フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 街の大衆中華 (中華食堂 眞心@扇町) | メイン | だしが命の塩らーめん・他 (だしが命の塩らーめん ぎょぎょぎょ@本町) »

2014年11月21日 (金)

珈琲店タレーランの事件簿2 (岡崎琢磨)

岡崎琢磨

2冊目、読みました。

相変わらずの決め台詞、
「よく挽けました」
は、ドン引きしてしまいますが、coldsweats01
楽しめます。

今回は、色々な人の立場から描かれています。
だから一瞬、この人誰?状態になってしまいます。
そして、家族の色々な謎もちょっと解明します。
まさか妹がいたなんてねー。
ていう所は語ってもいい感じでしょうねー。
彼女の行動が今回の一冊の本にまとまりました。
て言っても過言ではないくらい主役クラスです。

そして、タレーラン、意外にお金持ち。
というのにも驚き。
なんか、道楽っぽかったけど、
まさかまさかそんなに?
な感じです。
ラテの子のその後もちょっぴり気になります。
どうなったのかなー。

最後はやっぱり、あら、そうだったの??
というオチで締めくくられます。
有り得なくはないけれど、
騙された人、多いと思います。
今回もやられた感満載です。(宝島社文庫)

3star

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/31893305

珈琲店タレーランの事件簿2 (岡崎琢磨)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