フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 全粒粉うどん (青空blue@肥後橋) | メイン | カリーランチ (レオーネ@北新地) »

2015年9月29日 (火)

バクマン。

Bakuman

試写会で見ました。

【私の感覚あらすじ】
高校生コンビが漫画家になって
少年ジャンプの頂点を目指す。
みたいなお話です。

【鑑賞後】
なかなか斬新な映像で面白かったです。

キャラが一人一人濃くてその中で、主人公の二人は、
平凡な感じで逆に浮き彫りにされている気がします。
私は、神木君が眼鏡をかけていると、
どうしても、『桐島、部活やめるってよ』を思い出して、
映画監督にはならないのかー。となぜか続編風にみてしまいました。confident

この二人は、初心者ながトントン拍子に話が進んで、
世の中の苦労されている方にはほろ苦く感じそうだなー。
と思ったり。
君の亡くなったおじさん遺産?でだいぶ恩恵を受けてます。
仕事部屋とか仕事グッズとか。
高校生の財力で、じゃ。やろっか。てイチから揃えたら、
もっとショボグッズになっていると思います。
そして、親、いっこも出てきませんが、良いの??
普通ならとっくの昔に学校からお呼び出しで
とっくの昔に、反対されてる気がするんですけど。
高校に通いながら週刊連載描くのはそりゃ厳しい。
でも高3はほとんど寝てた。て授業料だれが払ってると思ってるんじゃ。
と親目線で見ちゃいました。catface

あと、対立キャラで染谷君が出てくるんですけど、
あの子こそ、高校行ってないんじゃない?
高校生漫画家って言われてたけど、通学シーンもなければ、
あの部屋からほとんど出る形跡もないし。
あ。通信?
天才っていうくくりでしたけど、不思議ちゃんでした。
デスノートに出てきそうなキャラだなー。と思いながら見ていました。
あの猫背な感じと言い、Lか。みたいな。

最後は、思ったより普通のエンディングで良かったなー。と思いました。
これで、夢物語風に終わったら、ウソでしょ。てしらけちゃうと思うので。
ヒロイン役の小松奈々ちゃん、肌が真っ白で、時々三白眼っぽくなるのは
うーん。ですが、フワフワのカワイイキャラでした。
そこだけ癒し系だったなー。(120分)

http://bakuman-movie.com/ (10月3日公開)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/346817/33587457

バクマン。を参照しているブログ:

» バクマン。 (象のロケット)
高校生の真城最高(ましろもりたか:あだ名・サイコー)は、絵の才能がありながら将来への夢もなく、流される毎日を送っていた。 ある日サイコーは、秀才のクラスメイト・高木秋人(たかぎあきと:あだ名・シュージン)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。 想い続けていたクラスメイト亜豆美保(アズキ)から励まされ、漫画製作に明け暮れる日々が始まった…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

» バクマン。 (とりあえず、コメントです)
少年ジャンプの大ヒットコミックを佐藤健&神木隆之介主演で映画化した青春エンターテイメントです。 予告編を観て、これは楽しそう!と期待していました。 テンポ良く展開される少年ジャンプ連載への道のりが面白くて、最後までワクワクさせられる作品でした。 ... [続きを読む]

» 「バクマン。」漫画家を目指した先に知った漫画家の過酷な現実と読者の支持なしには続けられないという漫画誌の現実 (オールマイティにコメンテート)
「バクマン。」は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるバクマン。を実写化した作品で、集英社の週刊少年ジャンプに持ち込みした2人の高校生コンビが連載を勝ち取り、ジャンプで ... [続きを読む]

» バクマン。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/10/03公開 日本 119分監督:大根仁出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー Story:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫...... [続きを読む]

» 映画「バクマン。」の感想 (週刊少年ジャンプの感想)
私が入ったときには、お客さん少なくてガラガラでした。人気ないのね 内容も ダメだなぁ なんか違うなぁ の連発 音と映像が微妙にズレてる気もするし、音割れしてるような、 ... [続きを読む]

» バクマン。 (Akira's VOICE)
ワクワクしっぱなしで面白かった!!   [続きを読む]

