フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

中華そば etc. (つけ麺 雀@四ツ橋)

アメリカ村にあるお店です。
遅い時間に行きましたが、人が次から次へとやってきます。
人気ですねー。
食券で選んで着席です。
ココは、普通のファッション雑誌とかも置いてあって、
女子には良いお店ですねー。

つけ麺 雀

中華そば(¥660)
9~12月限定だそうです。
久しぶりに普通のラーメンを食べましたが、
おいしい!
トンコツ?のこってりした感じもありますが、
最後に煮干しがドカーンとやってきます。
アツアツだし。
麺にスープも絡まってるし。
もう文句のつけようが無い。
と思うくらい久々に満足しました。
12月までなんて勿体無いです。
3月くらいまでやればいいのに。

つけ麺 雀

特製つけ麺・大(¥1050)
特製って味玉+チャーシューのことらしいです。
大盛(300g)が無料だったので、お願いしてしまいました。(※並は200g)
麺はこちらの方が細めかな?
お肉が、ボリューミーで食べ応えが有りました。
肉好きにはぴったりですね。
汁もラーメンとは違って色々な魚介系の味がします。
私はラーメンのほうがスキでした。
カウンターの上には、スープ割りが置いてあって、
レモン汁っぽい酸味がありました。
あっさりさせるのかな。

それにしてもラーメン。
終わる前にもう一度食べに行きたいです。(8)

 ---
つけ麺 雀 (6/2 OPEN)
住所:大阪市中央区西心斎橋2-11-11
電話:06-6211-1174
営業:11:30~22:00 (※'10/11 改定)
休み:第3水

2010年9月28日 (火)

ゲキ×シネ 『蛮幽鬼』

ゲキ×シネ 『蛮幽鬼』

試写会で見ました。
上映中に休憩がある映画は2度目です。
映画っていうか劇ですが。

お話は、留学時に友達を殺した濡れ衣を着せられた主人公が、
真犯人探しと復讐に自分の国に戻ったら・・・。
というお話です。
意外にも真犯人が近くにいてびっくりです。
そして、この人が発端だったなんて・・・。
と、さらにびっくりです。
いやー人間って複雑ですね。

劇をスクリーンで流すだけなので、いきなり始まります。
主人公の上川さん、中々迫真の演技で、存在感があります。
堺さんもダークな役柄なのに、コミカルな演技で、
重たくなりがちなストーリーを軽減している気がします。
この有名所の先輩より、目が行くのが早乙女太一君。
彼はすごいですねー。
劇の中盤から徐々に出番が長くなり、
最後の方の殺陣は、優雅ですばらしかったです。
映像で見てもスゴイですから、
生で見た方は、もっと感動されたでしょうねー。

劇というのを忘れるくらいのカメラワークで、
映画でも十分楽しめました。
お金かかってますねー。
劇見てみたかったなー。(182分)

http://www.banyuki.com/ (10月2日公開)

桜田門外ノ変

桜田門外ノ変

試写会で見ました。

今年、時代劇流行っているのですか?
個人的には、何の思い入れも無いのですが。

お話は、タイトル通り、
桜田門外ノ変を起した前後から始まり、
最後がどうなったか散り散りになった仲間の姿を
追っていく。
というお話です。

私、あんまり歴史は詳しくないのですが、
コレ、やろうとした理由が浅過ぎます。
誰も頼んでないのに、アイツさえいなければ・・・。
みたいな感じなっちゃって、
誰もその安直な考えに異を唱えないのが
不思議。
そして、その当日、作戦実行する人しか
周りにいないのですよ。
ということは、普段あんまり人気が無いところじゃないの?
見回ったら、ヤバイっていうのがバレちゃうんじゃないの?
実行できたのが逆にすごいと思いました。
が、
その後、思惑がはずれどんどん悪い方向へ進みます。
もうね。
2/3は、暗い。
簡単に人がザクザクいなくなっちゃって、
もったいないなーと思ってしまいます。
結局、彼らの読みが甘かったからだとは思いますが、
周りの人がかわいそうでした。
大沢たかおの周りの人が、大変な事になっていましたが、
きっと、彼だけではなく、実行した人たちの家族も
同じ目にあっていると思います。
ひどすぎです。
と、最後まで全然よいところが無くて、
どよーんとした感じで終了です。

