フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

ナイトミュージアム2

Nightmuseum2 試写会でみました。

前回、警備員のときに思いついたアイディアを商品化して、
会社を興したら大もうけ。
だけど、久しぶりにミュージアムに来て見たら、
お引越しすることになっていて、そっちのミュージアムでも
えらい事になっちゃた。
みたいなお話です。

この映画は、色々ピンチはありますが、
人の生死とか重たいものではないのでお気楽にみられるのがいいところなのかもしれませんね。
前より、スケールが大きいミュージアムで、
私は、そっちの方に実際に行ってみたくなりました。
おもしろそー。
広すぎるんですもの。
デカいリンカーンとか見て、あーコレが!て言ってみたいです。
なぜ、皆英語をしゃべれるのかミラクルですが、
エジプトの人とか、見たことないものが多すぎて、
ビビるかと思いきや、意外に強気だったりして、
恐ろしいです。
魔法の石板が全ての元凶なので、いっそのこと、
宇宙に放り出すとか、海の底に沈めるとかしちゃえば、
こんなにイロイロ事件が起きないのに。
と思ってしまいます。
そもそも、ニューヨークのナショナルミュージアムの警備員さんて
今、いないの?
とツッコミ所満載で、都合よくできています。

ラストは、このオチでホントに大丈夫?ていうくらい、お気楽です。
朝になったら何もなくなってたりして・・・・みたいな。
こんなオチなら、きっと続編はもう難しいでしょうね。

http://movies.foxjapan.com/nightmuseum2/

転々

Tenten

DVDで見ました。

借金と引き換えに一緒に散歩することになったオダジョー。
と百恵ちゃんの旦那さん。
という割とまったりめなお話です。

最初のオダジョーが百恵ちゃんの旦那さんの靴下を口に詰め込まれるシーンで、
ドン引き。
それを何事もなかったかのように普通に履く百恵ちゃんの旦那さんに、
はくんかーい。とツッコミたくなる所で掴みはOKなんでしょうかね。

百恵ちゃんの旦那さんは、あることをやっちゃったので、
散歩というか、遠足?
目的地まで行こうとしているのですが、
それ、ほっといていいの?と不安になってしまいました。
夏なら間違いなく、ホラー映画でしょ。
そして、職場の人たちも、割と流される人たちで、
何度もトライしながら、結局目的を果たさずに、
違うことで楽しんでしまいます。
どこかにいそうな方々です。

オダジョーと百恵ちゃんの旦那さんは、親子の設定だった気がしていたのですが、
そんなシーンは見かけなかったので、
多分、思い込みでしょうね。

百恵ちゃんの旦那さんの思いでめぐりみたいになっていましたが、
東京の下町がたくさん出てきて、
こういうお店がまだ残ってるのかー。(てセットかしら・・・)
とノスタルジーな感じです。

特にすっごい所はありませんが、
ほどほどに面白かったです。

http://tokyosanpo.jp/

2009年7月27日 (月)

ビッグチキンカツカレー (千日前デンナーカレー@難波)

Dennar

千日前の大通りに面したところにオープンしたカレー屋さんです。
急いで改装しました風で殺風景&蛍光灯のインテリアでちょっと躊躇しましたが、
情報雑誌の半額フェアにつられて入ってしまいました。
中に入ったら食券を買うシステムです。


ビッグチキンカツカレー(¥760)を頼みました。
これの半額で食べられたのでかなりお得ですね。(~8/4まで)
まーカツって言っても5切れくらい?と半額サイズを思い浮かべながら、
テレビを見ていました。
出てくるのに割りと時間が掛かるのですよ。
そしてやってきたのが、写真のヤツです。
なんでしょこのボリューム。
ありえない。
夜の遅い時間に行ってしまったので、
こんな時間にカツっていうのもヤバイと思っていたのに、
この量は、とんでもなくヤバイ。
でも頼んでしまったからには仕方ありません。
意を決して食べました。
カツはアツアツで、肉厚です。
そんなの、美味しくないわけがありません。
カレーは、ちょっと家庭の味っぽいかなあ。
あんまり隠し味が・・・とかテクを感じるものではありませんでした。
どうせなら、にんじんとか、じゃがいもとか、
カツを食べても、コレ食べたら大丈夫。的な
なんちゃってヘルシーモノがあっても良かったのですが、
野菜で見えるものといえば、取り放題の
キャベツのピクルスのみ。
コレは、あんまり健康志向の方にはオススメできないですね。
そして、テーブルの上には、なぜか、イチロー語録の、
朝カレー推奨説。
別にイチローがココのカレー食べたわけでもないのに、
何故そんな堂々と?
と、なかなか面白いことが続きます。
最後は、もう喉元までカレーとカツで埋まりました。
何度も言いますが、これで、380円て、
みんないっとかないと!と心の中で誘ってしまいます。
だって、クーポン、取られないんですよ?
普通に食券を買うだけで、半額ですよ?
ガテンのにーさんに教えてあげたいです。
知り合いにいませんが。

というわけで、すっごいお腹すいて、まだ半額だったら、
また行きます。(7)

閉店('10/春頃?)

