フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 神戸牛のミートパイ・他 (神戸牛のミートパイ@阪神百貨店うめだ本店) | メイン | 郊外のカフェ (チッポグラフィア@豊中) »

2011年5月 3日 (火)

マイ・バック・ページ

マイ・バック・ページ

試写会で観ました。

学生運動のリーダーと
リーダーを追いかけるジャーナリストのお話です。

密やかな活動なので、
地下組織っぽくて、全体的に暗い感じです。
マツケンは、偽名使うし、
リーダーって言いながら、
自分に楯突かなさそうな子としかつるまないし、
見栄っ張りで、肝心な事は人にやらせるし、
捕まったら、すぐ人のせいにして
ある事ない事ペラペラ喋っちゃうし、
全然、ダメな子です。
偽名は、梅山というのですが、
途中から、コイツはウソ山だな。
と思ってみていました。

妻夫木君もなんで、肩入れしちゃったんでしょうねー。
自分も学生運動に参加したかったのか、
独占スクープを取りたかったのか。
彼の真意は分かりませんが、
梅山に関わったばっかりにもったいないなー
と思ってしまいました。

忽那さんのシーンは別にいらないんじゃないの?
と思うのですが、実話にもあったから混ぜたのでしょうか?
女子が少ないから花的な感じ?

とりあえず、マツケンに関わった子達は
大体悪い方向に行ってしまってかわいそうだなー。

個人的には、学生運動とかに全然興味がないので、
あんまり観なくてもいいかなーと思ってしまいました。
スミマセン。
キャストは豪華なんですけどねー。(141分)

参考記事:映画『マイ・バック・ページ』の見方


http://mbp-movie.com/ (5月28日公開)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/26379161

マイ・バック・ページを参照しているブログ:

» マイ・バック・ページ 2011.4.27 (Penguin Cafeのいろいろ感想文)
タイトル:「マイ・バック・ページ」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338494/ 日にち:2011年4月27日(水) 場所:都内試写室(試写会)==================== 1970年前後の学生運動を中心とした作品。 妻夫木聡は新聞記者。 松山ケンイチは学生左翼運動家。 どちらも若く、理想に燃えて行動している、様に見える。 妻夫木扮する記者は、自分の希望と違う部署に回されて、良心の呵責に耐えながらも街の下層... [続きを読む]

» 映画「マイ・バック・ページ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは9割くらい、妻夫木×マツケン共演作だからなのか女性客が多い。 [続きを読む]

» 試写会「マイ・バック・ページ」 (かんげき♪ - 夢館 -)
2011年5月20日(金)18:30開映(上映時間 2時間21分) IMPホールにて 監督/山下敦弘 原作/川本三郎「マイ・バック・ページ」(平凡社刊) 脚本/向井康介 音楽/ミト(fromクラムボン),きだしゅんすけ 主題歌/「MyBackPage」真心ブラザーズ+奥田民生(キューンレコード... [続きを読む]

» マイ・バック・ページ (気ままにブログ)
 4月27日(水)アスミックエース試写室にて映画「マイ・バック・ページ」を鑑賞。  妻夫木&松ケン初共演も気になるが、全共闘時代の事実を元にした映画とのことで観たいと思った作品です。  原作...... [続きを読む]

» マイ・バック・ページ (LOVE Cinemas 調布)
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中村蒼ほか若手ベテラン共に実力派が揃った。監督は『天然コケッコー』の山下敦弘。... [続きを読む]

» [映画『マイ・バック・ページ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画、面白い!  二時間半の長尺だが、夢中になってみた。  内容は、東大安田講堂事件以後の、輝きを失いつつある全共闘運動を背景にした、とある、運動家か、運動家に憧れる者か、正体判別つからざる「革命家」と、遅れてきた運動同調派・新米左翼ジャーナリス...... [続きを読む]

» 映画『マイ・バック・ページ』 (よくばりアンテナ)
ちょうど40年くらい前の、 よく、団塊の世代の方々の青春時代、「全共闘時代」の頃。 『ノルウェイの森』や『TAROの塔』や『ゲゲゲの女房』にも描かれていた、 何か新しい時代の幕開けを予感させるような...... [続きを読む]

» 映画「マイ・バック・ページ」そんな時代もあったねと (soramove)
「マイ・バック・ページ」★★★☆ 妻夫木聡 、松山ケンイチ、 忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵出演 山下敦弘監督、 141分 、2011年5月28日日公開2010,日本,アスミック・エース (原作:原題:マイ・バック・ページ - ある60年代の物語)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「映画の内容は詳しくは知らなかったが 妻夫木 聡と松山ケンイチの共演がどんなか 興味があ... [続きを読む]

» 勘違い男の暴走。『マイ・バック・ページ』 (水曜日のシネマ日記)
1969年から1972年を舞台に左翼思想の学生と雑誌記者の関係を描いた作品です。 [続きを読む]

» ■映画『マイ・バック・ページ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシーンで、... [続きを読む]

» 映画「マイ・バック・ページ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイ・バック・ページ」観に行ってきました。 学生紛争の末期となる1969年から1972年の日本を舞台に、雑誌記者と自称革命家との出会いから破滅までを描く、妻夫木聡と松山ケンイチ主演の作品です。 この映画は、1971年8月21日の夜に実際に起こった「朝霞自衛官殺害事件」を元に作られています。 「... [続きを読む]

» 『マイ・バック・ページ』 若者に足りないものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  誰が云ったか知らないが、よく持ち出される言葉にこんなものがある。[*]  「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない...... [続きを読む]

» マイ・バック・ページ (花ごよみ)
監督は山下敦弘。 川本三郎のノンフィクションの映画化。 キャストは妻夫木聡 、松山ケンイチ、忽那汐里、 石橋杏奈、中村蒼、あがた森魚、三浦友和… あるジャーナリストの、 衝撃的な過去の出来事を描いています。 1969年、沢田(妻夫木聡)と関わった 活動家、梅山...... [続きを読む]

» 『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...... [続きを読む]

» マイ・バック・ページ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