フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 焼き小龍包・他 (ロンタン@玉造) | メイン | 或る日のランチセット (こと平 谷町二丁目出張所@谷町四丁目) »

2011年5月 7日 (土)

さや侍

さや侍

試写会で観ました。

松っちゃんの映画って
一回も観たことがなかったのですが、
評判は、「意味が分からない」と
薄々聞いていたので、3作目のこちらも
どうなのかなーと思いながら鑑賞。

妻を亡くしてから、鞘しか持たないお侍さんが
30日以内に殿様の息子を笑わせたら、
無罪放免。と言われ、娘と周りの人と
色々考えながら毎日、ネタを披露する。
というお話です。

仕事を放棄したから、罪人。
という設定が、何だか厳しいなーと思ってしまいました。
せめて、島流しで良いような。
切腹って、それならもっと重い罪やったらよかったのにー。
そして、毎日いろんな芸が繰り広げられるのですが、
確かに面白くない。
沢山ありましたが、1割くらいかな。まともに面白いのは。
後は、どちらかというと苦笑って感じです。
それでも一生懸命やっている姿は、胸を打たれます。
ふすまのシーンは、本当に大変そうでしたが、
アレ、横から見ないと面白さが分からないと思います。
てか、毎日あの仕込み誰が作ってるのかしら??

そして、看守人も一緒に考えてあげる所も面白いです。
普通だと、そこまで関わらないでしょうってくらい、
一緒に牢にの中に入って指南します。
ほっとけないんでしょうかねー。

スパイスは、娘です。
彼女は、小さいながらはっきりとした物言いで、
こんな恥をさらすなら自決しろ。と促します。
身寄りがないのに、自分のことを考えず、
侍としてのプライドを持て。と言う所がすごいと思います。
最後のほうに、お父さんが手を繋ぐのですが、
そこで満面の笑みで振り返る所が泣きポイントですね。

最後は、お坊さんがキム兄だと思っていたのですが、
全く違って、意外なポジションでびっくりしました。
アレ、誰なんですかねー?

それにしても主人公に素人を使ったというだけあって、
ほとんどセリフがなく、無表情で淡々とこなす姿で
逆に観客は、想像力を掻き立てられると思います。
笑いあり涙ありで、ちゃんと時代劇チックで
普通に面白かったです。

松っちゃんがどこかにチラリと映っていると仰っていましたが、
どこにいたんでしょうかねー(103分)


http://www.sayazamurai.com/ (6月11日公開)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/26398505

さや侍を参照しているブログ:

» さや侍 (LOVE Cinemas 調布)
『大日本人』、『しんぼる』に続くダウンタウン・松本人志監督の第3弾。前2作とはがらっと変わり今回は時代劇に挑戦だ。脱藩の罪で捕まった主人公が、母を亡くした事で笑顔を失った藩主の息子を笑わせるための“三十日の業”を通じて娘との絆を取り戻していく様子を笑いと感動を交えて描いている。主演は野見隆明、共演に熊田聖亜。他にも板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村隼と言った個性派が揃う。... [続きを読む]

» さや侍 (あーうぃ だにぇっと)
5月23日(月)@ニッショーホール。 松本監督の前2作は観ていない。 映画館にまで足を運ぶ気がしなかった。 試写会当てたかったが、これがまた当たらないのだ。 今回の「さや侍」も結局当たらなかった。 しかたなく(笑)50円ムービーの掲示板で買い付けた。 送料込み500円の図書カード1枚。 ひとりあたりコストは290円。... [続きを読む]

» 映画 「さや侍」 (ようこそMr.G)
映画 「さや侍」 [続きを読む]

» 『さや侍』 完成披露試写会 (大阪LOVER)
鞘(さや)しか持たない侍とその娘、30日間の戦いー。 『大日本人』『しんぼる』と、独特の視点と感性で作品を世に送り出してきたダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。侍として戦っていくことをやめた男と、そんな父を軽べつする娘のきずなや葛藤(かっとう)を、独自の笑いと悲しみを交えて映し出す。侍の男に、バラエティー番組「働くおっさん劇場」で人気を博していた野見隆明、その娘を『僕の初恋をキミに捧ぐ』の熊田聖亜が演じる。時代劇らしからぬ..... [続きを読む]

» 映画『さや侍』 (闘争と逃走の道程)
 松本人志第三回監督作品。主演俳優がド素人という異色さが注目された作品ですが、案に相違して、中身はしごくまっとうな、映画らしい映画でした。ラストには少し驚きがありますが、そこはネタバレしない方向...... [続きを読む]

» 【映画】さや侍 (★紅茶屋ロンド★)
<さや侍 を観て来ました> 製作:2011年日本 観て来ました…とかいって、実は観たのは大分前。3月?4月?そのくらい。 東北大震災が起こってから、初めての試写会で鑑賞しました。それも、松竹のスニーク試写会で。 スニーク試写会とは、映画館に行って、上映されるまで、観客は何が上映されるのか全く知らされないシークレット試写会の事。私も松竹だから、何が上映されるのかとっても楽しみにしていったのですが…(笑) まさか「さや侍」とはwww 実は、監督である松本人志の作品は一つも見た事がありません。... [続きを読む]