 ---
千日前DennarCurry

住所:大阪市中央区難波1-4-6 ミフネ難波ビル1F
電話:06-6211-1073
営業:11:00~21:30(L.O.)
休み:なし

ココ・シャネル

Chanel 試写会でみました。

ココ・シャネルの生誕を描いた映画です。
70歳のココを軸にして、
若かりし頃を回想するつくりになっています。

この間のドイツ映画もそうでしたが、
フランス人なのに、英語と言う時点で、
何かが違います。
そして、予備知識がないまま見てしまったので、
何でお針子さんとして働いていた彼女が歌を人前で歌えるのか?
70歳のココの隣にいるお爺さんは、どこで知り合って、
どういう関係なのか?
なんでアメリカにいるのか?
さっぱりわかりません。
説明は、恐らく時間の関係でカットなのでしょうね。

戦時中に、ジャージ素材のドレスを作るのですが、
コレって、おいくらするのでしょうかねー。
シャネルのスーツは福沢さんがたっぷりいないと買えないので、
驚くほど高そうなイメージです。

彼女の、ネバーギブアップの精神は、さすがです。
何かやり遂げる人は、やはり1本筋が通ってますね。
後、デザイン画が描けないというのにも驚きました。
それでも完成度が高い洋服を作れるのがすごいです。

もう1本、同じような映画が公開されるようですが、
こちらはフランス語のようです。
比較してみるのも面白いかもしれないですね。
似たり寄ったりな気もするのですが・・・・。

http://coco-chanel-movie.jp/index.html

2009年7月26日 (日)

火天の城

Katen 試写会で見ました。

織田信長の安土桃山城を作る映画です。

このときの人たちは知らないと思いますが、
短命に終わった城を知っている私にとって、
そんなに張り切っちゃってもなー。と
ちょっと空しい気分です。
特に、大黒柱調達シーンなんて、
もったいない!と思ってしまいました。
敵味方分け隔てなく協力してくれたのは、
西田さんの人徳の見せ所なんでしょうねー。

そして、福田沙紀の違和感。
西田さんの娘役なのですが、
今聞いても、全然普通の日本語。
その割りにお母さん役の大竹しのぶは、
時代劇風のしゃべり。
どっちかに統一して欲しいです。
そして、何歳の設定か分かりませんが、
膝丈の着物?浴衣?
髪型は常にポニーテール。
周りがそうなら分かりますが、
彼女一人だけ。
変。
西田さんの娘というのも時代を考えると、孫くらいの年の差では?

まだまだツッコミ所がありますが、最後の皆でよっこいしょする所は、
一致団結して感動。
というより、ホラー映画並でした。

樹齢2000年の木も実際切ってしまったのでしょうか?
もったいない。

それよりも、豊臣秀吉役が次長課長の河本さんで、
出るたびに笑い声が聞こえたのが大阪だからかなーと思いました。

http://katen.jp/

2009年7月25日 (土)

閉店感謝祭 (丼ぶりや@梅田)

最後の晩餐?(¥3150)を食べに行きました。
ビュッフェ風かと思いましたが、普通に座って食べ物が出てくるシステムでした。

先付けは2品出てきたと思うのですが、
秋刀魚のビネガー和えしか思い出せず。
フレッシュな秋刀魚です。
秋刀魚祭りの予感です。

岩牡蠣
鍋で蒸し焼き?にして頂きました。
長い時間コトコトしていたと思ったのですが、
いざ食べてみるとレアでした。
身が大きくて、プルプルです。
私は、もうちょっと火が通ってるほうが好きかもですねー。

蒸し太アスパラ・ジャガイモのクリームチーズ和え・ホタテの和え物
アスパラは熱々でマヨをつけながら食べます。
春だけかと思っていましたが、今の時期でも食べられたのが不思議です。
ハウス?
北海道マジック?
ジャガイモも蒸してジャガバタ風でバターの代わりにクリームチーズを使っているようです。
ううむ。。。。素材の味しかしない。
普通にジャガバタのほうがスキかなー。
ホタテは、細かく刻まれ、ピーマンとかの野菜と和えてありました。
そういうのもカルパッチョて言うのかなあ。
さっぱりしていて美味しかったです。

