フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月27日 (木)

佐賀のがばいばあちゃん

Gabai

DVDを借りました。

テレビでやっていたのは、うっすら知っていましたが、
おそらく、テレビより映画の方がお上品だと思います。

島田洋七さんの半生を描いた映画です。
貧乏だけど、楽しい貧乏です。
個人的には、
お母さんと駅で別れるシーンが印象的で、
子捨てのような状況に、
まぢ!?とびっくりしてしまいました。
本人がイチバンびっくりでしょうけどねー。
後、おそらく大人になった想定で、
三宅祐司さんがでているのですが、
あんまり、いらなかったよな・・・・・。
ばーちゃんの、節約精神は見習うべきところがあり、
我が家のものもちょっと整理して、
切り詰めようかと思いました。

ん~テレビと映画と同じお話をやるのは、
集客的にやっぱり厳しいんじゃないかなー。
とも思ったり。

http://www.gabai-youchan.com/

2008年11月22日 (土)

アニヴァーサリーコース (エリタージュ@天満橋)

天満橋にあるフレンチのお店です。
ひっそりとあるので、そろそろヤバイんじゃないか。
といつも心配していました。
ところが、今月3周年のスペシャルらしいと。
そりゃ、ココはいっとかないと。と思いゴー。

アニヴァーサリーコース(¥5000)です。
コースのオーダーとともにスパークリングワイン(¥800)をオーダーしました。
その後、付き出しの様なスペイン風オムレツと食前酒が着ました。
それが来るなら、スパークリング、いらなかったなー。なんて。
ある意味サプライズでした。

まずは、金時人参のムース。
ムースは、人参の甘みが引き立ち、底のチーズが効いたビスケットのようなものと
一緒に食べると、あまじょっぱくて尚、おいしー。

次に、テートドフロマージュ
豚さんのゼリー寄せみたいな感じでした。
3種類のお肉が入っていて、コリコリしたり、ねっとりしたり、面白い食感です。
お肉はがっちりしているので、ナイフの入れ所を間違えると、飛び跳ねます。

次に、海の幸のブイヤベース
ブイヤベースといえば、大鍋でグツグツしたヤツが出てくるのかと思っていたのですが、
お上品に、ソテーされた海鮮さんたちに、タラタラーっとソースみたいにブイヤベースが
かけられていました。
ホタテがレアでスキかなー。

次のお肉は、3択でしたが、羊さんをチョイス。
パン粉とガーリックとお肉。
割と脂身が多い部位で、パサパサしてないのが良かったです。
クリスマスに、チキンだよ!て出されても間違いに気づかず、
食べてしまいそうな勢いです。

最後に、栗のシフォンケーキとみかんのパルフェとコーヒー
パルフェってパフェだと思ってました。
出てきたときはケーキとアイス。みたいな構図だったので、間違いに気づく。
そして、パルフェは、アイスなのかーと思い食べると、なんか甘い。
私は、ソルベをイメージして食べてしまったからか。
結局パルフェ、何かよく分らず。   ※冷菓の事だった

コーヒーと一緒にパリパリしたお茶菓子も出されました。
薄っぺらくて、長くて面白かったです。

量的には、がっつり系ではありませんが、全部食べ終わるとお腹一杯になります。
私的には、メインのお肉が一番スキかなー。
明朗会計で、お酒グラス3杯頂いて、1万チョイでした。
コースでも¥3,500とかあるので、入りやすいと思います。

お店にはシェフしかいなくて、お若いのに寡黙で、てきぱきサーブしたり、料理したり、
忙しそうだなーと眺めていましたが、ブログも書かてれていて、
お店とのテンションの違いにびっくりしました。(笑)
私の説明よりも、めっちゃ愛がこもった説明が見られますヨ(7.5)

※12/24で閉店したみたい(金沢に移転

 ---
Heritage (エリタージュ)

住所:大阪市中央区島町1-1-3 愛生ビル102号
電話:06-6944-8732
営業:11:30~14:00 / 17:30~21:00
休み:日・祝
 

2008年11月 7日 (金)

温玉のせタコライス (常識を変える真のタコライス屋@心斎橋)

Tacorice

常識を変える温玉のせ(¥880)

Tacosoup

タコスープ(¥100)

心斎橋にあるお店です。
タコライス専門店というのでゴー。
雑居ビルの上なので、ふらりと一人ではいるには厳しい立地ですが、
中は、割りと一人でも大丈夫そうです。

タコスは、トッピングで色々種類がある感じです。
温玉のせにしました。
タコスープというものも一緒に頂きます。

まずは、スープから。
タコの出汁なのかなー。
と思ってしまいましたが、鶏ガラに近い濃い味付けでした。
タコライスもタコじゃないもんね。
なんだか勘違いしてしまいます。
次にタコライス。
甘めの味付けです。
レタスがあるだけで、野菜めっちゃ食べた気になるのはマジックですねー。
タコライスで美味しくないのて食べたことないので、
どちらかというと外れない料理だと思います。
トマトがたっぷり入っていそうですね。
美味しいけど・・・・・・うーん専門店はちょっと厳しそうですねー(7)

閉店→十三で新規開店(移転?)('09/11)
同地で前店長が開いた「WA-BAR」では、ここのタコライスも食べられるみたい('09/11)
 

 ---
常識を変える真のタコライス屋
住所:大阪市中央区東心斎橋1-19-18 シンサイドビル9F
電話:06-6251-5119
営業:11:30~25:00  (日 ~23:30)
休み:なし       
1106     1106

2008年11月 6日 (木)

