員さんがご案内してくれます。
いろいろ美味しそうなのはありますが、
オープニング記念の親子ぶっかけにしました。
「オープニング記念で、大盛にできますがどうなさいますか?」
「ぢゃ、お願いします」
「普通でいいですか?」
「いいえ、大盛で!」
・・・・・何プレイですか?
恥らう年でもないけど、一人でお店に入るのも躊躇ってしまうのに、
大盛を大声で言わせるとは・・・・やるな。
ま。いっけど。
で。
親子ぶっかけは、鳥のから揚げと卵のてんぷらが乗っかっているぶっかけさんです。
どーんとやってきました。
まずは鳥のから揚げを・・・さくり。
ん〜なんだろから揚げっぽい感じがしない。
フライっぽい感じ?
衣がひとつになっていて継ぎ目を感じません。
ちょっとガーリックも効いています。
今まで食べたことがない感じです。
不思議〜
次に麺をガッと混ぜてもぐもぐ。
めっちゃ太麺で、2本一気にすすると、
のどに詰まって即死しそうな勢いです。
ちょっとぬるいけど、まあまあです。
麺はグミみたいにビヨヨーンとします。
うまい〜。
卵のてんぷらは・・・・作り置きだったみたいです。
冷めてました。
まあこれで700円弱というのはすごいかなあ。
まあまあ行きやすい場所というのもグウです。
ネットを見るとぶっかけ専門店って書いてあるのですが、
普通にきつねうどんとかメニューあるので、
多分専門店ではないと思われます。
私が食べている間、「酒のアテなんかないの?」
と聞かれて、「ちくわ天オススメですよ!」
とご主人力説されてましたが、もう少しなんとかしないと
夜の部は苦しそうですねー。(7.5)

 ---
住所:八尾市本町5-1-11
電話:0729-99-9998
営業:11:00〜14:30 17:30〜20:30 / 11:00〜15:30(日・祝)

2007年7月15日 (日)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

6dovjsz6 なんばパークスのレイトショーで見てきました
魔法学校って何年生までいるんでしょう。
6年?
もう学校にいなくてもいんじゃない?
てくらいデカくなった出演者。
始まりは毎回、いじめっこが登場します。
もうそろそろこゆのも不要なんじゃない?
と思ったり。
こんだけデカくなればイヤな同居の親戚に
逆らうのも容易いような気がするんですけど。
ただ、独特の世界観は相変わらずで、
時間を忘れてのめりこんでしまいます。
展開が速くて、話が端折られてるんだろうなあ。
と思うシーンも多々あり。
最後まであっという間でした。
だけど、予告で言われていた、
「ハリーの傷の秘密が明らかに」
って全然わかんなかったです。
見逃したのかしら・・・・。
ちょっと大きく言い過ぎたような・・・。
でもおもしろいのには変わりません。
またみんな見に行くんでしょうねー。

2007年7月14日 (土)

ラ・バッロッタ@日本橋

今は無きキュイエールの跡地に入ったお店(イタリアン)です。
キュイのインパクトが強すぎて、
アレを越えるお店は難しいなーと思い、
なかなか足が向きませんでした。
でも、あちこちで美味しいというブログを拝見して
行ってみようかなーと。
お店に入ると内装は全然変わってませんでした。
カウンターに座らせていただきます。
ドリンクメニューを見せていただくと、
フルボトルかグラスメニューのみ。
デキャンタワインがないのかー。
ちょっとボトルは厳しいので、とりあえずビール。
黒板は、目線の斜め上にあって、左右に1つづつあります。
書いてあることは同じなのですが、なんだかキュイよりメニューが少ない気が・・・。
比べちゃダメだな。
サービスのお兄さんと相談しながら、

前菜は、
大山地鶏のテリーヌピクルス添え

スパゲティ&リゾットから
ビーゴリ/鮪の頬肉と白葱のブラザート
仏産ホロホロ鶏のラグーとサマートリュフ風味のリゾット

メインから
淡路産天然鯛のアクアパッツァ

デザートから
ボネ 
をチョイス。

端的にいえば、美味しかったです。
私は、テリーヌかリゾットがおいしかったなー。
メインもものすっごい大きくて、
だけどフワフワで取り分けやすいです。
食べきれないかと思いました・・・・。
残念なのが、パン。
2度ほどお願いしましたが、焼きたてもパリパリしないし、
冷めてもそんなに美味しくないし。
たまたまだったのかな?(7.5)


 ---
la ballottaラ・バッロッタ
住所:大阪市浪速区日本橋東1-1-9
電話:06-6647-3371
営業:12:00~14:00 ・ 18:00~22:00(L.O.)
休み:不定休

2007年7月10日 (火)

きじ@新梅田シティ

Atsmuui2
空中庭園の地下にある滝見小路にあるお好み焼き屋さんです。
2時という半端な時間に入店したのに、意外にも待ちでした。
外見ガラガラっぽかったのになー。
脇にあったプレジデントを読んで時間を潰しました。
待ってる間に注文を聞かれたので、
モダン焼きとスジネギ焼きをチョイス。
こちらは、いすの下に荷物を入れるようになっていて、
結構底が深くて、何でも入りそうです。
カウンターの前に座りました。
もうほとんど仕上げでした。
お水を出されたと同じくらいに、
「お待たせしましたー」
と到着。
モダンは、焼きそばの上に卵を被せただけで、
いつものモダンと違います。
コレは、オムそばって言わないのか??
と思いながらもぐもぐ。
おいしいけれど、モダンのお得な感じが得られません。
スジの方は、サクサクして
あっさりで普通においしかったですー。
ぜんぜん調査しないで、行ったので、モダンはちょっと
がっかりしましたが、知ってれば面白かったのかなー。(7)

 ---
住所:大阪市北区大淀中1-1-90 梅田スカイビル地下1階(滝見小路)
電話:06-6440-5970 
営業:11:30〜21:30
定休:木(祝日であれば営業)        6/10