Donburiya_1

刺身盛合わせ
写真は2人前です。
花咲ガニさんがイガイガしていて、食べるのが大変です。
鋏を用意してくださるので、だいぶ楽ですが。
サーモンが、イチ押しっぽい感じです。
時知らずは、脂が乗っていて厚切りで美味しかったです。
秋刀魚は、生姜醤油で頂きます。
新鮮なのでしょうね。
ピカピカしてました。
エビさんは、卵が入っていて、食べるのがちょっと大変です。
プリプリですねー。

Donburiya_2

ジンギスカンが出てきました。
店員さんが目の前で作ってくれます。
美味しいけど、この時点でかなりおなかが一杯。
お魚系のお店でジンギスカンが出てくるとは予想外でした。
あんなにジンギスカンブームだったのに、今は下火になってしまったのが残念です。
カルニチンてチヤホヤされてたのに!

サンマ塩焼
これが一番美味しかった。
ふっくらしていて、脂が乗っていて。
シンプルなのが一番美味しいですね。
コレとご飯とお味噌汁があれば、十分です。

デザート(¥630)
別料金ですが、勧められたので、食べてみました。
バニラ・ハスカップ・ムースの3点盛です。
私には、ちょっと割高に感じますが、輸送費でしょうかねー。
ハスカップがブルーベリーヨーグルトっぽい味でした。
この中ではバニラがスキかな。

「食べ放題ですから、もう一度食べたいもの言ってくださいねー」と言われましたが、
このボリュームを詰め込んだ後に、美味しく食べられる自信がなく、
一通り食べて終わりにしました。
ご飯は、時々欲しいなーと思いましたが、
全部食べきるには、ご飯あったら無理だと思います。
このコース設定もお替りするのは稀だろうな。という策略でしょうか?
まんまとハマってしまった気がします。

また今度、違う場所でお店をやる予定があるそうなので、今度は普通のランチを食べに行きたいです。
お得だけど、食べ過ぎました。(7.5)

閉店('09/07/25)
 

---
本生御殿 丼ぶりや 東梅田店
住所:大阪市北区兎我野町3-19 兎我野ビル1階
電話:06-6312-9988
営業:11:00~24:00
休み:日・祝

2009年7月21日 (火)

薬膳スープつけ麺 (つけ麺 きゅうじ@難波)

難波につけ食べに行きました。
こちらは、魔法のレストランにも出ていましたが、
つけ汁の種類がイロイロあって迷ってしまいます。

Kyuji_yakuzen

薬膳スープつけ麺+味付玉子(¥750+100/黒麺/1,5玉200g)にしました。
ニラが入っていると書かれていました。
だから緑なのかな?味は全く分かりません。
面白い味です。
ココナッツが入っているのかな?
タイカレーのような味もするし、
サッポロ塩ラーメンのような味もします。
ちょっとジャンキーな味ですね。
麺も全粒粉か普通麺か選べます。
全粒粉にしました。
ちょっとおそばみたいです。
たまにクコの実が良いアクセントになります。
玉子は別でしたが、私の好きな固さでおいしかったです。

Kyuji_ganso

元祖つけ麺+全盛(¥1000/白太麺/2玉270g)もちょっと頂きました。
お肉がイッパイなところが、肉食な方に良いのでしょうね。
ちょっと炙っている風なところがナカナカ。
でも、薬膳の方がスキかな。

夜は飲み屋スタイルなので、
うっかり麺だけ食べに行ったつもりが、
「お飲み物は?」と聞かれて、
「水!」と言えないビビりな方は、
お昼に行ったほうがいいと思います。(7.5)

追記:ラーメン専門店になった模様('12/末頃?)

 ---
炭火焼きとつけ麺 球児
住所:大阪市中央区難波4-2-7
電話:06-6646-0456
営業:11:30~24:00
休み:なし

2009年7月19日 (日)

琉球もーあしびー 2009 in 弁天町

Ryukyu_0

琉球もーあしびー(7/18~19)に行ってきました。
弁天町って初めて行った気がします。
屋台がたくさんあるイメージだったのですが、そうでもなかったです。

Ryukyu_1

ソーキそば(¥400)を食べました。
コーレーグースーをだばっとかけて食べました。
どちらかというと、透き通ったおだしのイメージだったのですが、
白濁したスープで、食べ終わった後、放置すると、白いのが上にたまってきます。
豚骨のなごりでしょうか?
麺はたべやすかったです。
お肉もホロホロしたのが入っていて、熱々で一気食いしてしまいました。              

Ryukyu_2

どて焼き(¥300)も食べました。
沖縄フェスでどて・・・なんか違和感です。
ほかにもたこ焼きがあったり、カレーがあったり。
一体、この屋台はどういうコンセプトなのか・・・。
味噌がしっかり効いていて、ビールがぐいぐい進みます。
暑いせいもあって、ナツーって感じですね。