» さや侍 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>> ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。 そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしていたのだが、 無断で脱...... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「さや侍」 (日々“是”精進! ver.A)
さや侍は、何を持って戦うのか・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106140004/ マンスリーよしもとPLUS (プラス) 2011年 07月号 [雑誌] posted with amazlet at 11.06.06 ワニブックス (2011-06-01)... [続きを読む]

» [映画『さや侍』を観るもつまらなかったので<TSUTAYA>へ] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終えて、「映画を見るので帰宅が遅くなる」と母親に連絡したら、「(小5の)姪っ子が友人4人を連れて家で遊んでいる」とのこと・・・、  私はよっぽど、映画なんてやめて、コンビニでシュークリームでも買って帰って、少女たちの人気者になろうと思ったのだ...... [続きを読む]

» さや侍 (だらだら無気力ブログ)
人気お笑い芸人・松本人志が、「大日本人」「しんぼる」に続いて手掛けた 映画監督作第3弾。自身初の時代劇に挑戦し、ある理由からさやしか持たない 侍が、脱藩の罪で捕まり、幼い娘と共に無罪放免を懸けた“三十日の業”に 立ち向かう中で、次第に親子の絆が育まれてい…... [続きを読む]

» さや侍 (Akira's VOICE)
ラストが良い! それだけで満足。   [続きを読む]

» さや侍 (映画的・絵画的・音楽的)
 『さや侍』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)これまで松本人志の監督作品は肌が合わないのではと思って敬遠してきたものの、今回の作品は、従来のものとはだいぶ趣が違っているとのことなので、それならと映画館に出かけてきました。  実際見てみると、わけのわか...... [続きを読む]

» 切腹を申し付ける (笑う学生の生活)
13日のことですが、映画「さや侍」を見ました。 松本人志監督作品 どうしても 期待してしまうのですが・・・ 今までの作品と比べても 1番 映画らしい作りで ある意味 見やすい作品でした 若君を笑わせるための 三十日の業 これがベースとなるわけで まぁ、1日 1ネ...... [続きを読む]

» 『さや侍』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「さや侍」□監督・脚本 松本人志 □脚本協力 高須光聖、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留□キャスト 野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、伊武雅刀、國村 隼、りょう■鑑賞日 6月18日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(...... [続きを読む]

» 「さや侍」感想 (新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~)
 「大日本人」「しんぼる」に続く、松本人志監督最新作は、ある事情から刀を捨て、娘と共に脱藩した侍の悲哀を描く時代劇。    過去二作同様、全編通して多分のお笑い要素を含むものの、意外に中身はシリアス。まだ所々にアラが目立つものの、想像以上によく出来た作品。... [続きを読む]

» シネトーク64『さや侍』●松ちゃんはこの映画で何を目指したんだろう? (ブルーレイ&シネマ一直線)
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「最近、映画館で予告編を見てて『邦画って犬と難病ものが好きだね~』と思うことが多い」 シネトーク64 『さや侍』&『大日... [続きを読む]

» 『さや侍』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 さや侍 』 (2011) 監  督 :松本人志キャスト :野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、腹筋善之助、清水柊馬、竹原和生、伊武雅刀 独特の感性で作品を送り出してきた...... [続きを読む]

» 松本人志の第3弾。【映画】さや侍 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】さや侍 『大日本人』『しんぼる』に続く、 ダウンタウン松本人志監督の長編第3弾。 【あらすじ】 ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしてい... [続きを読む]

» さや侍(感想203作目) (別館ヒガシ日記)
さや侍は劇場で鑑賞も結論は前2作よりも良かったよ [続きを読む]

» 別館の予備(感想203作目 さや侍) (スポーツ瓦版)
8月7日 さや侍 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10973483574/84d1c777 [続きを読む]

» さや侍 (銀幕大帝α)
11年/日本/103分/時代劇コメディ/劇場公開 監督:松本人志 企画:松本人志 脚本:松本人志 脚本協力:板尾創路 出演:野見隆明、熊田聖亜、板尾創路、柄本時生、りょう、ROLLY、伊武雅刀、國村隼 <ストーリー> ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野...... [続きを読む]

» さや侍 (映画、言いたい放題!)
ブログネタ:今、お腹すいてる? 参加中 始終何か口にしてしまう私です。 映画を観る前には何かを食べ、 観終わったら、また食べに行ってしまう。 家で観る時は、 観ている間も何か食べているかも。 年中空腹。(爆) さて、松本人志監督の三つ目の作品。 一作... [続きを読む]

» さや侍 (我が頭に巣くう映画達)
68点 2011年の日本映画で、 監督はダウンタウンの松本人志さん、主演は野見隆明さんです。 刀を捨てた主人公の侍は、脱藩した罪により切腹を命じられるが、 30日の間に笑顔を失った若君を笑わせるこ...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