フォトアルバム

パーツ

  • リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月17日 (金)

世界から猫が消えたなら

永井聡

映画館で見ました。

【私の感覚あらすじ】
病気になった主人公に毎日1つ何かを消すと命が1日延びる。
と言われちょっとずつ消しちゃったけど実は・・・。みたいなお話です。

【鑑賞後】
ネコ、消えませんでした。

佐藤健君が、後一寸で死んじゃう。と言う時に
どうするのか。
みたいな現実のお話かと思いきや、
まぁその部分もちょっとはあるのですが、
過去を振り返る時間が長い長い。
そんなこと思ってるんなら、遺言書でも書いちゃいなよ。
と思う位ウジウジしてます。
そして、過去の話があんまりよく分かんない。
宮崎あおいちゃんと付き合うエピも普通、ないでしょ。
て感じですけど、
さらにデートの時は無口設定なのに、旅行で南米に二人で行っちゃう。て言う
あなた達お金はどこから?
二人で会ってるとあんまり会話がなくて電話で話すのが楽しいんじゃ無かったの?
何で唐突に別れたの??
トリガーはちょいちょいあるんですけど、
私にはリアルな感じがしなくてポカーンとしちゃいました。
一緒に行った人も、何で唐突にイグアスの滝だったの?て言ってて、
私もよく分からんなー。と思ったり。
イグアスの滝は思ってたより整備されてて行きやすそうだなーと全然関係ないことを
思いながら見てしまいました。

そして、一番可哀想なお父さん。
お母さんには先立たれ、息子もこれからヤバイ。
のに、お母さんが亡くなった時間に合わなかったのがイラっとしてケンカ中。
お父さんのエピが一番泣かせる感じでしたねー。
隣の方は、ちょいちょい泣いてましたけど、え?そこ?という
私にはあんまり分からない場面で泣かれたり。
もう一回見たら違うのかなー。

それにしても毎日何かしら消えるのに、
佐藤健君の思い出が消えちゃった。みたいな感じで終了したのが残念。
もうちょっと世の中どうなっちゃったのかみたかったなー。
電話が無くなった世の中、飛脚が活躍。とかさ。
そもそも生まれてない人とかも出てきちゃうかもですね。
その辺、広げてほしかったなー。

何か思ってたのと違う感じでしたが、
ネコちゃんはかわいかったですよー。(103分)

http://www.sekaneko.com/ (5月14日公開)

2016年6月16日 (木)

麻婆遊戯 (カリケン ミコノス@心斎橋)

カリケン_ミコノス

カリケン_ミコノス

レアですよ。
麻婆なんて、滅多にみません。
でも平日のせいか、客入りは割とゆるい感じです。

カリケン_ミコノス

麻婆遊戯(¥1,000)※6/15限定(特別営業)
カレー的な解釈の麻婆豆腐合いがけコラボ
羊キーマ的麻婆豆腐[コイチカレー]&皮付きポーク甘味噌のせ白麻婆[カリケン ミコノス]

大盛り・普通盛り・小盛が選べます。
オーダーしてすぐドーン。
まずは白い方から。
豆腐の味がしっかりします。
そして山椒。
優しい感じなのに痺れるー。
おもしろいですねー。
そして皮付きポークがめっちゃうまい。
角煮的ポジションで、口の中の辛さや痺れを中和してくれます。
これはいいですねー。
続いて、キーマさん。
こちらは麻婆とい卯より、キーマの具の一部に豆腐入っちゃった。
みたいな感じで、カレー寄りですねー。
パクチーが乗ってるのもステキ。
結構スパイシーで謎のスパイスをガリガリ齧っちゃいました。
いっつも噛んじゃう気がするなー。なんだろ。
そして、ご飯の上にあるシナチクっぽいヤツ。
良い感じにポリポリしてとまりません。
あっという間に平らげてしまいました。
お代わり自由のジャスミンティーもゴクゴク飲んじゃいます。
どちらも美味しかったけれど、私は白い方がスキかなー。
皮付きポークがスキなだけかも。
面白かったのでまたやってくれないかなー。(7.5)

 ---
カリケン ミコノス[カリー研究所ミコノス] [Twitter
住所:大阪市中央区東心斎橋1-13-23 大阪屋イルストリート1F [ミコノス]
電話:06-6227-8856
営業:12:00~15:00
休み:日曜以外(※鉄板バル「ミコノス」で日曜の昼のみ営業)

