フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 高津宮とんど祭 (高津神社@谷町九丁目) | メイン | 紅玉パイ (ケーキハウス ツマガリ@大丸梅田店) »

2009年1月12日 (月)

感染列島

Kansen_1_1b

試写会で見ました。

日本に新しい伝染病が蔓延し、
立ち向かう医師と周りの人たち。
みたいな感じです。

昔、北極圏に近いところは寒すぎて、病原菌が存在しないので、
風邪を引かない。という話を聞いたことがあります。
ソコなら、こんなお話は笑い話になってしまうのしょうねー。

未知のウィルスという設定は、
将来有りうる話で、もしそうなったらどうなるんだろうなー。
とちょっと怖くなります。
パニックの様子がリアルで、
どうなっちゃうのかなー。
とハラハラしながら見てましたが、
上手い具合にラストに持っていってました。

妻夫木君と壇れいの関係が年の差的に微妙だなー。
とは思いましたが、パニック映画としては良く出来ていると思います。
突っ込もうと思ったら、いくらでも突っ込めそうな所もありますが、
そこはスルーで。

ううむ。好きな人にはいいかもですねー。 

http://kansen-rettou.jp/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/17598518

感染列島を参照しているブログ:

» 「感染列島」見終えて帰る地下鉄の中で咳き込む人が気になる映画 (soramove)
「感染列島」★★★☆ 妻夫木聡、檀れい 主演 瀬々敬久 監督、2008年、138分 「たとえ明日、世界が滅亡しようとも 今日、私はリンゴの木を植える」 (映画の中で印象的に使われた言葉) ー多くの人が亡くなるとしても  嘆くより未来を見つめたいー 謎のウイルスが広まり 日本全国で感染し死者が増えていく。 ウイルスは何が原因で その治療法はあるのか、 まんざら現実離れだけとは思えない映画だった。 突っ込みどころはたくさんある、 主要人物の顔をし... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