Ryukyu_3

ゴーヤチャンプル(¥400)の登場です。
でもお豆腐が入っていたりして、なんかとりあえず混ぜてみましたて
感じがしてしまうのですが、ゴーヤが割りと生っぽい食感で、
エーこんなんでいいの?と思いながら完食。
妹が、苦味少な目が好きなので、これは絶対NGだろうな。と思いながら、終了。

Ryukyu_4

ソーキ大根(¥400)は、ソーキそばと同じお店で出していました。
すじ大根煮込みですね。
お肉はそばと同じでしたが、大根がおいしかった。
コレが今回食べた中で一番スキです。
お出汁が効いていて、薄味で食べあきません。
冬に出会いたいです。

Ryukyu_5

夏はビールですよ。(7)

2009年7月18日 (土)

ハリー・ポッターと謎のプリンス [IMAX3D版]

Potter6 ハリーポッターをまた箕面(IMAXシアター)まで見に行きました。
今回は、12分間3Dがあるというので、
楽しみでした。

3Dは、すごかったです。
本当に近いし、グルグルするので、
車酔いみたいな感じになってしまいます。
全部3Dだったら、最後まで見れる人は少ないでしょうね。
と、12分て短いなーと思っていましたが、そうでもなかったことがわかりました。

映画は、クライマックスの直前の回ということで、
全体的な色がかなり暗めです。

まず、今までのパターンだった、
新しい先生が実は敵。
というのが、今回はなかったです。
てか、まだ分らない。
どっちなんでしょねー。
でも、最終回はあんまりこのことに触れずにおわってしまいそうな気がします。
そして、ライバルのドラコが、成長しすぎてあんまりイケていなくなっていました。
昔はもっと可愛らしかったのに。

ハリー役の子がトイレで戦うシーンが一番見もの。
と言っていましたが、私にはあんまり分りませんでした。
暗いし早いし、どうなっているのか分らないまま終了ですよ。
どちらかとうと、ハリーとダンブルドアが最後のほうでがんばっていた所
のほうが、見所っぽいです。

結局、今回は、大物ボスが出てこないまま半端な感じで終わりましたが、
キーマンは、スネイプ先生じゃない?
と思わせて終わります。
彼は、敵なのか味方なのかよくわかりません。

2時間40分と長い映画ですが、それを気にさせることもなく、
あっという間に終わってしまいました。

次も早くみたいです。
いつも、見ているとき主要人物しか覚えていないので、
ダレだっけ?と思うことがたまにあります。
DVDで復習しとかないとダメですねー。

http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/mainsite/

鰻定食 (吉寅@堺筋本町)

吉寅

19日は丑の日。というわけで、
鰻定食(¥3250)を食べに行きました。
毎年、取り付かれたようにひつまぶし命。
だったのですが、今年は、普通に。
こちらのお店、
鰻の老舗らしいのですが、
鰻定食か鰻丼定食が同じお値段で最低ライン。
一般的な鰻のランク、松竹梅。
とかそんなんありません。
私の想像では、頼む品物の価格によって、鰻のランクが違うのかなーと。
あくまで想像ですから。
お客さんは、ほぼこのどちらかを食べていました。
夜は、鰻会席とかもあるようですが、倍以上のお値段コースです。

お店の中は、ちょっとふるーいにおいがします。
クーラーがガンガン掛かっていて、
中にいたら外との落差に体調を崩してしまいそうです。
お店の造りは、ステキで、箱庭があり、2Fもあるようです。

さて、コレだけのお値段。
定食って、うな玉とかついちゃうの?
と期待しましたが、あっさり裏切られ、
ご飯。鰻。肝吸い。お漬物。
以上です。
イヤー潔いですね。
あ。汁物は、肝吸い・赤だし肝吸い・赤だし?
の3択から選べます。
鰻はパリッとしていて、タレがあんまり甘くなくて、
ご飯がどんどん進みます。
おいしー。
久しぶりに食べました。
らっきょも添えられていて、カレーみたいですが、
良いアクセントです。
1枚がかなり大きくて、ボリュームがあります。
ご飯大盛りな感じだったのですが、最後は、ちょっと鰻さんが余ってしまうくらいです。
お漬物は、大根・きゅうり・白菜の巻物・しそ味の漬けもの(正体不明)
で、しそ味が一番スキです。
たくさん食べて、大満足です。
お値段は、私のレベルでは、かなり思い切ったほうですが、
夜も来てみたいです。
人のオゴリでcatface(7.5)

 ---
吉寅
住所:大阪市中央区備後町1-6-6
電話:06-6226-0220
営業:11:00~14:30 / 17:00~21:30(~20:30 土)
休み:日・祝・第二土