フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« ヒックとドラゴン [3D/日本語吹替え版] | メイン | 和え麺 etc. (宮田麺児@長堀橋) »

2010年7月10日 (土)

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ

試写会で見ました。

宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、
ポニョよりも前売り券が売れたというニュースを見ました。
期待されているのですねー。

お話は、小人さんが暮らしていた人間の家で
人に見られちゃってどうしましょ。
みたいなお話です。

私は、アリエッティ一人だけなのかと思っていましたが、
お父さんとお母さんと三人家族でした。

3人は、人間の生活区域に時々忍び込み、
必要なものを必要なだけ借りて暮らしているそうです。

借りって楽しいね。というアリエッティのセリフが印象的です。
借りって・・・・狩り?
そして、借りてるというわりに、
お砂糖とかティッシュとか消耗品なので、
返しません。
それは、、、、もらってるんじゃないの?
と突っ込みたくなってしまいます。
主人公の子が人間の家にいくのに、
衣装を選ぶシーンがあるのですが、
イロイロ危険な場所を通るのに、
なぜそのワンピ?と不思議です。
パンツのほうがいいんではないですか?
そして、それ以降人間の家に行くときは、
なぜかそのワンピ。
制服なのですか?勝負服なのですか?
わからない。
出てくる人間たちもどこか抜けた感じで、
夢心地です。

良いところは、アリエッティのおうちの色使い。
すごくステキで、うらやましかったです。
あと猫。
あの猫、癒し系ですよ。
一瞬、猫バス再来!?と思ったシーンがありましたが、
違いました。

宮崎アニメなら、もうちょっとなんとかなったんじゃないかなー。
と思ってしまいました。
なんだか惜しい感じです。(94分)

http://www.karigurashi.jp/ (7月17日公開)

参考1:[スタジオジブリ]
参考2:「床下の小人たち」(原作)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/24550415

借りぐらしのアリエッティを参照しているブログ:

» 『借りぐらしのアリエッティ』 近年のジブリでは出色の出来!ポニョが生理的にダメだった人に是非♪ (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
『借りぐらしのアリエッティ』 にほんブログ村 (C) 2010 GNDHDDTW 実はketchup36ozは、ジブリ好きでして。 高畑作品以外は全部、劇場で観てますから。 (高畑監督作品以外ってトコ、重要ですからね) ほとんどブログで言及していないのは… ブログ... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「借りぐらしのアリエッティ」の試写会へ行ってきました。 床下に住む小人のアリエッティは両親と3人暮らし。 生活に必要なものは床の上に住む人間からこっそり借りてくる。 彼 [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (LOVE Cinemas 調布)
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友は主人公アリエッティを志田未来、人間の少年・翔を神木隆之介が演じ、他にも大竹しのぶ、三浦友和、樹木希林らが出演している。... [続きを読む]

» 「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ジブリ作品としては、下の中、な出来具合でした。1時間34分の作品なのに、だるーな演出、脚本、見せ場無し、山場無し一鑑賞者としては、兎に角、ひたすら、感情移入しよう... [続きを読む]

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」@ヤクル... (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はラジオ日本「イエスタディ・ポップス・ウィズ・シネマダイアリー」さんだ。映画上映前にスポンサー様提供商品の抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい。   ... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「借りぐらしのアリエッティ」の試写会へ行ってきました。 床下に住む小人のアリエッティは両親と3人暮らし。 生活に必要なものは床の上に住む人間からこっそり借りてくる。 彼 [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (試写会) (風に吹かれて)
髪留めがかわいい公式サイト http://www.karigurashi.jp原作: 床下の小人たち (メアリー・ノートン著)声の出演: アリエッティ  志田未来        翔       神木隆 [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (あーうぃ だにぇっと)
7月8日(木)@ヤクルトホールで鑑賞。 ラジオ日本イエスタデイ・ポップスの試写会。 ラジオ日本はその昔ラジオ関東といって、湯川恵子がアメリカントップフォーティーをオンエアーしていた。 実に入りの悪いラジオ局(笑)で、雑音交じりのD.J.を一所懸命に聞いていたものだ。 そんな古い縁のあるラジオ局だが、とんと試写会にはご招待いただけない。 アリエッティは人気作だと思うが、滅多に当らない試写に当って嬉しかった。... [続きを読む]

