フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

空飛ぶペンギン

Mr. Popper's Penguins

飛行機で見ました。

【私の感覚あらすじ】
ペンギンで家族を取り戻そうとするお話です。

【鑑賞後】
なんだろう。
この残念感。
ジム・キャリーさんの映画は最近アタリが多いなー。
と思っていたのですが、今回は外した感が否めません。
お父さんの遺産として6匹のペンギンを譲られるのですが、
そこが有り得ない。
マンションで飼えるわけないし。
夏はどうするつもりだったんだ。
そのペンギンを使って、別れた奥さんとヨリを戻そうとするのですが、
そのドタバタぶりがコメディなんでしょうけど、
あんまり笑えない。
子供たちはかわいいんですけどねー。
大人になったペンギンの刷り込みも違うと思うし。
違和感が満載の映画です。
どうなるんだろう。
とオチを期待してみていたのですが、
普通に故郷に戻してやるという普通のオチでした。(※反転文字)
なんだよー。
もっとひねりを期待してしまいました。
彼は仕事ができる設定でしたが、
彼というより、彼の秘書がよくやってるなー。
と思ってみていました。
ここまで無茶ブリされたら普通はやめたくなりそうですけど、
頑張ってしまう彼女がエライと思います。
むしろ、彼女と付き合ったらよかったのになー。
めでたし風ですが、B級映画ですね。[吹替版](95分)

http://video.foxjapan.com/release/penguin/ (劇場未公開/'12年8月3日発売)

つやのよる (井上荒野)

つやのよる

映画化されたので題名だけ知っていました。

本屋さんで目が合ったので買ってみました。

艶さんという女性に関係した男性たちに
旦那さんがそろそろ死にそう。
と連絡を取ると周りの女子たちがなぜか動き出す。
みたいな感じのお話です。

えー。
単刀直入に言うと。
私には全く合いませんでした。
淡々すぎます。
盛り上がりもなければ、盛り下がりもない。
ただひたすら、
こんなことがあった。
あんなことがあった。
艶という名前がやたら印象に残る。
こうした。
終わり。
の繰り返し。
そして、艶の旦那さんも、主体性がなく
ただ流されるがまま、妻と子を捨て、
艶の後を追いかける。
という惰性の塊みたいな表現で、
阿部ちゃんが?コレ?
と全く一つもときめかない。
艶さんの人物像も全くわからない。
彼女はなぜこんなに波乱に満ちた人生だったのか。
なぜこの島に来たのか。
思考が一切描かれません。
抽象人物です。
しかし、みなさん印象に残るのです。
おかしいなー。
我慢して読み進めると、アレ?これで終わり?
とあっさり終焉。
その後、誰かどうなったとかないんか!
と思わず読み終わってから呟いてしまいました。
オススメできません。
いつか、オッ!?とかウソー!とか出てくるかと思ったけど、
ないわ。
なぜこれを映画化したかったかすら疑問です。
私の印象的には、
行彦さん、最低。

艶の元旦那さん、真珠。
しかありません。
なんだったんだー gawk (新潮文庫)

2star

2013年4月29日 (月)

カルテット! 人生のオペラハウス

カルテット! 人生のオペラハウス

飛行機で見ました。

【私の感覚あらすじ】
老人ホームで再会したオペラ歌手たちがホーム存続のために頑張っちゃうお話です。

【鑑賞後】
豪華な老人ホームで悠々自適に暮らす老人たち。
しかもみなさん音楽を嗜むってどんな老人ホームなんだ。
老人ホームも日本とは全然違う感じで、
優雅なステキな空間でした。
お金持ち専用なのかなー。
お話は結構ベタだと思います。
若いころすれ違った男女が老人ホームで再会し、
いがみ合ったり、周りに宥められてたりして、
仲直りしてオペラを歌う。
という感じです。
しかし、この4人で、さぁ、歌おうか。
というところで終わる。
歌わないんか!
と心の中でつっこんでしまいます。
なんだかそこが残念。
老人とはいっても全然元気で、
こんな老人になりたいなー。
と思ってしまいます。[吹替版](99分)

http://quartet.gaga.ne.jp/ (4月19日公開)