» 現実は厳しい。『バクマン。』 (水曜日のシネマ日記)
大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を実写化した作品。高校生2人がタッグを組み漫画家への道を目指す物語です。 [続きを読む]

» 『バクマン。』実写映画の3つの魅力 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道」だ。彼らは邪道なマンガを引っ提げて、少年ジャンプの激烈な人気競争に飛び込んでいく。  というのが『バクマン。』のストーリーだが、本来これはおかしなことだ。王道の反対は、邪道ではないからだ。 ...... [続きを読む]

» 映画:「バクマン」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年10月7日(水)。 監  督・脚本:大根仁 原  作:大場つぐみ・小畑健 キャスト: 真城最高:佐藤健・高木秋人:神木隆之介 亜豆美保:小松菜奈・福田真太:桐谷健太 平丸一也:新井浩文・中井巧朗:皆川猿時 新妻エイジ:染谷将太・川口たろう:宮…... [続きを読む]

» バクマン。 (だらだら無気力ブログ!)
コレは実写化成功だな。 [続きを読む]

» バクマン  映画感想 (にきログ)
映画を見てきたので感想です。 原作漫画アニメともに途中まで知っている人間です。 原作はジャンプで所々読んでたんですがコミックスは買っていなかったためうろ覚え なおかつ終盤はほぼ読んでない状態ですね ちなみに漫画は最近ドラマをやったデスノートと同じ原作と作画のコンビです (おじさんの漫画家は原作者がモデルではないかとも言われてますね) あらすじ 優れた画力を持ちながら将来...... [続きを読む]

» 『バクマン。』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「バクマン。」□監督・脚本 大根 仁□原作 大場つぐみ、小畑 健□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、       リリー・フランキー、宮藤官九郎、小松菜奈■鑑賞日 10月4日(日)■劇場  チネチッタ■cy...... [続きを読む]

» 映画「バクマン。」 (FREE TIME)
映画「バクマン。」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» 『BAKUMAN』バクマン。 (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
少年時代(?!)を週刊ジャンプと過ごした身としてはたまらない世界観! どこぞの研究によると http://news.yahoo.co.jp/pickup/6178822 漫画を読む子供は本も読むという結果でたみたいですけど ...... [続きを読む]

» 『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画である事】 原作マンガ未読。 なので、誰が似てて誰が似てないというのは分からない。 マンガを一回でも描いた事がある人は分かると思うが、 マンガ ... [続きを読む]

» バクマン。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ...... [続きを読む]

» 漫画家になろう! (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認めら...... [続きを読む]

» 「バクマン。」 (ここなつ映画レビュー)
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ〜。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があった事をよく覚えている。少年マンガでは私はサンデーやマガジン派だったので、今回の「バクマン。」にあるような「少年ジャンプ」の狂騒的な面についてはあまりよく知らない。もちろん、漫画家(及びその担当編集者)がどれだけの才能があり、どれだけ大変な思いをして世に... [続きを読む]

» バクマン。 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
バクマン。 15:日本 ◆監督:大根仁「まほろ駅前番外地」「モテキ」 ◆主演: 佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太 ◆STORY◆“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”...... [続きを読む]

» バクマン。 (銀幕大帝α)
2015年 日本 120分 青春/ドラマ 劇場公開(2015/10/03) 監督: 大根仁 『モテキ』 原作: 大場つぐみ 小畑健 脚本: 大根仁 音楽: サカナクション 主題歌: サカナクション『新宝島』 出演: 佐藤健:真城最高 神木隆之介:高木秋人 染谷将太:新妻エイジ 桐...... [続きを読む]

» バクマン。 (2015) (のほほん便り)
とにかく、キャスティングが抜群で、テンポよく、青春・成長物語として、とても面白く見ることが出来ました。さすが、大根仁監督作品。ディテールの遊び心が心憎いです。個人的に、唯一、ちょっと気になったのは、ちょっとキレた天才的存在の新妻エイジ役が、染谷将太だったことだけど、彼のことです、なりきれるかな?好評につき、おそら続編が出来るような気がしました。その時は、恋愛パートにも注目       (解説)「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