» 映画レビュー『借りぐらしのアリエッティ』 (mymbleの映画カフェ)
試写会の券をいただき家族で観てきました。『床下の小人たち』は若い頃愛読していたのでとても楽しみにしていました。突然のスコールのような土砂降りの中、よみうりホールへ向かいます。 古い家の床下に住み、人間の世界から少しずつ食べ物や暮らしに必要なものを「借り」..... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (俺様blog)
試写、観てきました。 ジブリ最新作。 (声) 志田未来 神木隆之介 大竹しのぶ 竹下景子 三浦友和 樹木希林 藤原竜也 人間に見つからないように密かに暮らす小人のアリエッティと、 ある人間との出逢いの話。 さらっと、あっさーり、って感じな作品でした。 94分という上演時間で、さくっと観れちゃったという印象。 特に難しいこともなく、わかりやすい一本道のストーリー。 それが好きか嫌いかは好みの問題。 「仮暮らし」ではなく「借り暮らし」の意味も浅い。 「借り」のお礼、もしくは「返し」は、... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (メルブロ)
借りぐらしのアリエッティ 321本目 2010-25 上映時間 1時間34分 監督 米林宏昌 出演 志田未来(アリエッティ) 、  神木隆之介(翔)     大竹しのぶ(ホミリー) 、 竹下景子(貞子)      藤原竜也(スラピー) 、  三浦友和(ポッド)      樹木....... [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、少しラストに触れています。主題歌を歌うセシル・コルベルのミニライヴ、監督らの舞台挨拶付き試写会(7月2日大阪)で『借りぐらしのアリエッティ』(脚本・宮崎駿、監督・米林宏昌)を見た。 ぼくは、... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (とりあえず、コメントです)
メアリー・ノートン著『床下の小人たち』を原作にアニメ化したファンタジーです。 原作を読んだこともあったので、この物語をどのように映像化したのか楽しみにしていました。 爽やかな風とささやかな希望を感じるような素敵な作品でした(^^) ... [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美しい。 上映時間も1時間半程度でテンポ良く進み、いいムードの中で終わる。 ――でもそれだけ。 モデルは東京の小金井市だそうだが、イギリスの小説をわざわざ日本を舞台に置き換えて作る理由が良くわからない。実写ならいざ知らずアニメなんだから... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」   [続きを読む]

» 映画 『借りぐらしのアリエッティ』 (アニメって本当に面白いですね。)
借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮崎駿   アニメ制作 : スタジオジブリ   http://karigurashi.jp/ ...... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (小泉寝具 ☆ Cosmic Thing)
 日本  アニメ  監督:米林宏昌  出演:(声の出演)      志田未来      神木隆之介      大竹しのぶ 【物語】  古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から 借りてくる借りぐらしの小人たち。 そんな小人一家の14歳、アリエ...... [続きを読む]

» 映画<借りぐらしのアリエッティ> (美味−BIMI−)
早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>! ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言っていた小人の少女に出会った――。 人間に見られてはいけない。 それが床下の小人たちの掟だった。 イギリスのメアリー・ノートンの「床下の小人たち」を基に、 古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。 日本語版は「小人の冒険シリーズ」として、岩波書店から発行され... [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ 感想 ~これは小人と人間の物語~ (サイネリア~わたしのひとりごと~)
2010年7月17日公開『借りぐらしのアリエッティ』観てきました。 ネタバレになりますのでまだご覧になってない方はご注意を。 [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『借りぐらしのアリエッ....... [続きを読む]

» 映画レビュー『借りぐらしのアリエッティ』 (mymbleの映画カフェ)
試写会の券をいただき家族で観てきました。『床下の小人たち』は若い頃愛読していたのでとても楽しみにしていました。突然のスコールのような土砂降りの中、よみうりホールへ向かいます。 古い家の床下に住み、人間の世界から少しずつ食べ物や暮らしに必要なものを「借り」..... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月18日(日) 21:25~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『プレデターズ』公式サイト 高齢化の激しいスタジオ・ジブリ。美術館館長以来、長編に新しい監督登場。 スペクタクルなシーンが目に付くジブリの劇場長編だが、本作は派手な動きも無くまったりと流れる。予告編での樹木希林吹替えのババアの「み~つけたぁ。」から、激しい展開なのかと思ったら、そんなことはない地味な救出活動であった。まあ、神木君吹替えの少年は、手術前... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた―     監督 : 米林宏昌     企画 : 宮崎駿     原作 : 『床下の小人たち』メアリー・ノートン【comment】 小さな小さなアリエッティの小さな小さな物語― アリエッティは14... [続きを読む]

» 「借りぐらしのアリエッティ」 (みんなシネマいいのに!)
 昔、「小学一年生」という学習雑誌に「わんぱくミューたん」という小人が主人公の漫 [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (だらだら無気力ブログ)
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別れを..... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (映画、言いたい放題!)
ブログネタ:夏映画、気になるのは? 参加中 試写会に招待して頂きました。 前回のスタジオ・ジブリ作品「崖の上のポニョ 」が 全く肌に合わなかったので、 観に行かないつもりだったのですが、 せっかくご招待して頂いたので。 監督は宮崎駿さんじゃないんですよね... [続きを読む]