ヒッチコック

Hitchcock 飛行機で見ました。

【私の感覚あらすじ】
崖っぷちのヒッチコックさんが四苦八苦して映画を作るお話です。

【鑑賞後】
今回は、「サイコ」という映画を制作する裏側を見ている感じです。
実話なんでしょうかねー。
「サイコ」という映画のお話は実際の映画らしいですが。
あまりの過激さに配給を拒否する映画会社。
それでもこれ以外は撮りたくないヒッチコックさん。
ヒッチコックというネームバリューのおかげで、
結構有名な俳優さんが集まってくれます。
あんまりいいお話じゃないのに。
そして、
自腹を切って撮影したのに、
大幅に予算も撮影期間もオーバーして、
完成したものは不評。
というもう終わっちゃったような悲しい感じです。
でも、奥様がスゴイです。
敏腕です。
最初は、こんなんイヤだわーと冷ややか目線で、
むしろ私、自分で新しい映画やっちゃおうかしら。
とお友達だったナイスミドルにフラフラしそうになりながら、
あまーいお話の演出を考えていたのですが、
最後の方は、目が覚めて変人ヒッチコックを
立ち直らせたり、彼の代わりを努めたり、
なんとか「サイコ」という映画の成功に結びつけます。
最後の方の「サイコ」の記者会見のセリフで、
奥さんが「あなたの映画~」と言うと、
ヒッチコックさんが「僕たちの、だよ」と言うところで、
彼女も救われた感があります。
それにしても、ヒッチコックさん、奥さんがスキすぎて、
ものすごいストーカーです。
イヤ、女子がスキすぎて覗き見系かな?
どっちにしても、ヒッチコックさんのやっていることを
奥さんとか見たらドン引きでしょうねー。[吹替版](99分)

http://www.foxmovies.jp/hitchcock/ (4月5日公開)

リトル・ミス・サンシャイン

Little Miss Sunshine

飛行機で見ました。

【私の感覚あらすじ】
一家で娘のためにミスコンの現場へ向かう珍騒動です。

【鑑賞後】
登場人物の誰もがちょっと違う感じです。
お母さんの弟は、自殺未遂をして、
おうちに引き取られます。
そんな叔父さんに娘はグイグイつっこんで
理由を聞いてしまいます。
さすがだ。confident
娘は、お腹ポッコリでミスコンの器ではありません。
でもあるエリアで2位になり、1位の子が辞退した為に、
急遽本選に出場することが決まります。
そのテンションの上がり具合もカワイイ。
素直になんでも聞いちゃうところとか、
おじいちゃんの言うこと聞いちゃうところとかも。
お父さんは、勝者主義で、
勝たなければ意味がない。
と思っています。
娘は、そのおかげで、
負け犬になりたくない。
と泣きます。
おじいちゃんが、
「負け犬って、戦う前に逃げるヤツのことだ。
お前は負け犬なんかじゃない」
と励まします。
いい言葉だ。catface
そのおじいちゃんもアクシデントに見舞われます。
そこから、一家一丸となり、さらに絆が強まります。
楽しそうだなー。
あともうちょっとで到着と言う所で、
兄ちゃんの悲願が達成できなさそうということを知り、
ヘソを曲げてしまいます。
可哀想。
でもなんとか立ち直り、遅刻しながら到着します。
そこからレベルの違いをヒシヒシと感じて、
居心地が悪い感じです。
でも娘は、頑張ります。
えらいなー。
その健気な感じが惹きつけられます。
結果は分かりきっていますが、
楽しそうでした。

めちゃくちゃな一家でしたが、
皆、娘のために願いを叶えてあげようとする思いがステキでした。
なかなか良い映画でした。[吹替版](100分)

http://movies.foxjapan.com/lms/ ('06年12月23日公開)

