フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« プリンセス・トヨトミ (万城目学) | メイン | キムラ君 (まる丈@日本橋) »

2011年5月16日 (月)

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ

試写会で観ました。

大阪城 西の丸庭園で初(映画上映)だそうです。
私、屋外って初めてです。
最初は良かったのですが、暗くなってから、すっごい寒かった。
こういうときは、温度調節できる服装で行かないとダメですねー。

舞台挨拶つきで、監督+メインキャスト4人+大阪府知事と市長という、
豪華なゲストで、最後は大阪城を真っ赤に。
お約束ですねー。

プリンセス トヨトミ プレミア試写会

プリンセス トヨトミ プレミア試写会

お話は、
会計監査院VS大阪国で、
攻防を繰り広げる。という感じのお話です。

微妙にと設定が違うし、
時間(尺)もないので、結構アレレ?な所が多いです。
中学生コンビの話が少なくて、
なんか薄いです。
プリンセスは、内田有紀みたいなくっきりした顔の子で、
イメージが違います。
まーそれを言ったら、ほぼ全員違うんですけどね。
本だと何となく辻褄が合いますが、
映画では、なんで大阪国が立ち上がったのか、
イマイチ弱いです。
鳥居さんの泊まってるホテルとか、
タクシーの運転手とか、
その辺から情報収集したら、わかるのになー。と。
後は、堤さんみたいにお父さんからこの事を聞かなかった人とか、
他府県から勤務している人や、女の人とか、子供とか
どこに隠れちゃったんでしょうねー。
全部が全部いなくなるわけないのになーと思ってしまいます。
さらに、綾瀬はるかさん、アチコチ走り回りますが、
どんだけ走るの?ってくらいとりあえず名所が映ります。
地理がめちゃめちゃです。coldsweats02
と、矛盾だらけですが、大阪以外の方が見たら、
それ程違和感ないのでしょうかねー。
最後も、堤さんが引く理由がよくわからないまま撤収。
本だったらもっとバックが大きいのになー。

まー観やすい映画ですし、コレで大阪PRになったらいいですねー。(119分)


http://www.princess-toyotomi.com/ (5月28日公開)

※参考:名代お好み焼き 太閤(映画とタイアップしたお好み焼き店)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/26454873

プリンセス トヨトミを参照しているブログ:

» プリンセス トヨトミ (とりあえず、コメントです)
万城目学著の同名小説を映画化したミステリーです。 原作が文庫化になったので買っていたのですけど、映画を観るまでは…と読むのを我慢していました(^^ゞ 物語が佳境になった時、予告編で観たとおりの無人の世界が広がっていきました。 ... [続きを読む]

» プリンセストヨトミ (シネマ日記)
試写会に行ってきました。この作品は原作を先に読んだ人とそうでない人でかなり感想が変わるようです。原作の人物の性別が映画とは逆だったり、後半の展開が大きく違っていることで原作ファンの期待を裏切る作品になってしまっているのかもしれません。ワタクシは原作を読...... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ 2011.5.17 (Penguin Cafeのいろいろ感想文)
タイトル:「プリンセス トヨトミ」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338644/ 日にち:2011年5月17日(火) 場所:都内ホール(試写会)==================== 原作既読です。 長編小説を2時間の映画にするにあたり、結構大胆に再構成されてました。 まずキャスティング。 岡田将生の役は原作では女性。名前(旭・ゲーンズブール)は原作のままで、原作通りハーフっぽい感じになってはいるけど…。 そして綾瀬... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「プリンセス トヨトミ」 (日々“是”精進! ver.A)
大阪国が独立宣言・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105280003/ プリンセス・トヨトミ (文春文庫) posted with amazlet at 11.05.24 万城目 学 文藝春秋 (2011-04-08) 売り上げランキング: 47 Ama... [続きを読む]

» 『プリンセス トヨトミ』 (こねたみっくす)
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ... [続きを読む]

» 「プリンセス・トヨトミ」感想 (新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~)
 万城目学原作の長編小説を映画化。実地調査のために大阪を訪れた会計検査院の3人は、歴史の闇に隠された、重大な秘密を目の当たりにする。    アイディアは面白い。「なるほど」と唸る部分も多々ある。特に終盤の展開は、男として思わずグッと来たりもした。しかし、全... [続きを読む]

