フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« ビュッフェランチ (町家べーね@長堀橋) | メイン | 或る日のランチセット (こと平 谷町二丁目出張所@谷町四丁目) »

2011年7月 2日 (土)

麗しのサブリナ

Sabrina

午前十時の映画祭でみました。

オードリーが出ていることと、
ココからサブリナパンツが流行ったことしかしりませんでした。

お話は、大金持ちの車担当だった父親と一緒に
住み込みでオードリーが住んでいて、
2人兄弟の弟が好きで、あの手この手で
なんとかしたいけど・・・・みたいなお話です。

出てくる兄弟が、私的にはもうおっさんで、
イヤイヤイヤイヤオードリーさんならもっとイイ人、
出てくるでしょ?と思ってしまいました。

使用人の娘ながら、パリにお料理を習いに行く。
というのも驚きでした。
お給料いいのかしらねー。

パリから帰ってきたオードリーの
あまりの変貌振りにびっくりという設定ですが、
全然顔、変わってないじゃん!
すぐ分るじゃん!
と一人でツッコミ。

そのおかげでモテ期が到来して
思ったとおりになったので、結果オーライですね。

最後は、文字にすると、男は顔じゃないよ。中身だよ。風なオチですが、
私は、無理でしょー。と思ってしまいました。
お金持ちだったらどっちでも良かったの?

パリにもステキな人一杯いると思うンだけどなー。

私が印象的だったのは、パリのお料理学校で一緒になったおじ様に、
とりあえず髪型から、マネするのやめたら?といわれた所です。
ポニーテールダメか!みたいな。
言い方がお洒落です。(113分/モノクロ)


※参考:Wikipedia (1954年日本公開)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/26638486

麗しのサブリナを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