まー歴史人物は、良い人風に描かれていても、
逆から見ると微妙な人だったりするので、
井伊さんもそんな感じだったでしょうかねー。
キャストは、豪華過ぎますが、
私には、何が良かったのかサッパリ分らない映画でした。(137分)

http://www.sakuradamon.com/ (10月16日公開)

スペシャルカレー (ダイニング・バー渡部@北新地)

ダイニング・バー渡部 ダイニング・バー渡部

新地にあるバーが平日お昼はカレーをやっているというので、
行ってみました。

割と古いビルなので、エレベーターがちょっと怖い。
そして、お店の中が見えない扉を開けるのにちょっと躊躇。
結構賑わっていました。

スペシャルカレー(¥900)にしました。
ラーメンで言う全盛りですね。
周りは、常連風な方々ばかり。
完全アウェイです。

まずパンが出てきました。
エビフライに時間がかかるようです。
丸パンで、食べやすくて、ヒマだったので、
出てくるまでに食べ終わったら、
「カレーと食べたらよかったのに・・・・もう1つ出しましょうか?」
と言われましたが辞退。
私的にはどちらでもよいのですよ。
カレーは、キーマ・チキン・ポークの3種類です。
チキンがやっぱ一番スキかなあ。
スパイスが効いた洋風カレーという感じです。
それよりもエビフライがプリプリで大きくて、
衣で偽装していなくて、すっごい美味しかったです。
お野菜も素揚げしてあって、カレーに良く合います。
全部食べ終わったら、すっごくおなかいっぱいになりました。
これで900円は安いですねー。
誰もスペシャル頼んでなかったんですけどね。
おかしいなー。

滅多に平日新地に行かないので、新鮮でした。(7.5)

※追記:移転('11/12)

 ---
ダイニング・バー渡部
住所:大阪市北区曾根崎新地1-3-3 好陽ビル4F
  → 大阪市中央区南船場3-7-23 2F (2011/12/19~)
電話:06-6345-6161→06-6243-5588(新)
営業:11:00~23:00
休み:未定

2010年9月27日 (月)

大奥

大奥

試写会で見ました。

マンガ(原作)は1巻だけ読みました。
その甲斐があって、1巻のお話でした。

貧乏な家に生まれたニノが
いい年になったので、大奥に奉公に出て、
その社会のウラを見て、ウゲーとなっちゃう感じのお話です。

将軍が女子で、大奥に男子。
しかも全てイケ。
正直、どこにイケが!?と聞きたくなるほど、
私の琴線に触れるイケがいなかった・・・・・。
なんでだろ。
皆、和装だったからでしょうか?
その中でもニノはまだまともな方でしたが、
背が小さいのがもったいないです。

そして、女子だけかと思ったら、
大奥に入ったら男子もなんかドロドロしているし。
皆、女性ホルモンでも打ってるの?てくらい
流し目風だし。
阿部サダが・・・イケ??
イヤー色々微妙なところはありましたが、
ほぼ漫画通りのストーリーで、
あーその次、こうなっちゃうんでしょ?
と察してしまいます。
映画を楽しみたい方は、
漫画読まないほうがよいと思います。

柴咲コウが一番ハマっていた気がしますね。
物事の収め方がキレイでした。

ニノの実家は可愛そうですが、
まーメデタシ系ではないでしょうか。
最後に、美男を宿下がりするシーンがあるのですが、
そのときに、阿部サダがいなくて、あーやっぱり?とニヤニヤしてしまいました。
いい役ですねー。(116分)

http://ohoku.jp/ (10月1日公開)

2010年9月26日 (日)

食べて、祈って、恋をして

eat-pray-love

面白そうだったので映画館に見に行きました。
基本、2時間までは頑張れますが、ちょっと長丁場。
しかもレイトショー。
ミスチョイス。座り続けて腰が痛いです。

お話は、一人の女性の数年間をドキュメンタリーにした感じです。
バリの占い師さんに言われたことが
ホントかも!?と色々我慢していたことを
実行してしまいます。
私もバリのこの人に診てもらいたいです。

私は、日本人なので、ジュリア・ロバーツのように、
エイヤッと簡単に旅立つ決心がなかなかつきません。
やっぱり英語もちょっと覚えて、
現地の国の言葉もちょっとしゃべれて・・・と
なってしまうからです。
こういう所は、英語が標準語の方々がスゴク羨ましい。
全世界の共通語が日本語だったらいいのに。
と夢見てしまいます。
そしたら、日本から旅行に行く人ももっと増加すると思います。
・・・・・・世界的に見たらちっさいですね。