» プリンセス・トヨトミ (Lemon Tea のマイブーム)
パイレーツを観に行ったのに 映画館はいっぱい。。。(;>_<;) で、今回は断念。 第二候補の「プリンセス・トヨトミ」を鑑賞しました。 大阪人だしね。 京都の「鴨川ホルモー」 奈良の「鹿男あをによし」の万城目学原作 大阪の「プリンセス・トヨトミ」が 堤真... [続きを読む]

» プリンセストヨトミ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
映画が公開になると去年知って、即座に原作読んでしまいました。ちなみに読書後の感想はこちらそこで映画のキャスティング確認したら・・・ミラクル鳥居と旭ゲンズブールの性別が逆転してるじゃないですか^^;えーーーーどう、まとめるんだ?って公開待ち望んでいたわけで... [続きを読む]

» 『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は? (映画のブログ)
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (I LOVE 韓流)
見てわかったこと。 [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (LOVE Cinemas 調布)
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務める。共演に中井貴一、和久井映見、笹野高史といったベテラン実力派が揃う。監督は『HERO』の鈴木雅之。... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月29日(日) 18:50~ TOHOシネマズ有楽座 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プリンセス トヨトミ』公式サイト 「世にも奇妙な物語」長編版といったレベル。 万城目学の原作小説は、もっと面白いと思うのだが。いあや、万城目学の小説は、一冊も読んでいないのだがね。 脚色、脚本、演出がよろしくないと思われる。 Wikiで原作との違いを読むと、すべてマイナスに作用している。プリンセス、活躍不足過ぎ。 元々つっこみどころ満載な題材な訳だが、... [続きを読む]

» 映画「プリンセストヨトミ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。 作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品です。 TVドラマ&映画版「SP 警視庁警備部警護課第四係」シリーズで好演した堤真一が主人公だったことが、今作をチョイスした最大の... [続きを読む]

» 『プリンセス トヨトミ』 試写会 (大阪LOVER)
大阪全停止。 その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 「鴨川ホルモー」などで知られる人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を、『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。会計検査院による査察をきっかけに、約400年もの間守られてきた秘密が発覚し、大阪中を巻き込む大騒動に発展していくさまを描く。物語の要となる3人の調査官を、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が好演。歴史に裏打ちされた緻密(ちみつ)な構成と、個性豊かな登場人物たちが織り成す奇想天外な..... [続きを読む]

» プリンセス・トヨトミ (Akira's VOICE)
面白味に欠けるドラマが退屈・・・。 [続きを読む]

» 映画「プリンセス トヨトミ」 (FREE TIME)
映画「プリンセス トヨトミ」を鑑賞。 [続きを読む]

» プリンセス・トヨトミ (★ Shaberiba )
大阪が全停止した。そこにある真実とは・・? [続きを読む]

» 映画『プリンセス トヨトミ』 (よくばりアンテナ)
↑この画像がね、原作の表紙とそっくりで、原作が好きなんだな〜と、愛情感じます(^^) ちなみに原作本はこちら↓そして記事も書いてます。 プリンセス・トヨトミ (文春文庫)(2011/04/08)万城目 学商品詳細...... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (花ごよみ)
大阪には豊臣秀吉の子孫がいた!! 原作は万城目学の同名小説。 かなり前に読んでいて 記憶はうすれています。 監督は 鈴木雅之。 国の会計検査院に所属する3人の調査員。 松平(堤真一)鳥居(綾瀬はるか) 旭ゲンズブール(岡田将生)。 大阪に訪れた彼らは 財団...... [続きを読む]

» 映画:「プリンセス・トヨトミ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)       沢木ルカ (橋場茶子)・森永悠希 (真田大輔…... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ(2011-035) (単館系)
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (だらだら無気力ブログ)
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地で 脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を目の当たりに…... [続きを読む]

» 「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命 (オールマイティにコメンテート)
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ... [続きを読む]