コイチカレー [Twitter

2016年6月 4日 (土)

イマドキなカフェ (サイドディッシュ アパートメント@なんばパークス)

Side_DISH_APARTMENT

前、ナナズグリーンカフェだったんですけどね。
スタイリッシュなカフェに変わってました。
お客さん、結構入ってます。

Side_DISH_APARTMENT

スムージーベリー&ベリー(¥800)
コレ、オシャレな人が良く飲むヤツでしょ?
ベリー強調されてますが、バナナも入ってる感じのもったり感。
味は間違いないので、一気飲みしちゃいます。
ただ、上に乗ってるブルーベリーは、ストローの太さ以上なので、
全然吸えず。
スプーンでレスキューしました。
もう飲んだだけで健康になった気になっちゃいます。

Side_DISH_APARTMENT

苺のティラミスパフェ(¥800)
どの辺がティラミスなのかよく分かりませんが、
私の中でパフェブームが続いているのでオーダー。
上に乗ってる果物。
普通は、冷凍でイヤだなー。と思うのですが、
こちらは、生。
エライ。
皆さんこうだったらいいのになー。
生クリームとアイス下にはイチゴのトロトロしたのと、
カステラ。
お値段の割に小さ目だけど満足できました。
もうそろそろイチゴも終わりかな。

空間が広くて、まったりできるので、お客さんが多いのも納得です。
店員さんは、大変そうで洗われていない食器が大量にカウンターに乗っていました。
きっと、洗う前に新しいお客さんが来ちゃうんでしょうね。
なんばパークス、いつの間にかいろんなお店が入れ替わっていて、
飽きませんね。
マザー牧場がいなくなったのはすっごい残念ですけど。(7)

 ---
Side DISH APARTMENT ('15年3月20日open)
住所:大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス5F
電話:06-6537-7301
営業:11:00~21:00(L.O.20:00)
休み:なし
http://www.localplace.jp/t100076630/

2016年6月 3日 (金)

蕎麦ランチ(縁@天満橋)

縁

天満橋と谷四の間にあるお店です。
黒塗りで、しぶーい感じ。
中に入ると結構狭いですけど、2Fへ案内されると広々。
奥にゆったりソファー席があったので、図々しく着席。

縁

縁

甘味付きランチセット(¥1,100)
ちょいちょい美味しいものを食べられるっていいですよねー。
という訳でこちらをチョイス。
まずは、薬味が登場。
ワサビは自分ですり下ろします。
そ●坊みたいですねー。
持ち帰りは出来ませんけど。
そうしているうちにお蕎麦が登場。
板蕎麦っぽい感じです。
結構シャキシャキしてコシがある麺でした。
次にワンプレートで、お稲荷さんと天麩羅が登場。
天麩羅はお野菜オンリーで、お塩で頂きます。
久しぶりに天麩羅を食べたので、美味しかったー。
サクサクいただきます。
具は、ごぼう・なす・いんげん・かぼちゃ・あとなんだったかな??
五個くらいありました。
お稲荷さんはお好みでわさびをつけて、、、って普通に練りワサビが鎮座。
え?
こちらはすりおろしじゃなくていいの?
わさびがかぶって変な感じでした。
お稲荷さんの中身も違っていて、普通のゴマっぽいのと紫蘇味と2種類。
どっちも美味しかったです。

縁

ふぅ食べた食べた。
と思っているところに、甘味登場。
一緒に蕎麦湯も登場。
合わない気がするけど、気にしません。
甘味は、粒あんかきなこの二択。
粒あんにしてみました。
なんか箱庭?みたいなビジュアルです。
スプーンを入れてみると、下にお餅があって、
一緒に食べるとあんこもちになるのです。
おもしろいですねー。

ソファー席だから居心地が良くて、ついダラダラしちゃいました。
親子丼とかも美味しそうで気になります。
夜とかも楽しそうですねー。(7.5)

 ---
和食 蕎麦切り (’13年9月4日open)
住所:大阪市中央区谷町2-8-6
電話:06-6949-2500
営業:11:30~15:00(L.O.14:00) / 18:00~23:00(L.O.22:00)
休み:日
http://www.enishi-sobagiri.jp/