最初に行ったイタリアのご飯がすごく美味しそうです。
私もイタリアに旅行に行ったので、
あーなんか見たことあるなーという景色があちこちにあって、
懐かしくなります。
でもパスタを食べる所が、ちょっとワイルドすぎて引いてしまいました。
出されてから食べ終わるまで結構時間があったので・・・・。
あんなにたくさんのパスタを食べるのは大変だと思いますが、
見るほうもしんどいです。

次に行ったインドは、ごちゃごちゃしているけれど、
色鮮やかできれいでした。
ここのグルが出てくるかなーと思っていたけど、
結局出現されず、写真のみ。
ちょっとサイ〇バを思い出します。

ラストのバリ。
棚田がすごくステキでした。
バリが一番のんびりとしていて、ステキです。
おうちもステキだったし。

どれもステキな風景で、ジュリア・ロバーツがどこに行っても、
お友達ができたり彼氏ができたりして羨ましいです。

よい映画だとは思いますが、やはり間が長い気がします。
もう少し、短くして抑揚があれば、ウケたのかもしれません。

コレを見たら旅に出たくなります。
お金、よく続いたなー。
私もお金と暇さえあれば、世界進出してみたいものです。
でも、しゃべれないとダメか。(堂々巡り)(133分)

http://eat-pray-love.jp/ (9月17日公開)

2010年9月25日 (土)

禁断の惑星

Forbidden_Planet

すっごい古い映画を見せられました。

ある惑星にいる人を救出しに着たのに、
そこで、未知なる怪物と闘うことになり・・・。
みたいなお話です。

もう絵が古い。
そして、そこは本当に宇宙ですか?
と驚くくらい、重力も酸素も地球並み。
ありえないわー。
そして、そこで生活していた博士。
彼はどうやって食料を調達しているの?
と思うくらい普通です。
さらに、お手伝いロボットがいるのですが、
それがまた古い。
博士は、IQがすっごい高くなっちゃった。
と自慢されていましたが、そのIQで、こんなロボット?
と驚いてしまいます。
1台だけじゃなくて、沢山作っとけばいいのに。
あんまりかっちょよくないし。
博士の娘も、普通に暮らしていて、
あのくらいの年になれば、友達とか欲しそうですが、
全然気にしていないし。
なぜかトラとかもいるし。
サッパリ設定が分らない。
色々なSF映画を見てしまった後だと、
このローテクがある意味新鮮です。
最後のほうは、ホラーっぽいし。
この時代に見たらかなり衝撃的だったんでしょうねー。(98分)('56米公開)

2010年9月24日 (金)

一燈つけ麺 etc.(つけめん 一燈行@心斎橋)

つけめん 一燈行

いつのまにか、"まこと屋"が違うラーメン屋に名前が変わっていました。
今の流れに乗っかったのでしょうかねー。
近くの味噌ラーメン屋さんが潰れていてショック。
これから良い時期だったのになー。
食券を購入して、席に着きます。

つけめん 一燈行

焼き餃子(¥240)
いつもあったら頼んでしまいますが、
いつも普通だな。と思ってしまいます。
普通ってホメ言葉?

つけめん 一燈行

一燈つけ麺・中(¥880/330g)
「一燈」がつくつけ麺と何もつかないつけ麺があるのですが、
一燈がつくのは、写真のとおり、麺の上に生卵と豚バラが乗っています。
つかないのは、何もありません。
絵的には寂しい感じですね。
お肉は、汁の中にも入っているので、結構肉々しいです。
私は2人で行って、半分こしたので、なんとかクリアできましたが、
一人だったら、ハーフの量で十分です。
汁は、ちょっと変わっていました。
お魚が強いのかな?
どうせどこかで食べた事ある味のヤツでしょ?
とちょっと見下した感じでしたが、意外に頑張っています。
麺にも力を入れているらしく、傾奇者の袋がインテリアに使われていました。
しっかりとした噛み応えのある麺です。
スープ割りも、ゆずっぽような酸味がついているもので、
さっぱりします。

