フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 沖縄のコーヒー (名護珈琲) | メイン | ランチバイキング (てぃーあんだ@四ツ橋) »

2010年6月14日 (月)

ザ・ウォーカー

ザ・ウォーカー

試写会で見ました。

本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。

冒頭の森の場面は、ちょっとナウシカっぽくて、
オームの森を連想してしまいました。
なつかしー。

チラと人類が減った理由を出していましたが、
結局なんで人類がほぼ消滅したのでしょうかねー。
核爆弾??
そのおかげで字が読めない人が増えたらしいのですが、
学校とかないのかしら?
ほぼ砂漠化していて、1日1日を生き延びるのに必死そうです。
畑ができたらいいんですけどねー。
将来の世界を見ているようでちょっと怖いです。

デンゼル・ワシントンが、目にも留まらぬ早業で、
妨害する敵をバッタバッタ倒すのはすごいです。
彼は昔なんかやってたんじゃないの?てくらい
圧倒的でした。
が、彼が持っている本を狙う敵がいて、
そこから話の展開が早まります。
その辺から大体、どんな本を持っていたのか
見ている人はわかると思います。
私は、それ程思い入れがないので、
エー別にいらなくない?と思うのですが、
西洋人の方にとっては重要なんでしょうかねー。
ラストは、彼の記憶力のすごさにびっくりです。
もうひとつ、そうだったの!?とびっくりすることがあったのですが、
ソレは始めから知っていたら面白くないので、
映画を見てから知る方が良いと思います。(118分)

http://www.thewalker.jp/ (6月19日公開)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/24394783

ザ・ウォーカーを参照しているブログ:

» 『ザ・ウォーカー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli) 「これはもう珍作。 そう呼ぶしかないね」 ----えっ。それはまた挑発的な…。 デンゼル・ワシントンの超大作に その言葉は似合わないんじゃニャいの? 「この映画の場合、 その“超大作”にしたのが、そもそもの間違い。 本来ならば堂々とした(?)B級として作るべき映画。 ぼくとしては、名画座とかで出会いたかったね。 今の時代無理だ... [続きを読む]

» 映画「ザ・ウォーカー」 (今日の素敵さがし)
 我が愛する(?)ゲイリー・オールドマンと、デンゼル・ワシントンが競演ってことで、かなり楽しみにしてたSF。ゲイリーが“狙う男”で、デンゼルが“運ぶ男”なんだそう。 [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、30年もの間旅をしていた。ただ「西へ向かう」ということだけが手がかりで、ウォーカー自身も目的地を理解していない。一方、汚染されていない水脈を独占する事で独裁者となり、ある地域を支配していたカーネギー(ゲイリー・オールドマン)。世... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (象のロケット)
世界滅亡後のアメリカ大陸。 世界に一冊しかない“本”を運ぶため、“ウォーカー”と呼ばれる男は、30年間、西へ向かって歩み続けている。 ある町の独裁者カーネギーは、真の支配者となるためにその本を必死で探していた。 カーネギーの情婦の娘ソラーラはウォーカーと本に興味を覚え、ウォーカーから離れない。 仕方なく共に旅をすることになったが…。 サスペンス・アクション。 PG-12... [続きを読む]

» 『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画で....... [続きを読む]

» 映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未来。(なぜか)この世に一冊しかない『本』を持って、西に歩き続ける主人公イーライ(デンゼル・ワシントン)。 そして、その『本』を探しているもう一人の男(ゲイリー・オールドマン)に狙われる。 さて、主人公はなぜ西に向かうのか。その『本』とは何なのか? 邦題がダメだから、駄作にも名作でもない"迷作"... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マックス・ペイン』のミラ・ニクスも出演している。監督は『フロム・ヘル』のアレン・ヒューズと、アルバート・ヒューズ。... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、トム・ウェイツ。近...... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ....... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (小泉寝具 ☆ Cosmic Thing)
 アメリカ  SF&アクション&サスペンス  監督:アレン・ヒューズ&アルバート・ヒューズ  出演:デンゼル・ワシントン      ゲイリー・オールドマン      ミラ・クニス      レイ・スティーヴンソン 【物語】  世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をし...... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。両刃の剣。 [続きを読む]

» 『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画で....... [続きを読む]

» 「ザ・ウォーカー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか... [続きを読む]

» [映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが、この作品は、原題が示す通り、その目的とすべきものが違う。  これは、西欧のリアルな宗教の教えを醸した物語であった。  ・・・で、私は、ここから、『アイ・アム・レジェンド』と言い、『ハンコック』と言い、『7つの贈り物』と言い、デンゼル・ワシントン... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。 [続きを読む]

» ザ・ウォーカー を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言)
上映前からちょっと気になっていた ザ・ウォーカー を看ました 原題:THE BOOK OF EL [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲー..... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきました〜。 世界にひとつしか残されていない本を30年も大事に持ち歩き、西へ歩き続ける男ウォーカー=デンゼル・ワシントン。 まるで座頭市!刀みた... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ―     監督 : アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ 『フロム・ヘル』【comment】   超〜〜〜辛口感想です。      しかも、いきな... [続きを読む]

» 「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ... [続きを読む]

» 映画「ザ・ウォーカー」ただ一つ守りたい本があった (soramove)
「ザ・ウォーカー」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス出演 アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、118分 、2010年6月19日、10,アメリカ,角川映画、松竹 (原題:THE BOOK OF ELI )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「やはり人類には明るい未来というのは 無いのだろうか、 ここで描かれるのも、たぶん... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方が映画そのものを表しているので、邦題はミスだと思う。  核戦争により文明が崩壊した未来。世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ。しかし、彼はその目的地を知らない。本に触れる者をためらわずに誰で... [続きを読む]

» 「ザ・ウォーカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ザ・ウォーカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・アレン&アルバート・ヒューズ その名の通り、「歩く」映画でしたな(^^♪。 歩くといっても「夜のピクニック」は一晩だけでしたが(笑)こちらは何と30年以上歩き続けている男“ウォーカー”(デンゼル・ワシントン)が主人公です。 戦争で全世界が滅亡し、僅か残った人々が散在するアメリカを、その“ウォーカー”は、1冊の「本」を持ち、ひたすら「西へ、西へ・・・」歩き続けるのであります・・。 ... [続きを読む]

» 映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» ザ・ウォーカー★★★+劇場93本目:セピア... (kaoritalyたる所以)
デンゼル・ワシントン主演のウォーカー‥一冊の本を西へ運ぶってだけの話しです(笑)だけじゃないけど、まぁそんなお話で、ネタバレ書いちゃいます。観ようと思う人は読まないで。そ... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー 」を、金曜日の夕方に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー 」は、大きめのスクリーン... [続きを読む]

» ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、…... [続きを読む]

» mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...... [続きを読む]

» 映画を観るなら ザ・ウォーカー (映画を観るなら)
未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないですね。もう分かってたよって思っちゃうけど、それが映.. ... [続きを読む]

» 【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。 ...... [続きを読む]

» 「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へと運ぶ謎めいた男の姿を描く。共演は「レオン」のゲイリー・オールドマンや、「マックス・ペイン」のミラ・クニス、「フラッシュ・ダンス」のジェニファー・ビールスなど。... [続きを読む]

» 『ザ・ウォーカー』'10・米 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
ラーメンWalkerではありません[E:happy02] もっと読む[E:dow [続きを読む]

» 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