ハッピーフライト

Happyflight

試写会で見ました。

こないだは、JAL系の試写会だったので、
もしかして、今年は飛行機会社、儲かってるんじゃないの??
と勘繰りたくなるような。
サーチャージ高かったものー。

で。
お話は、綾瀬はるかのスッチーのドタバタかと思いきや、
割りと中心は田辺誠一の機長昇格試験で、
それを取り巻く周りの人たち。
見たいな感じでした。

矢口監督映画は、笑い中心で見やすいものばかりです。
今回も例外にもれず、笑いが散りばめられていて、
あっという間に終わってしまいました。

イロイロ名前が知っている俳優さんがたくさん出ています。
万人受けしそうな、楽しい映画です。
だけど、なんでテレビの2時間ものじゃダメなんだろうなー。。。
撮影時間が長いからかなー。

飛行機会社の裏事情が垣間見れておもしろかったです。

http://www.happyflight.jp/index.html 

2008年11月 3日 (月)

ビーフカレーセット (喫茶ミクロ@梅田)

Micro

梅田の第二ビルで食べました。
第一ビルにもあるらしいのですが、お休みでした。

ビーフカレー+ミックスジュースのカレーセット(¥800)を頂きました。
カレーはトッピングできて、ジュースも選べたようですが、
シンプルに。
雑誌を見ながら待ちます。
やってきたカレーは、肉が若干残っているものの、
後の具はありません。
さらっとしたルーで、フルーツカレーというとおり、
甘めの味付けです。
私には、ちょうどいい塩梅の味の濃さで、
無心で食べてしまいました。
しばらくすると、ミックスジュース登場です。
私の地元にはミックスジュースの文化はありませんが、
きっとなじみの人には懐かしい味なんだろうなー。
という感じの昔ながら風です。

2人掛けとかはちょっと狭そうでしたが、
常連さんがいっぱいいそうなお店でした。
居心地が良いのでしょうねー。(7)

 ---
喫茶ミクロ
住所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB1F
電話:06-6346-0396
営業:10:00~19:00  (土・日 12:00~18:00)
休み:なし 

2008年11月 1日 (土)

プリフィクスランチ (ルール・ブルー @肥後橋)

Heure

肥後橋にあるお店です。
むかーしに一度ふらりと行った事があるのですが、
値上げしたのと、すごい人気だったので、
そこまで頑張らなくても・・・とスルーしていました。
が、「9月から、土曜日にランチ始めました」的な張り紙をみたら、つい飛び込みで入ってしまいました。
なんとかOKぽかったです。
¥2,100のコース1種類のみで、前菜とメインとデザートとドリンクを各々3種類の中から選ぶプリフィクスタイプです。
私は、
前菜:茶美豚とフォアグラといちじくのテリーヌ 自家製ピクルス サラダ添え
スープ:コーンスープ
メイン:地鶏と厚岸牡蠣とキノコのソテー
デザート:温製チョコレートケーキ
ドリンク:コーヒー
にしました。

待つ間に出てくる、他の人が頼んだメニューがおいしそうに見えるのは、
どうしてでしょうかね。

前菜とメインは、3種類すべて拝見しました。
私が選んでないほかのは、
・吉田牧場のチーズを使ったオムレツ。
一見、スクランブルエッグのような、オープンオムレツのようでした。
黄色が濃くて、おいしそーです。
アレ、パンに乗っけて食べたら絶対旨いなー。
・アジとホタテのタルタル
も、サラダの上に山盛りで、いくらでもたべられそうでした。
そして、私の前菜も、美味しかったです。
あんまりイチジクがわからなかったのですが、ニクーーというぎっしりした感じではなくk、
ホロホロとしていて、甘みがあるテリーヌです。
ピクルスも、酸っぱすぎず、なかなかのアクセント。

コーンスープは、甘くて、とろみがあるので、体が温まります。
私がガン飲みするク●ールとは、濃さが違います。

続いて、メイン。
私が選んでいないほかのは、
・豚ロースのなんか。
めっちゃ厚切りのお肉で、下にも何やら凝ったものが。
あれは、めっちゃ腹ペコなら、ご指名№1ですね。
・スズキのバルサミコソース。
パリッとした皮に肉厚のスズキ。
下には、セロリとイカの炒め物。
魚介満載で、ヘルシーなのに、満足感が得られそうです。
そして、私のメイン。
やぱ牡蠣て書かれると頼んでしまいますね。
私が見る限り、一番人気でしたよ。
牡蠣とキノコの下に埋もれる鶏モモ。
何一つ嫌いなものはありません。
もうちょっとアクセントがあっても良い気がしますが、
秋と冬の良いとこ取りみたいな。
牡蠣、3個入ってましたが、もっと食べられたー。

そして、デザート。
吉田牧場のチーズとレーズンパンがエントリーしていたのですが、
こちらを食べている方には遭遇せず。
甘いものがダメな人にはよさげなのになー。
残念。
マスカットのコンポートとバニラアイス添え。
は、見ました。
マスカットがぎっしりで、葡萄好きな私は、グラリときましたが、
種が入っているようで・・・・・・残念。
最近、種無しが好みです。
私が頼んだのは、温製チョコレートケーキ。
上がしっとりで下がサクサク。と2種類の生地を使用しているみたいです。
ホール型ではなく、エクレアのように、15センチくらいの棒状のものが、
お皿に乗って登場です。
んーシンプル。
に、コーヒーでおしまい。

このラインナップで、このお値段。
頑張っていると思います。
パンのお代わりも無くなるとすぐにお代わり聞いて頂けるし。
相変わらず人気なのもうなずけます。
今回はたまたま入れましたが、今度からは予約すら難しそうですねー。
庶民の私には、足繁く通うのは難しいですが、
機会があれば、また伺いたいです。(8)

 ---
L’HEURE BLEUE
住所:大阪市西区江戸堀1-19-2
電話:06-6445-3233
営業:18:00~22:30   11:30~14:00(土曜のみ)
休み:日