つけめん 一燈行

赤つけ麺・並+半熟味玉(¥680+100/220g)
コレ、普通に出てきましたが、赤い粉別に用意して、
掛けたい分どうぞ。ってやってくれたらさらに面白そうですね。
すっげー辛くしちゃう人、出てきますよね。
私、少し冷めてから食べたせいか、あんまり辛さが分りませんでした。
ちょっと明太子っぽいなーと思いながらズルズル。
私は普通の方がスキかなー。

つけめん 一燈行

半チャーハン(¥200?)もいただきました。
ちゃんとパラパラしているし、
味付けも丁度良いです。
中華料理屋さんのチャーハンみたいでした。
やるなー。

 

経営は「まことや」と同じのようです。
流行に乗ってしまったのでしょうねー。
意外にちゃんとしていてびっくりしました。(7.5)

追記:再び「まこと屋」に変わった?('11/11頃)

 ---
つけめん 一燈行 心斎橋店

住所:大阪市中央区心斎橋筋2-6-16
電話:06-6484-2058
営業:11:00~27:00 (金・土・祝前~5:00)
休み:なし

REDLINE

REDLINE

試写会で見ました。
アニメです。

声優とはいえ、キムタクと蒼井優がメインを務めているのに
あんまり話題にならないのは、
ナゼでしょうかねー。

お話は、正直今でもよくわかりません。
状況説明があんまりないのです。
人間や人間じゃない形のものがいるし、
いきなり中盤部分を抜き出したみたいな映画です。
まー敢えて言うなら、
未来のカーレーシングを軸に
友情やら恋愛やらライバルやらゴタゴタした感じです。

画に統一感がなくて、
キャラもなんだかどこかで見たような。
主人公は、ル○ンぽいし、
おやじって呼ばれていた調達係は、
千と千尋の薬調合しているひとっぽいし。
同じカーレースの話だからか、
なんだか、マッ○GoGoGoを思い出してしまいました。
レース中は、迫力があって、良かったです。
私的には、加速するとナゼ腕が伸びる?怪物君か?
と大変疑問でした。
最後のほうの、未確認兵器VSタコみたいな戦いの結末も
結局ウヤムヤのまま終わってしまうし。
エンディングが出たときは、思わず「えっ?」て言っちゃいました。
なんだこの終わり方。
と、私は、この映画に全くノレませんでした。
外人の方だと面白いのかなあ。
残念です。(102分)

http://red-line.jp/ (10月9日公開)

2010年9月23日 (木)

トンテキ定食 (東京トンテキ@なんばPARKS)

東京トンテキ

なんばパークスに最近できたお店です。
いつの間にかイロイロ入れ替わっていますね。
びっくり。
こちらは、TVで紹介されたからか、
お昼時をずらしても行列。
だけど、お店の中は割りと空いている席が目立ちます。
なーぜー。

東京トンテキ

トンテキ定食(¥1000/並)にしました。
ご飯はタダで大盛りにしていただけるようです。
私は、普通盛でしたが結構な量でした。
スープは、飛行機で飲むようなコンソメスープの味がします。
だけど、豚の店ですものね。
トンコツなんぞで出汁とっているのでしょうか?
よくわかりません。
トンテキは、低温のラードにじっくりつけ焼きしたもの(コンフィ)だそうです。
もう製法聞いただけで、女子はウエってなりそうですが、
見た目はそれほどギッシュな感じがしません。
ニンニクが効いたタレが、ご飯に良く合います。
でも、そんなにお肉が柔らかいわけではないので、
大きめにきると、結構長時間モグモグしなければなりません。
付け合せのキャベツは、下にソースが溜まっていて、
その温度にやられるせいか、シャキシャキ感がドンドンなくなってしまいます。
もったいない。
別皿にすればいいのに。
味変え用にマヨとバルサミコもあるので、試してみたらよかったなー。
トンテキにマヨって・・・・・合いそうだけど、かなりハイカロっぽいですねー。
全部食べ終わって、お店を後にしたのですが、
じわじわとラード効果がやってきます。
胃もたれが激しい。
私、コレよりもポン酢で食べたいです。
ソース自分で選べたらいいのになー。
美味しかったけれど、当分いーかなー(7)

 ---
東京トンテキ 大阪なんばパークス店 (8/14 OPEN)
住所:大阪市浪速区難波中2-10-70なんばパークス6階
電話:06-6599-8113
営業:11:00~23:00
休み:なし(なんばPARKSに準じる)