» 映画「プリンセス トヨトミ」荒唐無稽でもワクワクするものが無い (soramove)
「プリンセス トヨトミ」★★★ 堤真一、綾瀬はるか、岡田将生 中井貴一、沢木ルカ出演 鈴木雅之監督、 119分 、2011年5月28日, 2011,日本,東宝 (原作:原題:プリンセス トヨトミ/万城目学)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「会計検査院の精鋭3人が、 大阪の公共機関の予算の調査をするが “鬼の松平”と異名を取る松平(堤真一)は 財団法人“OJO(大阪城趾整備... [続きを読む]

» 大阪国国民、蜂起せよ〜『プリンセス・トヨトミ』 (真紅のthinkingdays)
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...... [続きを読む]

» 『プリンセス トヨトミ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...... [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (映画的・絵画的・音楽的)
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるも...... [続きを読む]

» プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本...... [続きを読む]

» プリンセス・トヨトミ (充実した毎日を送るための独り言)
・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助金をめぐる攻防・ 親子とのつながりを描いたヒューマニ...... [続きを読む]

» 詰めが甘い。【映画】プリンセス トヨトミ (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】プリンセス トヨトミ 人気作家・万城目学の直木賞候補にもなった小説を映画化。 【あらすじ】 会計検査院の調査官である松平元(堤真一)、鳥居忠子(綾瀬はるか)、旭ゲーンズブール(岡田将生)の3人が、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にやってきた... [続きを読む]

» 映画:プリンセス トヨトミ (よしなしごと)
 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。 [続きを読む]

» プリンセス トヨトミ (食はすべての源なり。)
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつぼみ? ...... [続きを読む]

» 『プリンセストヨトミ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
この作品を”和製『ダ・ヴィンチ・コード』”などと紹介していたのはどこの誰だ? ちょっと期待しちゃったじゃないか・・・。 東京から大阪へ3人の会計検査院調査官がやってきた。彼らは実地調査を進めるうちに、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に不審な点を発見する。のらりくらりと追及をかわす姿に、大阪中が口裏を合わせているのでは?との疑問が生じてくる。 そんな彼らの前に姿を見せた一人の男は、自らを「大阪国総理大臣」だと名乗る。「OJO」は長い間、あるものを護り続けてきたのだと――。 この大... [続きを読む]

コメント

私は御堂会館での試写会だったので、大阪城での試写会が羨ましかったりもしたんですけど…寒いのいやですねbearing

原作は読んでないんですが、やっぱり映画にして「あらら…」ってなっちゃったのかな(笑)

綾瀬はるかさんの走るシーンに関しては大阪国の地理のわかる人間としてはある意味かなり楽しめましたhappy02

sakiyoさま
コメントありがとうございます!
野外は、最初楽しかったのに、後半は→shockな感じです。
予想できない私がダメなんですけどね。。。。
走るシーン、なるほどですねー。
目から鱗です。
そう言われるとそうか!と納得。
私みたいに鈍い人用に解説が欲しいです~

コメントとTB、ありがとうございました。

原作を読んでいる方と大阪を知っている方が観ると、
結構ツッコミどころ満載のようですね。
私は未読で大阪には行ったことがないので、楽しんでいました。

はじめまして!TBありがとうです。
大阪城をバックに映画鑑賞。
やっぱちょっと羨ましいです♪
寒いのは私も苦手ですけど。
私は関東人ですが・大阪の人情の熱さは父と子の絆だけじゃ物足りない。おばちゃん不在は残念だった気もしました(ほんとか:笑)

BROOK様
コメントありがとうございます!
まっさらな状態で見たら、コレはコレで楽しめる映画ですよねー。
BROOKさんのような見方が丁度良いと思います。
最近、原作を読んでから映画を見るとどうしても比較から入ってしまうので、あんまりよくないなーと思っています。

くろねこさま
コメントありがとうございます!
私も初体験で楽しかったんですけどねー。
もうちょっと暖かい時期だったらもっと良かったのにって感じですね。
確かに、おばちゃん足りませんでしたねsmile
でも、ホテルのエレベーターで遭遇したおばちゃん、めっちゃ強烈でした。
ホテルにいるなら、大阪以外の人だと思うんですけどねー。(と、またツッコんでしまいました)

コメントを投稿