フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~ (三上延) | メイン | 町屋ホテル (サンクプチシャンブル@三条/京都) »

2013年9月14日 (土)

ウルヴァリン:SAMURAI

Wolverine2

映画館で見ました。

【私の感覚あらすじ】
ヒューさんが日本で大暴れ。みたいな感じです。

【鑑賞後】
コレは、日本人が見たら、
ツッコミどころ満載の日本でしたね。
拳銃持ってウロウロしてるし。
新幹線に飛び乗れちゃうし。
新幹線、すぐ穴空いちゃうし。
現代の日本には考えられない暴れっぷりです。
なんじゃこりゃ日本が垣間見れます。

ヒューさんは、不老不死設定なんですけど、
年取らないんですかねー。
すっごい昔からいる風です。
それに目をつけた、昔の恩人。
恩を仇で返すが体現されている映画だと思います。

ヒロインのタオさんは清潔感がある美人さんですけど、
出番が多い赤毛女子の方が、インパクトでかいです。
真田さんはそれほど出番が多くないのに、結構押しです。
きっと47RONINが控えているからに違いありません。
忍者の子は、私的にはなんで今さら忍者登場?と
変な感じでしたが、終わった後に、後ろの方が、
「外人ってどんだけ忍者好きなんだよー」とお話していて納得。
外人の考える日本にはまだ忍者、ご存命なんですね。
後、敵の女医さんが一番美人さんで外人受けしそうなのに、
ヒューさん、全然ときめきません。
おかしいなあー。
結構強くて良さ気だったのになー。
派手なアクションあり。
パンピーに助けられる場面有。
と見応えはあります。
金持ちでいい人ってなかなか出てきませんね。

まあ、大体パターン化しているかなーとは思いますが、
最後のエンドロールで、まだ続きそうな匂いで終了。

X-MENでいつまで儲けるつもりだ!?[3D/字幕版](125分)

http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai/ (9月13日公開)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/31820711

ウルヴァリン:SAMURAIを参照しているブログ:

» ウルヴァリン:SAMURAI (象のロケット)
ウルヴァリンは、かつて命を救った旧友との再会を果たすため、ミステリアスな異国の地・日本を訪れる。 マリコという日本人女性と恋に落ちた彼を待ち受けていたのは過酷な運命だった。 心身共に極限まで疲弊し、初めて“限りある命”を意識するのだが…。 近未来SFアクション。... [続きを読む]

» ウルヴァリン:SAMURAI : あれ?福山駅だ!! (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、「許されざる者」と本日紹介する本作の2本を観ました。正直言って、「許されざる者」が凄すぎたので、本作は今一つに感じました。それでも、それなりに面白かったですけ [続きを読む]

» ウルヴァリン:SAMURAI を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言)
本日、一昨日の日曜出勤の代休 最近の洋画って エンドロールになってから 初めてタイトルが出る作品が多 [続きを読む]

» 『ウルヴァリン:SAMURAI』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感...... [続きを読む]

» いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』 (水曜日のシネマ日記)
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。 [続きを読む]

» 「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通 (はらやんの映画徒然草)
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気 [続きを読む]

» 映画「ウルヴァリン:SAMURAI」新幹線での闘いは驚いた! (soramove)
映画「ウルヴァリン:SAMURAI」★★★★ ヒュー・ジャックマン、真田広之 TAO、福島リラ、ファムケ・ヤンセン ウィル・ユン・リー、スヴェトラーナ・コドチェンコワ ハル・ヤマノウチ、ブライアン・ティー、山村憲之介出演 ジェームズ・マンゴールド監督、 125分、2013年9月13日より全国公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:THE WOLVERLINE) 人気ブ... [続きを読む]

» ウルヴァリン:SAMURAI (花ごよみ)
ヒュー・ジャックマン主演で 今回は日本が舞台の、 スピンオフ色のある作品。 監督はジェームズ・マンゴールド。 過去に命を救った大物実業家・矢志田との、 再会を遂げるためウルヴァリンは日本へ。 間もなく矢志田は亡くなり、 ウルヴァリンは矢志田の孫娘、 マリ...... [続きを読む]

» ウルヴァリン:SAMURAI (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
走る新幹線の上で繰り広げられる格闘はすごい。アダマンチウムという隕石から採取された特殊な金属を体内に持っている故に不死の身体を得たのに、それが失われるピンチに自分のオリジナリティーを見直す。日本でロケをしたサービス満点の内容だった。... [続きを読む]

» 『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は? (映画のブログ)
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』 2009年公開  『X-メン』 2000年公開  『...... [続きを読む]

» ウルヴァリン:SAMURAI (いやいやえん)
タイトルを見ただけでハリウッドも困ったもんだという笑いがこみ上げてきてしまう作品なのですが、実際に原作で日本人妻を娶るウルヴァリンの話があるもんだから、なんともいえなくなる。新幹線上で戦うのとか失笑予告を見せられていたので、期待せずに鑑賞。舞台が日本ってだけで好きになれないのが不思議。 実業家の矢志田に請われて日本を訪れるウルヴァリンは彼の孫娘に惹かれる。しかし何者かの罠により治癒能力を奪われ…。 愛するジーンを殺した罪悪感と絶望からウルヴァリンが再生する話になっていますね。ヤクザたちの... [続きを読む]

» ウルヴァリン:SAMURAI (銀幕大帝α)
THE WOLVERINE 2013年 アメリカ 125分 SF/アクション 劇場公開(2013/09/13) 監督: ジェームズ・マンゴールド 製作総指揮: スタン・リー 出演: ヒュー・ジャックマン:ローガン/ウルヴァリン 真田広之:シンゲン TAO:マリコ 福島リラ:ユキオ ハル・ヤ...... [続きを読む]

» 映画『ウルヴァリン:SAMURAI』を観て (kintyres Diary 新館)
13-72.ウルヴァリン:SAMURAI 3D■原題:The Wolverine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:126分■料金:1,300円■観賞日:9月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:ジェームス・マンゴールド◆ヒュー・ジャックマン◆真田広之◆TAO◆福島リラ◆ハル・...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