フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 開放感のあるカフェ (クラフトマンズカフェ@天満橋) | メイン | 濃厚鶏フルつけ麺 (麺と心7@阿倍野) »

2014年5月10日 (土)

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ (三上延)

三上延

2巻からいきなり5巻に飛んでしまいました。

あー多分こんな感じの事が起こったんでしょうねー。
という語り場面がチラホラ。
なので、恐らく全然読んでいなくても
そういう背景ねー。
となんとなくわかった気分で読み進められます。

今回は、中途半端に終わってしまいました。
続きありきな感じの終わりですねー。
栞子さんの家族は、謎が多すぎて
よく分からない感じでしたが、
少しずつ出てきています。
そして、あの人やこの人が?
という身近な人たちがスパイだったと知り
びっくりしました。
まースパイって言ったら大げさかなーレベルですけど。
相変わらず栞子さんは、
びしばしと登場してくる本から謎を解明していきます。
なので、するすると読めます。
読みやすいというのはいいことですねー。
そして、最初のころに封印したことが
また蘇ってきます。
私はもうそれ終わったんじゃないの?
と思っていたので、まさか復活するとは思いませんでした。
なんとなくですけど、
そろそろこのシリーズ終わりそうですねー。(メディアワークス文庫)

3star

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/32103759

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ (三上延)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