» [映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしいものであるかを私は語ろうと思っていたのだ。 「ポニョを出せ! この野郎!」「宮崎が亡くなったら、ジブリはピクサーに勝てないぞ!」と言おうと思っていた。    ◇  ・・・しかし、『アリエッティ』、とても面白かった。  先ず、最初から30分ほどが、私的には「神映像」であった。  先ず、色彩豊かな... [続きを読む]

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」 (FREE TIME)
話題の映画「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。 [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7月19日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  宮崎さんはこの作品の出来映えに納得されたのだろうか・・・。  本当に鈴木プロデューサーは『崖の上のポニョ』超えを狙っているのだろうか・・... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

» 映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると (soramove)
「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床下の小人たち )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ジブリ作品は最初から高いハードルが目の前にあり、 見る側もそれ相当の「何か」を求めて劇場へ行く、 いまひとつ、という感想を聞いてい... [続きを読む]

» 映画:借りぐらしのアリエッティ 今、この物語を映画化する「意味」とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
当ブログでは、通常ネタバレしないように最大の配慮をしているつもり。 なのだが、今回に限ってはラストにふれることで、この映画の価値について論述したいので、あらかじめ。 【以下、ネタバレ】 ラスト、主人公アリエッテイは、生まれた時から住み続けた借りぐらししてきた家から追われる。 家族とともに、様々な敵からなんとか身を守りながら、次の住家を探す放浪の旅へ。 この仮ぐらしの種族自体が「絶滅」に向かっており、明るい希望は持てない。 それを見送る少年、翔 のこれからも、決して明るくはない。 健康状態はお... [続きを読む]

» シネマ『借りぐらしのアリエッティ』を観て (マダムNの覚書)
映画「借りぐらしのアリエッティ」を観た感想です。 [続きを読む]

» ジブリらしいヒロインが帰ってきた!『借りぐらしのアリエッティ』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオ・ジブリの最新アニメ映画。古い家の床下に暮らす小人一家と人間との関係を描いた作品です。 [続きを読む]

» 「借りぐらしのアリエッティ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で... [続きを読む]

» 映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。 [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。  アリエッティは両親と一緒に暮らしています。  彼ら小人たちは、家の床下に自分たちの住居をこしらえ、ただ電気とか水道、食物などは、人間のものを少しだけ“借りて”います(それで「借りぐらし」なわけです。とはいえ、むろん返すことはありませんから、... [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』’10・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...)
あらすじ郊外の古い屋敷に住んでる小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを、必要なだけ人間の世界から借りて生活していたが、アリエッティが初めて借りに出た夜、病気の静養... [続きを読む]

» 映画:借りぐらしのアリエッティ (よしなしごと)
 観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。 [続きを読む]

» 『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原...... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (銀幕大帝α)
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arriettys Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹...... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (単館系)
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共演かな? 志田未来さんと神木隆之介さんはは昨日NHKでやってい...... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (いやいやえん)
ジブリ作品。郊外の広大な古い屋敷で小人のアリエッティの一家が必要なものを「借りて」暮らしていた。そこに、療養で12歳の少年・翔がやってくる。 地味ながらもあたたかな小品だったと思う。 アリエッティの初めての「借り」にはその小ささから普段見る事のできない人間サイズの物に対する目線の楽しさがあったし、それにやっぱり描きこまれている背景は素晴らしいと思う。 ただ、ドールハウスやシルバニアファミリーのような小さい彼らの生活自体には楽しいものがあるんだけど…如何せんわかりやすいストーリー的なオチはな... [続きを読む]

» 借りぐらしのアリエッティ (RISING STEEL)
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...... [続きを読む]

» No.291 借りぐらしのアリエッティ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニ ... [続きを読む]

コメント

TBありがとうございます!
ニーヤ、猫バスに似てるって私も思いました^^

ブログのデザイン、きれいですね!下の写真はシドニーですね♪行ってみたいです♪
またおじゃまします☆

コメントありがとうございます。
ニーヤの、あのマルマル具合がすばらしいですねー。
ブログデザインはテンプレなので・・・・シドニー行ったことはないのですよ。
スミマセン。
のん子さんは褒め上手ですね♪

TBどもどもです^^

借りって楽しいねって言葉、確かに印象的でした。
そして、あの猫の表情はモロ猫バスでしたね~^^

食べ物の写真、美味しそうです♪ (特につけ麺美味しそう^^)
自分も食べるの好きなんで、またおじゃまさせて頂きます☆

白黒兎様、コメントありがとうございます!
やっぱり皆さん、あのシーンはもしや!?
て思ってしまうのですねー。

写真褒めてくださってありがとうございます☆
ゼヒ、うさぎさんのイチオシ教えてください♪

コメントを投稿