2013年4月27日 (土)

あいがけ (バビルの塔@谷町四丁目)

バビルの塔

谷4と堺本の間くらいかな?
私の感覚は谷4。
行ってみたいと思いながら中々チャンスがなかったのですが、
今回は行っちゃいました。
お水とピクルスはセルフサービスです。
棚には"美味しんぼ"。
カレーの定義とは何か。
結論が出る前にカレーが出てしまいました。
答えが見つからないまま食べ始めます。confident
美味しければいいんだよ!(自己完結)

バビルの塔

バビルの塔

あいがけ[豆カリー&肉カリー][1パン]・あいめし[白米&スパイスライス](¥900)※1パン=やや辛口
メニューは2種類のみです。
画像のは大盛ですが、私は普通盛りを食べました。
最初は、あーだいじょうぶじゃなーい?と
なめてました。
すっごい食べやすかったのです。
豆カリーには、オクラと焼き豆腐が入っていて、
豆腐が入っていると、
つい、あーカ●ミールね。
と反応してしまいます。
肉カリーは、エビさんだったのですが、
エビエキスがギュギュっと入っていました。
あられがサクサクしてアクセントになります。
添えられているココナツカレー、全然わかりませんでした。
あんまりココナツぽくなかったです。
辛さを一個上げただけなのに、
中盤から、なめてた私に巻き戻りたいくらい、辛い。wobbly
熱くもないのにフーフーしたい。
一匙のカレーを3口に分けて食べる。
という人が辛い物を食べるときにやってしまう作業をすべてやりました。
水飲んだからダメだったのかなー。
美味しいんだけど食べ進まない。
後半は、大丈夫になります。
コレ、普通盛りでも結構な量です。
大盛りにする方は、気を付けてくださいね。
また違うメニューの時に伺ってみたいです。
今度はノーマルで!(7.5)

 ---
バビルの塔
住所:大阪市中央区徳井町2-4-5 エクセル内本町ハイツ1F
電話:090-6234-8264
営業:11:30~15:00(売切次第)
休み:日・祝

2013年4月24日 (水)

鶏と野菜のつけ麺 (JUNK STORY@谷町九丁目)

JUNK STORY

雨の日にラーメン。
お客さん少なめ。

JUNK STORY

JUNK STORY

鶏と野菜のつけ麺[250g]+特製味玉(¥850+100)
今回の目的さんです。
期間限定(4/16~30)です。
ベジポタってなんか懐かしいレベルです。
もう流行ってないのかなあー
最近、どこもやっていないなー。
飲んだ感じは、ビシソワースにバターが効いているなー
という感じです。
思ったよりお芋のモソモソ感はありません。
麺は、半分パスタの小麦粉使ってるって教えていただきました。
そうなんだー。
バカ舌の私には、あんまり区別がつきませんでした。confident
春キャベツと紫玉ねぎが春っぽいですねー。
新しい感じで面白かったです。
来月も何やら出るらしいですよ。
いつも変わり種が繰り出されるので目が離せません。(7.5)

 ---
らーめんstyle JUNK STORY
住所:大阪市中央区高津1-2-11
電話:06-6763-5427
営業:11:00~14:30 / 18:00~23:00
休み:なし

2013年4月23日 (火)

ラストスタンド

Laststand

試写会で見ました。

【私の感覚あらすじ】
年老いたシュワちゃんが田舎で大活躍。
というお話です。

【鑑賞後】
ロサンゼルスの花形麻薬捜査官から
一転田舎の保安官になったシュワちゃん
天性の野生の感で、麻薬王と対決です。
SATもSWATも太刀打ちできず、
次々とコテンパにやられるのに、
なぜか田舎のシュワちゃんは対抗できるという
うまい感じに転がるお話です。
シュワちゃん色がすっごい濃いですが、
面白い。
アクション映画で、銃撃戦からナイフ戦
最後は肉弾戦になる典型的な流れですが
飽きません。
麻薬王、組織的な軍隊、たくさんいたっぽいのに、
最後はどこへ行ってしまったんでしょうかねー。
もっと仲間呼んどいたら良かったのにねー。
そして、意外に頑張る保安官仲間と
街に残ったお年寄り。
次々と町にあるものを活用して対抗するところは
見ごたえがあります。

パッとしない2番煎じの映画かなーと思っていましたが、
良かったです。(128分)

http://laststand.jp/ (4月27日公開)

2013年4月22日 (月)

クラウド アトラス

Cloud_Atlas

映画館で見ました。

【私の感覚あらすじ】
トム・ハンクスの輪廻転生を追った風な映画です。

【鑑賞後】
すっごくお金がかかっていそうです。
・奴隷制度が残る時代の弁護士
・ホモの作曲家
・ダメ男な出版社系老人
・原発の秘密を追う記者
・ネオソウルでウェイトレスをするクローン人間
・山奥で人食い族に怯えながら暮らす男
のそれぞれのエピソードをクルクルクルクル画面展開させながら
進展していきます。
あれ、これ誰だっけ?
これ、いつの時代だっけ?
と段々どれが誰なのかよく分からなくなります。
私は、ネオソウルの所が印象的でした。
アニメと現実の世界がリミックスされたような
不思議な世界観でした。
でも次の時代で、教祖っぽくなっていて、
えー。みたいな。
作曲家の子が、クラウド・アトラス6重奏という曲を作曲していて、
きっと、映画のタイトルにもなるくらいだから、
6つエピソードがあるんだろうなーと映画中に数えていましたが、
5つしかなくて、おかしいなあ。と思いながら、見ていました。
落ち着いて考えるとちゃんと6つあって、やっぱりー。
全員が全員不幸になるわけではなく、救いもあって、
良かったなーと思いました。
所々、え?どうしてそうなったの?と思うことはありますが、
見応えがある映画でした。
長時間座っていたのが気にならないくらいあっという間でした。(172分)

http://wwws.warnerbros.co.jp/cloudatlas/ (3月15日公開)

2013年4月21日 (日)

図書館戦争

Library_wars

試写会で見ました。

監督岡田くん榮倉さんが来られてました。
皆さん、キャアキャア言ってました。
人気者ですねー。coldsweats02

【私の感覚あらすじ】
本の自由がない世界で図書館を守る精鋭と規律を優先する部隊との戦いです。

【鑑賞後】
岡田くん、本当に王子様でした。
ツンデレさんで、肝心な時にはきっちり仕事する。
という女子マンガに出てきそうなキャラです。
しかし。
いくら設定とは言え、
天下のジャニーズが、チビと言われることを容認するとは。
そして、本当に岡田くんの背が小さい。
設定だけじゃなくて事実じゃん。
みたいに思ってしまいます。catface

私は、割と活字中毒なので、
このような世界は大変息苦しい感じがします。
なんでこんなことになったんでしょうねー。
どちらかが正しいとは一概に言えませんが、
日本人同士で戦わなければならないというのは、
あんまりいい気持ちがしません。
戦争なんてやめたらいいのになー。
もしくは、麻酔銃にするとか。
・・・・人間に麻酔銃ってダメなのかな??

私は、個人的に田中圭くんがいい感じだなー。
と思ってみていました。
イケも沢山出てくるところが良いですねー。
一色紗英さんの旦那さんも久しぶりに見ました。

結局、今回の犯人はなんだったのかよくわからないまま終了。
裏で、政府関係者と繋がっていそうでしたが、
警察に逮捕されて終了。
そこがちょっとモヤモヤします。

全体的に、アクション映画で、そこに笑いや恋愛を絡めた、
色々な要素を持つ多面的な映画だと思います。
私は、すっごい音楽が耳に残りました。
何回も流れたからかなー。(128分)

http://www.toshokan-sensou-movie.com/ (4月27日公開)